FX-EA System Project
FX-EA System Project

【若者必見】韓国政府は週12時間以上の残業は禁止!?日本との働き方が雲泥の差になりつつある!?

韓国政府 週12時間 残業 禁止 大学生&社会人

今回は、韓国政府は週12時間以上の残業は禁止!?

日本との働き方が雲泥の差になりつつある!?ということについてまとめていきます。

韓国政府は週12時間以上の残業は禁止!?

韓国政府は週12時間以上の残業は禁止になるようです。

また、違反した事業主には2年以下の懲役か200万円以下の罰金が課せられます。

以下は本文を翻訳した内容です。

韓国は、正式に週休2日(7月1日)に52時間に最大週労働を落とし、

労働時間が非常に長くなったことで国民の生活の質を向上させた。

ムン・ジェイン大統領のキャンペーン約束であったこの新法は、

日曜日から300人以上の従業員、国営代理店、政府機関を持つ企業に発効した。

週最高勤務時間を68時間から52時間に短縮した法律の下、

韓国の労働者は40時間労働、さらに12時間の労働時間延長が認められる。

毎週52時間以上働く従業員を懲役2年、

2000万ウォン(S $ 24,484)の罰金に処するようになった。

2年前、大手企業で仕事をやめた後、

自分の経営を営んでいるソウル居住者シンナウンさん(29)は、

「ニュースには喜んでいる」と話した。

「私が仕事を辞める理由はたくさんありました。多くの人が安定していると見られていました。

その理由の1つは間違いなく大きな仕事でした」

新さんは彼女の経験で、誰も本当に彼女が遅く事務所に留まることを余儀なくされたと言いました。

むしろ、彼女が仕事をしていて、時間通りに仕事を辞めることは不可能でした。

彼女は、事務所は人員が不足しており、

彼女は多くの場面で家に帰らなければならないと言いました。

「この法律が一晩で変わるとは思えないほど素朴ではないが、

確かに正しい方向に進んでいるように感じている。

“これは、より多くの労働者が仕事以外の生活を楽しむ権利を保証しながら、

これが雇用主により多くの人を雇うように圧力をかけることを望む。

韓国は、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最長の勤労時間を有している。

3月、男女共同参画大臣は、労働時間を「非常に長い」と呼び、

それが国の驚くほど低い出生率と高齢社会の主な原因の1つであると主張した。

新しい法律が制定される以前、

韓国人は、米国やイタリアなどの国の労働者に比べて年間300時間以上、

ドイツやノルウェーなどの国では毎年約700時間も働いていました。

研究は、国の長い労働時間が必ずしも労働生産性を高めるとは限らないことを示している。

2014年の韓国の労働生産性は1時間当たり31.90ドルで、

OECD平均(49ドル)よりも大幅に低かった。

ソウルのある職業専門家は、「それは文化と労働市場の構造が混在していると思う」と述べた。

「他の国ではどうなっているのか分かりませんが、韓国の労働市場では、

自分の態度や社会的スキルが実際の仕事の能力よりも価値があると感じています。

私の年長の同僚は、もちろん、

これは彼らが他の人よりも生産的であるということを意味するものではありません。

すべての韓国人がこの変更に満足しているわけではありません。

地元の雇用ポータルサイトの調査によれば、

905人の韓国人労働者の55.2%が法改正後に残業を心配していると答えた

– 週12時間以上を意味するが、資格はない残業代を受け取る。

変更に先立って、韓国人は通常の時間で52時間、残業では16時間の働きをしており、

週16時間以上の残業代を支払う権利がありました。

「あなたがお金を好むか、人生で仕事をしたらどうなるでしょうか?

城南(ソンナム)に住む33歳の会社員が言った。

「もっと働きたくてお金を稼ぎたい人は、そうする権利があるべきだと思う。

もしあなたが残業をしなければ、終わりを守れないのであれば、

私はこの国の一部の人々にとってこの法改正むしろ無責任です。

それでも労働省は楽観的だ。

「雇用主が6ヶ月間の猶予期間を設け、変更を実施するための時間を取っている」と声明で述べた。

「移行をできるだけ円滑にするために、200人の労働監督者を雇った」

https://www.straitstimes.com/asia/east-asia/south-korea-officially-drops-its-maximum-workweek-to-52-hours

日本ではさらに労働者を追い込むような働き方を推進

日本では働き方改革関連法案が可決しこれから残業は月100時間まで合法になり、

残業代についてはひとまず年収1075万円以上の人は無しになります。

またこの対象者の範囲を広げる予定です。

https://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/bizskills/toyokeizai-223205.html

まとめ

日本はかなり世界とは真逆な方向に進もうとしていますね。

日本に残るのは多くの老人と高額な保険や税金ですね。

若い人はどんどん海外を目指すべきだと思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE