FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】イーサリアムベースの分散クラウドソース型百科辞典を提供する仮想通貨「Lunyr(ルーナー)」についてまとめてみた

Lunyr(ルーナー) 仮想通貨 仮想通貨

今回は、イーサリアムベースの分散クラウドソース型百科辞典を提供する仮想通貨「Lunyr(ルーナー)」についてまとめてみました。

Lunyr(ルーナー)とは

Lunyr(ルーナー)とは、イーサリアム(Ethereum)ベースの分散クラウドソース型百科事典で、ユーザーがピアレビューと情報提供を行うことで報酬を与えます。

Lunyr(ルーナー)は、信頼できる正確な情報を見つけるためのインターネットの出発点であることを目指しています。

Lunyr(ルーナー)の長期ビジョンは、開発者が人工知能、バーチャルリアリティ、

拡張現実などの次世代分散アプリケーションを作成するために使用できる知識ベースAPIを開発することです。

Lunyr(ルーナー)のトークンであるLUNは、プラットフォームに広告を配置するために使用されます。

これらは、貢献、ピアレビュー、および紛争と品質の解決を推進するインセンティブシステムの一部として機能します。

LUNはERC20トークン標準に従います。

簡単に言えば、ウィキペディアの対抗馬になろうとしている仮想通貨がLunyr(ルーナー)ということですね。

ウィキペディアは寄付で成り立っていますが、これをマネタイズするのが、Lunyr(ルーナー)になります。

ちなみに、ウィキペディアは全世界で第6位のアクセス数を誇るサイトなので、Lunyr(ルーナー)も本格的に実現していけば、面白いことになりそうですね。

Lunyr(ルーナー)の特徴

・イーサリアムベースの分散型百科事典。

・ユーザーがピアレビューと情報提供を行うことで報酬を与える。

・長期ビジョンはAI、VR、ARなどのアプリケーションを作成するために使用できる知識ベースAPIを開発。

Lunyr(ルーナー)の概要

通貨名(通貨単位):Lunyr(LUN)

最大供給量:2,703,356 LUN

現在の供給量(記事作成時):2,297,853 LUN

公開日:2017年3月8日

Lunyr(ルーナー)はBinance(バイナンス)に上場!!

12月28日にLunyr(ルーナー)はBinance(バイナンス)に上場しました。

なので、購入したい方はBinance(バイナンス)で購入してみてください。

Binance(バイナンス)については、下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】Binance(バイナンス)の登録・入金・出金・取引について猿でもわかるように使い方を説明してみた
今回は、Binance(バイナンス)の登録・入金・出金・取引について猿でもわかるように使い方を説明してみました。

Lunyr(ルーナー)の公式サイト

Lunyr(ルーナー)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://lunyr.com/

Lunyr(ルーナー)のホワイトペーパー

Lunyr(ルーナー)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://github.com/Lunyr/Lunyr/blob/master/Lunyr_White_Paper_ENG.pdf

まとめ

Lunyr(ルーナー)は個人的に面白そうだなと思いました。

もしよければ、是非とも投資してみてください。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE