FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】LISK(リスク)のCore1.0のオープンベータ版ついに公開!!今後の展開は!?情報についてまとめてみた

LISK(リスク) Core1.0 オープンベータ版 公開 仮想通貨

今回は、LISK(リスク)のCore1.0のオープンベータ版ついに公開!!今後の展開は!?情報についてまとめてみました。

LISK(リスク)とは

LISK(リスク)については下記の記事を参照してください。

LISK(リスク)のCore1.0のオープンベータ版ついに公開!!

LISK(リスク) Core1.0 オープンベータ版 公開

以前からお伝えしていた、LISK(リスク)のCore1.0のオープンベータ版がリリースされました!!

【仮想通貨】LISK(リスク)が4月9日にCore1.0のオープンβ版リリース予定!?情報についてまとめてみた
今回は、LISK(リスク)が4月9日にCore1.0のオープンβ版リリース予定!?情報についてまとめてみました。

ソースはLISK(リスク)の公式ツイッターです。

内容としては、「スケジュール通りにLisk Core 1.0.0β版をリリースしたことをお知らせいたします。

リリース情報については、ブログの記事を読んで下さい」との事です。

以下は本文を翻訳した内容です。

リスクでは、私たちは他のどの製品よりも品質を重視しています。

専用コミュニティでの継続的な興奮、今回のリリースに関するより広範なブロックチェーン業界を念頭に置いて、

スケジュール通りにLisk Core 1.0.0ベータ版をリリースしたことを嬉しく思っています。

新しく強化されたテスト段階の導入

Lisk財団は、完全に機能しテストされた最終製品の開発に専念しています。

これを達成するために、私たちはテストプロセスをLisk Core 1.0.0以降の主要なすべてのリリースで2つの異なる段階に分けることにしました。

私たちは彼らをBetanetとTestnetと呼んでいます。

だからBetanetは何ですか?

主要な製品展開のために私たちのネットワークの人工的な複製を作成することで、この追加の段階を導入しました。

このケースではLisk Core 1.0.0です。このネットワークには独自の起源ブロックがあり、

起源のデリゲートによって保護されます。すべてのデリゲートノードはDevOpsチームによって維持管理されています。

約1週間、Betanetの活動を観察した後、この新しく作成されたテストエコシステムに参加者を徐々に紹介する計画を更新する予定です。

Core 1.0.0の展開のこの追加ステップは、

安全にBetaetの管理された環境でLisk Core 1.0.0をリリースするためのすべての変数を実践して調べるのに役立ちます。

最初にコードを試してみることで、私たちは分散型、Liskエコシステムの不可欠な部分であるマスターTestnet。

この段階のベータテストが完了すると、Lisk Core 1.0.0をマスターTestnetに移行することができます。

マスターテストネットが正常に実行された後、メインネット上でLisk Core 1.0.0をリリースすることができます。

Betanetのテストに参加する方法

Lisk Core 1.0.0はBetanet上にありますが、コミュニティのメンバーはさまざまな方法でネットワークのテストに参加することができます。

まず、ノードを配備して同期させることができます。

彼らはまた、新しいLisk Commander、Lisk Elements、Betanet Explorerを新しいLisk Coreでテストするだけでなく、

新しいApplication Programming Interface(API)と対話することもできます。

注意:このプレリリース段階(メインネットリリースまで)中、

製品はGitHubとNPMで以前の名称でリリースされます(Lisky、Lisk JS)。

最後に、新しいピアツーピア(P2P)トランスポート層を楽しんで、最新のデータベース移行が正しく機能していることを確認できます。

Lisk CoreはBetanetの本質的な品質保証の段階で評価されていますが、代理人はトランザクションを送信することはできません。

ユーザーは新しいネットワークをテストし、Gitterのテストチャネルで重要なフィードバックを提供することをお勧めします。

今後のReddit AMAを発表

この特定のリリースに関する質問に適切に対処するため、Lightcurve開発チームはLisk Core 1.0.0のトピックでReddit AMAを開催します。

できるだけ多くの開発情報を提供するために、ベータネットテストが完了した後、AMAの日付が確認されます。

開発に関する更なるアップデートを受けることができるLiskサブディレクトリに登録してください。

これからのReddit AMA。

我々は、今後数週間で、Core、Elements、Hub、Commanderの機能を含む、Lisk製品の1.0.0リリースに関する詳細情報を提供します。

この期間は、リスクの技術開発にとって非常にエキサイティングな時期です。

私たちは、私たちが構築しているツールがコミュニティ全体の期待に応えることを保証し、

新しい未分化の未来を一緒に築くことに専念していることを確実にする目的で、引き続き目標を推進しています。

https://blog.lisk.io/lisk-core-1-0-0-open-beta-released-intensified-testing-reddit-ama-announcement-cea7297415cd

LISK(リスク)のCore1.0のオープンベータ版公開による今後の展開は?

LISK(リスク) Core1.0 オープンベータ版 公開

LISK(リスク)のCore1.0のオープンベータ版公開されたことで、ブロックチェーンアプリケーションがより簡単に製作することができ、

LISK(リスク)のプラットフォームベースのdappsが誕生していくと思います。

そして、今後は正式版やSDKやサイドチェーン、DEX(分散型取引所)、ブロック報酬減などの、イベントが年内に行われます。

まとめ

LISK(リスク)も着々と動き出していますね!!

今年はLISK(リスク)がどこまで他のdapps銘柄に肩を並べるか非常に見所の一つになりそうですね!!

私は期待しています!!

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE