〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

【仮想通貨】NEM(ネム)財団が破産!?今後一体どうなるのか!?情報についてまとめてみた

NEM(ネム)財団 破産 暗号資産

今回は、NEM(ネム)財団が破産!?今後一体どうなるのか!?情報についてまとめてみました。

NEM(ネム)財団がピンチ!?

 

NEM(ネム)財団 破産

NEM(ネム)財団がピンチな状態です。

なんとNEM(ネム)財団が破産するのではないかという情報が入りました。

今回はこの情報についてご紹介したいと思います。

NEM(ネム)財団が破産!?

NEM(ネム)財団 破産

NEM(ネム)財団が破産する可能性があるようです。

しかし今回の記事は旧NEM(ネム)財団と前代表のプロジェクトであり、

NEM(ネム)開発者コミュニティを批判している訳ではないのです。

つまりNEM財団と開発者コミュニティは違うものなので理解してください。

しかし危機的状況であるのは変わらないですね。

以下は本文の引用文です。

NEM財団は、NEMブロックチェーンを推進するために

設立されたコミュニティ出資の非営利団体であり、

厳しい予算削減と差し迫ったリストラを前にして、

150人のスタッフ全員にわたるレイオフを計画しているとCoinDeskは学びました。

新たに選出されたNEM財団の会長Alex Tinsmanは、

水曜日にシンガポールを拠点とするNEM財団がNEMコミュニティ基金に

1億6000万トークン(約750万ドル相当)の資金要求を提出する予定であると語った。

破産の危機から組織を救い出す。

NEMトークンはによると、

90億の循環供給にXEMティッカーの下に表示されCoinMarketCap。

プレス時には、XEMは時価総額で世界で18番目に大きい暗号通貨です。

1月に非営利団体を引き継いだTinsman氏は、インタビューの中で、

「基本的に、前回のガバナンス評議会の管理ミスにより、運営に1か月かかることに気付いた」

と述べた。

その結果、財団の202人の会員 – 身分証明を受けて年間50ドルの会費を支払う人 – が、

木曜日に発表された後、2月の資金要求に投票するよう求められます。

レイオフの数は、コミュニティがどれだけの資金を承認したかによって決定される、

とTinsmanは述べた。

NEMのXEMトークンは、元財団長のLon Wongの指導の下、2015年に発売されました。

暗号通貨は、主にNEMブロックチェーンのトランザクションおよびサービス料に使用されます。

Catapultと呼ばれるプラットフォームのネイティブエンジンソフトウェアの完全な発売は

2019年6月に予定されています。

その間、NEMパイロットプロジェクトはしばしば投票などのユースケースに焦点を当てています。

実際、Tinsman自身は、NEMのプラットフォームを使用したプロセスで選出されました。

Tinsmanは、財団は2017年12月から2019年1月までの間に、

主にマーケティングに8000万XEMを費やしたと述べた。

(ウォンは財団の支出についてのコメントの要請には応じなかった。)

「まだ出ていない製品[Catapult]を販売するのは意味がないので、マーケティング活動を減らしました」とTinsmanは言いました。

NEMの長年のユーザー、離職した指導者と直接仕事をして匿名を希望する開発者によると、

WongはEcobitやProximaXのような「大ざっぱな」

初期コイン製品を宣伝するために財団での視認性を悪用しました。

ProximaXトークンの売却は2018年に3300万ドル以上を調達したと伝えられており、

同社のウェブサイトはCEOとしてWongを挙げています。

匿名の開発者は、「コミュニティはこれが信頼の侵害であると感じた」と述べ、

自分自身のような開発者が実際にブロックチェーンを使用することを

奨励するためにやらなければならない作業がまだたくさんあると付け加えました。

「このプラットフォームに取り組んでいる人はそれほど多くはありません。

たとえそれが簡単であっても、あなたが日本に行かない限り、

コミュニティは本当にそこにはありません」と、開発者は言いました。

「このプラットフォームには、開発者のさらなる注目が必要です。」

148人の登録メンバーが非営利団体を率いることを彼女に選んだ前に、

財団の元コミュニケーション担当エグゼクティブであったTinsmanは、

2019年のためのもっと規律のあるロードマップに着手しています。

彼女は、チームには特定の予算が与えられ、

NEMエコシステムのためのツールを作る彼らの進歩のより

オープンソースのドキュメンテーションを実行することを要求されると言いました。

「コミュニティはまた、これらの[資金提供の要求]と、

どの要求を先に進めるべきかについても投票する予定です」と彼女は述べました。

Tinsmanはさらに、非営利団体によるコミュニティ補助金への依存を減らすために、

2019年に企業研修やアフィリエイトマーケティングを含む

財団の活動を収益化することを計画しています。

同氏は、リストラを「前向きな一歩」として説明し、次のように付け加えた。

https://www.coindesk.com/nem-foundation-layoffs-xem-crypto

とりあえずほぼ活動していないNEM(ネム)財団の血の入れ替えなのですかね?

読んだ感じ破産というよりは体制を変えるというようなイメージじゃないですかね?

私の解釈がまちがっていなければですけど。

リストラなどで大幅な組織改革を検討しているということですよね。

NEM.io財団の代表は倒産危機に対して反論!!

NEM(ネム)財団 破産

NEM.io財団の代表アレックス・ティンズマン氏は、

一部メディアで「倒産危機」と報道されたことに対して反論しています。

「クリックベイト(ユーザーの興味を引いてクリックさせる手法)」だと批判した。

財団は「破産」ではなく、「重要な(そして期限をとっくに迎えている)組織再編」だと主張。

再編に向けた提案についてはすぐにシェアをすると呼びかけています。

https://jp.cointelegraph.com/news/nem-reorganizes-non-profit-foundation-amid-token-price-and-funding-woes

NEM(ネム)財団が破産の影響で価格が暴落

NEM(ネム)財団 破産

NEM(ネム)財団が破産の情報の影響で価格が暴落しています。

現在日本円で約4円ほどとなっていますね。

ちなみに一年で-94.9%の暴落をしています。なんとも変動が仮想通貨っぽいですよね。

NEM(ネム)財団 破産

完全に右肩下がりのグラフをしています。

https://www.coingecko.com/ja/%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88/%E3%83%8D%E3%83%A0/jpy

NEM(ネム)財団が破産に対してSNSの反応は?

CoinPostがNEM(ネム)財団の破産の記事を訂正!?

NEM(ネム)財団 破産

CoinPostがNEM(ネム)財団の破産の記事を訂正とお詫びをしたようです。

以下がそのツイートになります。

情報が行ったり来たりしていますね。

まとめ

どちらにせよNEM(ネム)も今一つ問題にぶち当たっているような感じですね。

ただやはり組織がうまくいっていないのは紛れもない事実なので

しっかりと良い方向につながっていってほしいですね。

日本でもNEM(ネム)のホルダーは多くいるので頑張って欲しいです!!

タイトルとURLをコピーしました