FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】LINE(ライン)が独自通貨の『LINK(リンク)』を発行する!?情報についてまとめてみた

LINE(ライン) 仮想通貨 LINK(リンク) 仮想通貨

今回は、LINE(ライン)が独自通貨の『LINK(リンク)』を発行する!?

情報についてまとめてみました。

LINE(ライン)が独自通貨を発行!?

LINE(ライン) 仮想通貨 LINK(リンク)

LINE(ライン)が独自通貨を発行するようです。

以前にもLINE(ライン)の独自の仮想通貨取引所である、

Bitbox(ビットボックス)が発表されました。

そして今回は独自の仮想通貨を発表しています。

【仮想通貨】LINE(ライン)の仮想通貨取引所である「BITBOX」発表!?情報についてまとめてみた
今回は、LINE(ライン)の仮想通貨取引所である「BITBOX」発表!? 情報についてまとめてみました。

LINE(ライン)が独自通貨の『LINK(リンク)』を発行する!?

LINE(ライン) 仮想通貨 LINK(リンク)

LINE(ライン)が独自通貨の『LINK(リンク)』を発行するようです。

ですが、このLINK(リンク)はICOは行わないようです。

ホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://link.network/

LINK Point(日本向け)」と「LINK(海外向け)」については

下記のリンクを参照してください。

https://link.network/

以下は本文を翻訳した内容です。

このニュース今日キム・ウンジ記者]ネイバー日本の子会社ライン株式会社が

最初独自開発の暗号通貨リンク(LINK)と、

そのブロックチェーンネットワークリンクチェーン(LINK Chain)を31日に公開した。

リンクは既存のパスワード貨幣とは

異なる資金調達の目的のICO(パスワード貨幣公開)を進行していないのが特徴である。

リンクはライン生態系内の特定のサービスの利用を通じて報酬で獲得することになる」

ユーザー補償(Reward)」の概念を適用した。

リンクと連携したディエプ(分散型アプリケーション)サービスに加入して活動すれば、

サービスに参加した利用者は、

リンクの補償方針に応じて、パスワードの通貨を獲得する方式である。

リンクは、今後リリースされるラインのユーザー補償ベースのコンテンツなどディエプだけでなく、

コンテンツとコマース、ソーシャル、ゲーム、パスワード貨幣取引所など、

さまざまなサービスでお支払いの補償手段として活用する。

ラインは、

リンクをグローバルパスワード貨幣取引所であるビートボックス(BITBOX)

に9月中にローンチして排他的なサービスを提供する予定である。

ビートボックスは、

今後リリースされるラインのディエプとリンクを受け取ることができ窓口であり、

報酬として獲得したリンクをビートボックスに上場された

他のパスワード貨幣と交換することができる交換先としての役割をすることになる。

リンク発行貨幣の数は合計10億本で、

トークンエコノミーの生態系の発展と事業の進捗状況等に応じて順次発行される。

このうち8億個はリンク参加サービス別ユーザの補償方針に基づいて分配される予定であり、

2億個はリンク発行元であるラインテックプラスで予備費で管理する。

日本の居住者の場合、

ディエプサービスでの活動のための補償にリンクの代わりに

リンクポイントを獲得することができる。これディエプサービス内で使用したり、

ラインサービス内でシールやテーマなどを購入することができます

ラインポイントに交換可能である。

ただし、ラインが日本国内パスワード貨幣の

マーケティングおよび交換に必要な規制当局の承認を受けるまでは、

ビートボックスをはじめとする、

パスワード貨幣取引所の入出金、振込、マーケティングおよび交換が不可能である。

このデジャワ武ライン代表取締役(CEO)は

「リンクラインが公開する最初のパスワード貨幣利子補償手段として活用されているだけに、

ディエプサービスを介してラインに貢献するユーザーに付加価値を分配する

ユーザ参加型プラットフォームで引き続き成長していく計画”と述べた。

リンクに関連するラインのパスワード貨幣ニュースはリンク公式ホームページのみで公知である。

その他のソーシャルネットワークチャンネルを通じたライン詐称カンパなどの不法行為については、

細心の注意が要求される。

また、パスワードの通貨取引所ビートボックスは

リンク者に一年の取引手数料割引などの特典を提供する予定である。

http://www.enewstoday.co.kr/news/articleView.html?idxno=1226983

LINE(ライン)が独自通貨の『LINK(リンク)』の要点まとめ

LINE(ライン) 仮想通貨 LINK(リンク)

・LINK(リンク)とはLINE(ライン)の独自通貨

・LINK(リンク)の通貨とLINK Chainというブロックチェーンを31日に公開

・ICOは行わない

・LINK(リンク)は9月にBITBOX(ビットボックス)で上場して取引開始予定

・LINK(リンク)の総発行枚数は10億のトークン

・LINK(リンク)はLINEのコンテンツやeコマース、ゲーム、SNSなどの様々な支払いに活用される

・LINK(リンク)は日本人は現状購入は不可

LINE Token Economyの構想について

LINE Token Economy 構想

LINE Token Economyの構想についてです。

「LINE Token Economy」構想は、

LINEが独自に開発したブロックチェーン技術を活用することで、

サービス提供者とユーザーの関係をよりフラットにし、

ともに成長していくことができる共創関係の構築を目指すトークンエコノミー構想です。

インターネットの時代になり、フリーミアムの概念がうまれ、

様々なインターネットサービスを通じて

情報やコンテンツを無料で受け取ることができるようになりました。

同時に、ユーザーはただコンテンツを受け取るだけではなく、

ソーシャルメディアやレビューサイトなどにおいて積極的にコンテンツを生み出す生産者となり、

サービス自体の発展や成長に大きく貢献をしています。

しかし、そういったユーザーの貢献に対し、

適切なインセンティブを還元する仕組みを構築することは非常に難しく、

現状では十分な還元ができていません。

そこで、LINEでは、独自に開発したブロックチェーンネットワーク

「LINK Chain」を基盤(メインネット)にし、

そこに分散型アプリケーション「dApp」サービスが参加することで、

汎用コイン「LINK Point(日本向け)」と「LINK(海外向け)」を利用することができる

「LINK エコシステム」を公開いたしました。

ユーザーは、「LINK エコシステム」に参加する「dApp」サービスや、

今後参加を計画している既存のLINEサービスに登録・利用すると、

そこでのアクション内容やサービスへの貢献レベルに応じてインセンティブとして

「LINK Point(日本向け)」や「LINK(海外向け)」を獲得することができます。

独自のブロックチェーン技術を用いた「LINK Chain」により、

評価の信頼性・透明性を担保できるようになり、

ユーザーの貢献に対して適切な還元を行うことが可能になることで、

ユーザーの活動は活性化し、サービスがさらに成長していく好循環が生まれ、

新しい大きな価値が生み出されます。

これにより、ユーザーとサービスにおいて、新しい共創関係(Co-Creation)が構築され、

今まで以上に質の高いサービスの提供が可能になります。

さらに、「LINK エコシステム」は、他社のサービスも参加できるようになる予定です。

サービス提供者は、多くの時間とコストをかけて独自でブロックチェーンネットワークや

トークンエコノミーを開発・構築する手間をかけることなく、

トークンエコノミーを導入することが可能となります。

これにより、LINEは「LINE Token Economy」のさらなる拡大を目指していきます。

https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP489348_R30C18A8000000/

まとめ

LINE(ライン)は仮想通貨に積極的な姿勢を見せていますね。

本来であればBitbox(ビットボックス)も金融庁の規制が強すぎなければ使えたのになと

少々残念です。

やはりこうしたIT企業が独自の仮想通貨を続々発行し始めると思いますね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE