FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Microsoft(マイクロソフト)がIDシステムを分散型で実現するためにビットコイン等のチェーンを採用する!?情報についてまとめてみた

Microsoft(マイクロソフト)IDシステム 分散型 ビットコイン ブロックチェーン 採用 仮想通貨

Microsoft(マイクロソフト)がIDシステムを分散型で実現するためにビットコイン等のチェーンを採用する!?情報についてまとめてみました。

Microsoft(マイクロソフト)とは

Microsoft(マイクロソフト)とは世界最大のソフトウェア会社です。

1975年4月4日にビル・ゲイツとポール・アレンらによって設立された会社です。

Microsoft(マイクロソフト)がIDシステムを分散型で実現するためにビットコイン等のチェーンを採用する!?

Microsoft(マイクロソフト)がIDシステムを分散型で実現するためにビットコイン等のチェーンを採用するという情報が入りました。

以下は本文を翻訳した内容です。

マイクロソフトでは、分散型IDシステムで使用するBitcoinやEthereumなどのパブリックブロックチェーンの採用を発表しました。

当初、長年の技術者は、マイクロソフトオーセンティケーターアプリケーションを通じて、ブロックチェーンベースの分散ID(DID)をサポートします。

今日の世界で使用されている身分証明書とは異なり、地方分権化された身分証明システムは、政府機関や大企業のような一元化された単一の機関によって管理されていません。

アイデンティティは、分権化されたアイデンティティ・システムが検閲の可能性を取り除き、アイデンティティと評判を個別に完全に制御できるということです。

さまざまなタイプの分散アイデンティティシステムを検討した後、マイクロソフトはプライバシー、自己所有権、および無許可アクセスを可能にする能力により、

パブリックブロックチェーンに目を向けました。

「分散ストレージシステム、コンセンサスプロトコル、ブロックチェーン、さまざまな新興標準を検証した結果、

ブロックチェーン技術とプロトコルは分散IDを有効にするのに適していると考えています。

アイデンティティは、支払いや通貨とは関係のないブロックチェーン技術の長い間宣伝されたユースケースの1つです。

今日の記事では、マイクロソフトはDIDに適した3つのプラットフォームとしてBitcoin、Ethereum、Litecoinを指摘しています。

Blockstack IDとuPortが最もよく知られている例の2つであり、アイデンティティに関連するブロックチェーンプロジェクトが何十年も勃発しています。

マイクロソフトは、W3Cワーキンググループの概要に従った DIDメソッドの実装を計画しています。

しかし、この技術巨人は、現時点で特定のDID方式の統合を公開していない。

https://www.forbes.com/sites/ktorpey/2018/02/12/microsoft-to-embrace-decentralized-identity-systems-built-on-bitcoin-and-other-blockchains/#647dbdc65ada

まとめ

Microsoft(マイクロソフト)がブロックチェーン採用ですか。

これは非常に大きいニュースだと思います。

そして、Bitcoin、Ethereum、Litecoinの名前が上がっているので、この3つの銘柄は期待できそうですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE