FX-EA System Project
FX-EA System Project

【面白い】匿名性の高さなら群を抜いている仮想通貨「Monero(モネロ)」についてまとめてみた

monero 仮想通貨 仮想通貨

どうも、今回はコインチェックでもお馴染みのMonero(モネロ)についてまとめていきたいと思います。

正直、アルトコインどんだけあるんだよって感じなので、中にはビットコインやイーサリアムは聞いたことあるけど、

他の仮想通貨はよくわからないという人が大半だと思うので、まとめていきます。

Monero(モネロ)とは

Monero(モネロ)とは、エスペラント語(どこの公用語だよって思いますが)で

「コイン」「硬貨」という意味を持つ仮想通貨です。

このMonero(モネロ)は、Bitcoinのソースコードを使用しておらず、

CryptoNoteプロトコルに基づくオープンソースのProof of Workを使用しています。

CryptoNightは匿名性に特化しており、Bitcoinよりも匿名性が高いです。

ちなみに、Monero(モネロ)は、CryptoNightを採用している

「Bytecoin」というコインのソースコードを元にしています。

Monero(モネロ)の特徴

Monero(モネロ)の特徴は主に2つです。

CryptoNightの採用

先ほども話しましたが、Monero(モネロ)は、CryptoNightを導入しており、

CryptoNightは、「匿名性」に特化したアルゴリズムで、リング署名を実装しています。

リング署名というのは、グループの一員なら誰でも署名が可能で、

検証者に対して匿名性が保証できるデジタル署名の一種です。

リング署名で署名されたメッセージは、特定のグループの他のユーザーによって承認されますが、

署名者同士を区別することはできません。

極めて匿名性が高いです。

ワンタイムアドレスの採用

Monero(モネロ)のアドレスは「閲覧用」と「送金用」の二つの秘密鍵から生成されています。

つまり、秘密鍵が非常に長いという特徴があります。

アドレスはマスターキーのような役割を果たし、

送金を行うたびにマスターキーがランダムなワンタイムアドレスを生成します。

最近でいうところの二段認証とかですね。

送金の際はワンタイムアドレス宛にコインを送信するため、

第三者がマスターキーとなるアドレスを見ても、取引履歴を確認することができません。

「閲覧用」の秘密鍵を公開して始めて、取引履歴のみを外部に公開することができます。

ここら辺は、少しITなどの通信技術を知らない方はなんぞや?って思うと思うのですが、ざっくりと理解してください。

Monero(モネロ)は守秘性の高さが魅力

Monero(モネロ)はその守秘性が高い仮想通貨です。

あまりの守秘性の高さに、アングラで活動している闇市場などでも、

犯罪者の不正取引やプライバシーをも守ってしまう可能性があります。

ですが、今あなたが商品を購入する時にお金の履歴って残りませんよね?

本来であれば、守秘性や匿名性が高いほうが通貨として派生しやすいと思うのですが、

この守秘性を裏にとって悪いことをする連中もいるので非常に難しい部分であります。

まとめ

非常に面白い通貨だとは個人的に思います。

がしかし、守秘性や匿名性が高いゆえに、犯罪まで使われてしまうと、イメージが悪いので

その部分をMonero(モネロ)はどう克服するかという点が重要になってくるかなと思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE