FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】今すぐ買うべき!?5月の注目のオススメICO銘柄についてまとめてみた

5月 オススメ ICO 銘柄 仮想通貨 仮想通貨

今回は、今すぐ買うべき!?5月の注目のオススメICO銘柄についてまとめてみました。

5月の注目のオススメICO銘柄:Quarkchain(QKC)

【ICO】シャーディングを利用した大容量のP2Pトランザクションシステムの仮想通貨「Quarkchain(QKC)」についてまとめてみた
今回は、シャーディングを利用した大容量のP2Pトランザクションシステムの仮想通貨「Quarkchain(QKC)」についてまとめてみました。

Quarkchain(QKC)とは、シャーディングを利用した大容量のP2Pトランザクションシステムの仮想通貨です。

Quarkchain(QKC)は、効果的にデータを分配することによって高いスループットを可能にするシャーディングレイヤーと、

最初のブロックを確認するルートレイヤーの2つのメインレイヤーで構成されます。

Quarkchain(QKC)は、この設計を使用して、

・分散化

・セキュリティ

・スケーラビリティ

などを向上されるブロックチェーンの構築を目指しています。

採用と使いやすさをさらに高めるため、Quarkchain(QKC)は最も一般的に使用される実行エンジンであるため、

スマートコントラクト用のEthereum(イーサリアム)仮想マシンをサポートし統合します。

これによりEVM上に構築されたdAppを、Quarkchain(QKC)プラットフォームに直接リンクできるようになります。

5月の注目のオススメICO銘柄:NuCypher(NKMS)

【ICO】デバイスとアプリケーションの暗号鍵を生成・配布・管理のサービスをする仮想通貨「NuCypher(NKMS)」についてまとめてみた
今回は、デバイスとアプリケーションの暗号鍵を生成・配布・管理のサービスをする仮想通貨「NuCypher(NKMS)」についてまとめてみました。

NuCypher(NKMS)とは、デバイスとアプリケーションの暗号鍵を生成・配布・管理のサービスをする仮想通貨です。

具体的に説明すると、分散キー管理システム(KMS)や暗号化、アクセス制御サービスを提供を行います。

NuCypher(NKMS)サービスは、従来の公開鍵暗号化技術では達成できない方法での復号化を移譲するために

プロキシ再暗号化(PRE)を使用して、迂回コンセンサスネットワークを介して任意の数の参加者間での個人データを共有することができます。

5月の注目のオススメICO銘柄:Nervos(ナルボス)

【ICO】分散アプリケーション用のオープンなブロックチェーンの仮想通貨「Nervos(ナルボス)」についてまとめてみた
今回は、分散アプリケーション用のオープンなブロックチェーンの仮想通貨「Nervos(ナルボス)」についてまとめてみました。

Nervos(ナルボス)とは、分散アプリケーション用のオープンなブロックチェーンの仮想通貨です。

スケーラブルで相互運用可能なプロトコルスイートであり、

分散アプリケーション用のオープンなブロックチェーン「Trustware」プラットフォームです。

Trustwareは、分散された元帳やスマートコントラクトを超えて、

今日の現実世界のアプリケーションの要求を満たすために信頼の一般的な表現をもたらす、新しい分散型コンピューティングのパラダイムです。

Nervos(ナルボス)はスマートコントラクトプラットフォームとは対照的に、

・優れたスケーラビリティ

・相互運用性

・ネットワークのすべての参加者に対するより良い調整されたインセンティブ

のために、統一された状態遷移セマンティクスを備えたより単純なステートマシンであるCommon Knowledge Base(CKB)を使用しています。

5月の注目のオススメICO銘柄:Merculet(MVP)

【ICO】ユーザーの関心を企業の成長に迅速化する究極のソリューションを提供する仮想通貨「Merculet(MVP)」についてまとめてみた
今回は、ユーザーの関心を企業の成長に迅速化する究極のソリューションを提供する仮想通貨「Merculet(MVP)」についてまとめてみました。

Merculet(MVP)とは、ユーザーの関心を企業の成長に迅速化する究極のソリューションを提供する仮想通貨です。

Merculet(MVP)は、アテンションバリューネットワーク、関連するサポートアプリケーション、およびコンポーネントを通じて、

企業のユーザーの採用、保持、エンゲージメントを強化することを目指しています。

注意値ネットワーク:これは2つの主要コンポーネントに分割されています。

ユーザ注意価値(UAV)システムおよび注意喚起インセンティブシステムを含む。

UAVは、事業者または起業家のニーズに関連してユーザーの注意を妥当に評価するためのツールとして役立ちます。

アテンション・インセンティブ・システムにより、

ビジネス側は、ビジネスが満たす基準に基づいて授与されるUAT(User Attention Token)を作成することができます。

Merculet Open Content Platform:ネットワーク上に作成されたコンテンツのハブとして機能し、

さまざまなレベルの貢献(換算)が報酬を受けるMVPになります。

これにより、プラットフォームに積極的に関わっている堅牢なコミュニティが奨励されます。

5月の注目のオススメICO銘柄:Pchain(PCH)

【ICO】世界初のEVMをサポートするネイティブマルチチェーンシステムの仮想通貨「Pchain(PAI)」についてまとめてみた
今回は、世界初のEVMをサポートするネイティブマルチチェーンシステムの仮想通貨「Pchain(PAI)」についてまとめてみました。

 

Pchain(PCH)とは、世界初のEVMをサポートするネイティブマルチチェーンシステムの仮想通貨です。

Pchain(PCH)は大規模なエンタープライズ・アプリケーションのEVMをサポートするために機能する

分散型ブロックチェーン推進システムになります。

この機能を備えた先進的なマルチチェーンプラットフォームとして、Pchain(PCH)は簡単なプロモーション構造の作成を可能にすることで

プロモーションの既存で抱える問題を解決しようとしています。

Pchain(PCH)のコンセプトは、仲介者なしでプロデューサーと消費者に利益をもたらすプロモーションプロセスを分散化させることです。

Pchain(PCH)は、企業が顧客のための持続可能なプロモーションアプリケーションを構築するためのプロモーションを提供することで、

実現しようとしています。

5月の注目のオススメICO銘柄:CertiK (CTK)

【ICO】信頼できるスマートコンタクトとブロックチェーンの生態系を構築するための検証フレームワークの仮想通貨「CertiK (CTK)」についてまとめてみた
今回は、信頼できるスマートコンタクトとブロックチェーンの生態系を構築するための検証フレームワークの仮想通貨「CertiK (CTK)」についてまとめてみました。

CertiK (CTK)とは、信頼できるスマートコンタクトとブロックチェーンの生態系を構築するための検証フレームワークの仮想通貨です。

CertiK (CTK)はバクを検出従来のテスト手法とは異なり、CertiK (CTK)プラットフォームはブロックチェーンエコシステムにバグがないことを

数学的に証明しようとしています。

CertiK (CTK)の財団は他の方法で禁止されている証明タスクを

分散型のスタイルで自動的に解決できる小さなモジュールとして扱える検証技術を開発しています。

これらの証明オブジェクトは、CertiK (CTK)プラットフォームのトランザクションで構築及びエンコードされ他の参加者により検証されます。

CertiK (CTK)のプラットフォームのブロックチェーンは、

・検証されたスマートコントラクト

・分散型アプリケーション(dapps)のライブラリ

・エンドツーエンドの正確さとセキュリティを証明する証明書

という機能を持ちます。

また、CertiK (CTK)のチームは、世界クラスの正式なイェールの教授である検証専門家大学、コロンビア大学、ならびに

Googleの上級ソフトウェアエンジニア、Facebook、FreeWheelなどの非常に技術力に優れたチームで構成されています。

5月の注目のオススメICO銘柄:Skrumble(SKM)

【ICO】新しい安全な通信ベースの中心的なブロックチェーンプラットフォームの仮想通貨「Skrumble(SKM)」についてまとめてみた
今回は、新しい安全な通信ベースの中心的なブロックチェーンプラットフォームの仮想通貨「Skrumble(SKM)」についてまとめてみました。

Skrumble(SKM)とは、新しい安全な通信ベースの中心的なブロックチェーンプラットフォームの仮想通貨です。

Skrumble(SKM)は、世界規模でのコミュニケーションを真に民主化する可能性を秘めており、

これまでになかった新しいアプリケーションの時代を切り開き、先進的かつ比類のない革新と発見に導きます。

それは世界中のどこでも誰とでも安全かつ簡単に接続できる機能を備えています。

Skrumble(SKM)は、ブロックチェーン技術と分散型ネットワークプロトコルを使用して、

従来のファイアウォールを突破し、ユーザーの匿名性、コンテンツとデータのプライバシーを保証する

安全で完全なコミュニケーションエコシステムを構築します。

Skrumble(SKM)は、グループやピアツーピアメッセージ、通話、ビデオ、ファイル転送などの機能を含み、一箇所で処理できます。

5月の注目のオススメICO銘柄:DAOstack(GEN)

【ICO】大規模組織のガバナンスのための分散型エンドツーエンドの技術レイヤー仮想通貨「DAOstack(GEN)」についてまとめてみた
今回は、大規模組織のガバナンスのための分散型エンドツーエンドの技術レイヤー仮想通貨「DAOstack(GEN)」についてまとめてみました。

DAOstack(GEN)とは、大規模組織のガバナンスのための分散型エンドツーエンドの技術レイヤー仮想通貨です。

DAOstack(GEN)とは、DAOの管理に利用できる全てのオペレーティングシステム(OS)です。

DAOstack(GEN)を使用することで、オンライン組織、コラボレーションアプリケーションを作成したり、

インタラクションをカスタマイズが可能になります。

その結果により、純粋な経済成長を超えた共同体が共通の目標と価値観を与え自己組織化できるオープンな新しいネットワークが生まれます。

5月の注目のオススメICO銘柄:Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)

【ICO】分散型セキュリティプロトコルの仮想通貨「Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)」についてまとめてみた
今回は、分散型セキュリティプロトコルの仮想通貨「Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)」についてまとめてみました。

Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)とは、分散型セキュリティプロトコルの仮想通貨になります。

仮想通貨の欠点である、自律性のセキュリティをCI(集団的知性)やマシンラーニング(機械学習)で解決する仮想通貨です。

5月の注目のオススメICO銘柄:Atonomi(ATMI)

【ICO】IoTの新しいセキュリティプロトコルとインフラストラクチャを提供する仮想通貨「Atonomi(ATMI)」についてまとめてみた
今回は、IoTの新しいセキュリティプロトコルとインフラストラクチャを提供する仮想通貨「Atonomi(ATMI)」についてまとめてみました。

Atonomi(ATMI)とは、数十億のIoTデバイスのためのセキュリティとインフラストラクチャを提供して

データと商取引に対して信頼できる相互運用性を実現します。

Atonomi(ATMI)の主な革新は、ブロックチェーンに基づく不変の元帳上のデバイスのアイデンティティと評判を根絶することです。

Atonomi(ATMI)は、参加者の生態系を構築し、奨励して、Atonomi(ATMI)ネットワーク上のデバイス取引のための

分散されたコンセンサスを維持することでこれを達成します。

5月の注目のオススメICO銘柄:Neonexchange(ネオンエクスチェンジ)

【ICO】分散型取引所と決済サービスの作成プラットフォームの仮想通貨「Neonexchange(ネオンエクスチェンジ)」についてまとめてみた
今回は、分散型取引所と決済サービスの作成プラットフォームの仮想通貨「Neonexchange(ネオンエクスチェンジ)」についてまとめてみました。

Neonexchange(ネオンエクスチェンジ)とは、分散型取引所と決済サービスの作成プラットフォームの仮想通貨です。

これからの時代は中央集権な取引所からDEX(分散型取引所)にシフトしつつあります。

ですが、このDEX(分散型取引所)には取引スピードが遅いという問題があります。

Neonexchange(ネオンエクスチェンジ)は、DEX(分散型取引所)の高いセキュリティをキープし、オフチェーンを活用することで、

取引スピードが早いという取引所を目指している仮想通貨になります。

5月の注目のオススメICO銘柄:Blue Whale(ブルーホエール)

【ICO】フリーランスのための分散型エコシステム仮想通貨「Blue Whale(ブルーホエール)」についてまとめてみた
今回は、フリーランスのための分散型エコシステム仮想通貨「Blue Whale(ブルーホエール)」についてまとめてみました。

Blue Whale(ブルーホエール)とは、分散型エコシステム仮想通貨です、。

Blue Whale(ブルーホエール)は、フリーランサーの無料広告システム、退職金、年金などをサポートする

dapps(分散型アプリケーション)の仮想通貨です。

また、このBlue Whale(ブルーホエール)はICON(ICX)のdapps(分散型アプリケーション)の銘柄としても注目されています。

5月の注目のオススメICO銘柄:OneLedger(OLT)

【ICO】ブロックチェーンベースのビジネスツールプラットフォームの仮想通貨「OneLedger(OLT)」についてまとめてみた
今回は、ブロックチェーンベースのビジネスツールプラットフォームの仮想通貨「OneLedger(OLT)」についてまとめてみました。

OneLedger(OLT)とは、ブロックチェーンベースのビジネスツールプラットフォームの仮想通貨です。

OneLedger(OLT)はブロックチェーンを導入を考えている企業に対してアプリや製品をブロックチェーンに組み込む作業などを

簡単に行えるツールなどを提供します。

5月の注目のオススメICO銘柄:EdenChain(EDN)

【ICO】プログラム可能な経済を実現するためのプラットフォーム仮想通貨「EdenChain(EDN)」についてまとめてみた
今回は、プログラム可能な経済を実現するためのプラットフォーム仮想通貨「EdenChain(EDN)」についてまとめてみました。

EdenChain(EDN)とは、プログラム可能な経済を実現するためのプラットフォーム仮想通貨です。

EdenChain(EDN)はプログラム可能な経済を実現するために設計されたスマートコントラクトのプラットフォームです。

EdenChain(EDN)を通じて、ユーザーは有形向けに関わらず、価値を資産化することが可能で、

それを安全、迅速、透明、効率的にEden Exchangeで取引することが可能です。

EdenChain(EDN)は許可されたブロックチェーンであり、多機能のユーザビリティを実現し、

公開ブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの両方の利点を活用するためのバランスを取っています。

競合他社に公開されない機密性の高いデータがあるため、企業は純粋な公的なブロックチェーンを採用することはほとんどありません。

一方、許可されたブロックチェーンは、一部の地方分権化でプライバシーを提供します。

5月の注目のオススメICO銘柄:Bezant(BZNT)

【ICO】分散型決済サービスプラットフォームの仮想通貨「Bezant(BZNT)」についてまとめてみた
今回は、分散型決済サービスプラットフォームの仮想通貨「Bezant(BZNT)」についてまとめてみました。

Bezant(BZNT)とは、分散型決済サービスプラットフォームの仮想通貨です。

Bezant(BZNT)は、

・コンテンツ開発者

・インフルエンサー

・電子商取引業者が

迅速、安全・信頼性の高い決済ソリューションを用いてターゲット顧客に訴求するのを支援を行います。

Bezant(BZNT)はブロックチェーン技術を採用し、世界中の消費者が簡単にアクセスできる、

オリジナルなデジタルコンテンツをコンテンツ開発者が発表できる場を提供します。

これにより、コンテンツ開発者に対して、コンテンツを収益化するための代替手段を提供します。

その際、従来の銀行やその不便さに関わりを持ったり、市場を席捲する主流のアプリストアの高騰する手数料を支払ったりする必要はありません。

さらにBezant(BZNT)は、世界的な巨大ハイテク企業の壁に囲まれた庭の外で、

デジタルコンテンツの制作・消費量を増やすことで、社会・経済の積極的な変革を牽引します。

Bezant(BZNT)の目的は、世界のデジタルコンテンツ・インフルエンサーセクター向けの決済と資金調達を破壊することです。

Bezant(BZNT)を簡単に説明すると、誰でもボーダレスにグローバルデジタルコンテンツにアクセスできるように、

信頼性の高い支払いソリューションを提供する支払いプロトコルの仮想通貨です。

まとめ

かなりマニアックな銘柄ばかりで日本では馴染みの薄い銘柄です。

ですが、かなり有望な銘柄ばかりなので、みなさんもチェックしておいたほうがいいです。

怪しいYoutuberなどのICOなんかよりも企画や中身も断然ありますし、

本当にただ売りたいだけのしょうもない銘柄告知するならこういうギークな銘柄紹介しろっていつも思いますwww

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE