1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中

【アプリ】LINE(ライン)のLINEConference2019で発表された新サービス・機能についてまとめてみた

LINECONF LC19アプリ

LINE(ライン)のLINEConference2019で発表された新サービス・機能についてまとめてみました。

LINE(ライン)のLINEConference2019

LINECONF LC19

今日LINE(ライン)が6月27日にLINEConference2019が行われました。

行きたかったのですが、仕事がありLIVEで見ていました。

今回は、LINEConference2019で発表された新しいサービスや機能についてご紹介したいと思います。

LINEスタンプが月額240円で使い放題になる「LINE STICKERS PREMIUM」

LINE STICKERS PREMIUM

LINEスタンプを月額240円で使い放題になるようです。

「LINE STICKERS PREMIUM」では、月額240円で約300万のクリエイターズスタンプが使い放題になります。

300万のスタンプは3億8000万円相当が月240円で使い放題になるのはユーザーとして嬉しいですね。

また、学生向けには半額の120円で提供されるようです。

トヨタの提供するナビエンジンを採用した「LINEカーナビ」

LINEカーナビ

LINEはカーナビアプリの「LINEカーナビ」を発表しています。

これは2019年9月以降に無料で提供されます。

LINEカーナビはスマホだけで動作して自動車とのリンク規格である、

SDLに対応しており車のカーナビとして接続することが可能です。

LINEカーナビはトヨタの提供するナビエンジンを採用しており、

地図は最短即日で更新されて高いルート案内をしてくれるようです。

また、音声アシスタント機能としてClovaを採用しており、話しかけてナビが操作することが可能です。

また、LINE MusicやLINEメッセージも操作することが可能です。

LINE(ライン)の総合検索サービス「LINE search」

LINE search

LINE searchは検索サービスになります。

LINE searchはニュースや漫画、音楽などが総合検索可能になります。

また、各カテゴリーのインフルエンサーなども探すことが可能です。

弁護士相談、飲食店検索・レビューなども今後対応していくようです。

例えば、カフェでランチしようと思ったら今まではインスタなどで映えるところを探して

ぐるなびや食べログの評価をみて予約という作業がLINE searchだけで完結することが可能になりますよね。

LINE(ライン)の新しいグループ機能「OpenChat」

OpenChat

OpenChatは、LINEの新しいグループ機能になります。

関心があることでグループを作って会話や情報収集することが可能になります。

例えば、趣味でグループを作ったり、仕事でグループを作ったりすることが可能になります。

権限などもあるので限定しているグループや誰でも参加できるなど選択可能です。

またマルチプロフィールもあるので、ゲームなどのユーザー名と本名を使い分けすることもできたりします。

OpenChatについては以下の記事に詳しく説明されております。

http://official-blog.line.me/ja/archives/79448193.html

人の信用をスコア化する「LINE Score」

LINE Score

人の信用をスコア化する「LINE Score」も発表されています。

信用スコアは中国などでは今かなり普及されております。

LINE ScoreではユーザーのライフスタイルをAIがスコアリングするようです。

信用スコアの活用としてはシェアリングエコノミーなどと組み合わせるのが良いですね。

アプリをCMS感覚で作れる機能「LINE Mini app」

LINE Mini app

LINE Mini appはアプリをCMS感覚で作れる機能です。

ECサイトなどをアプリで個人でも簡単に作成することができるサービスになりますね。

個人店やクリエイターの方はこうしたサービスで小さなお店を作ることができますね。

LINE(ライン)のLINEConference2019に参加した人たちの感想は?

まとめ

LINE(ライン)が本格的にプラットフォームの力を見せつけてきていますね。

これベンチャー企業涙目ですよねきっと。

LINE(ライン)の新たなサービスはワクワクしますね!!

個人的にビジネスに応用効かせられるものがあるのでいち早く導入していきたいと思います。

そして私が思ったのは、LINE Mini appやLINE Scoreなど

やはり組織ではなく個人に目が向いている気がしますね。つまり令和は個の時代が益々大切になっていきますね。

タイトルとURLをコピーしました