FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Korea(韓国)の仮想通貨の規制に対する内容が公開!?情報についてまとめてみた

Korea(韓国) 仮想通貨 規制 仮想通貨

今回は、韓国の仮想通貨の規制に対する内容が公開!?情報についてまとめてみました。

韓国の仮想通貨規制について

韓国の仮想通貨規制についての公式の発表がありました。

以下は本文を翻訳した内容になります。

「投資家葉仮想通貨70%以上の外部記憶装置、別保管」

ブロックチェーン協会準備委員会、投機を助長懸念マーケティング・広告もしばらく中断

(ソウル=聯合ニュース)グジョンモギムギョンユン記者=国内仮想通貨取引所を運営するには、

自己資本を20億ウォン以上保有し、金融業者に準ずる情報セキュリティシステムを備えなければならない。

また、投資家の原画預金は100%、金融機関に預けて、仮想通貨預金は70%以上をオフラインの別途の外部記憶装置に保管しなければならない。

韓国のブロックチェーン協会準備委員会(以下、協会準備委員会)は15日、ソウル中区明洞でこのような内容の盛り込んだ共同宣言文と自主規制案を発表した。

協会準備の上に現在のビトソム、コインウォン、コビトなど国内仮想通貨取引所14社が参加している。

協会準備委員会が公開した自主規制案によると取引所を運営するには、

自己資本を20億ウォン以上保有し、金融業者に準ずる情報セキュリティシステム、情報保護人員や組織を運営しなければならない。

取引所は、投資家のウォン預金は100%、金融機関に保管して仮想通貨は70%以上を

「コールドストレージ」(cold storage)に義務的に保管することにした。コールドストレージは、

インターネットに接続されていない外部記憶装置を意味する。

取引所固有財産と交換留保財産を分離して保管して協会のホームページを介して交換留保資産管理状況を公示する方針だ。

取引所は、金融機関が提供するシステムを介して投資家本人のことが確認された1つの口座のみ入・出金できるようにすることで、入・出金を統制することにした。

未公開情報を利用した行為、相場操縦など不公正取引に携わる従業員の倫理規定も設けた。

独立した自主規制委員会を構成して倫理規定に違反したり、市場取引の秩序を乱す行為をした場合、

取引所はもちろん、取引所の従業員にも制裁を勧告することができるようした。

自主規制委員会は、学界、ブロックチェーンの専門家、会計・財務・法律の専門家など7人で構成されている。

内部の挨拶で取引所の代表者1名のみ参加させて、残りは外部の挨拶で立てる方針だ。

これらの共同宣言文で投機心理を助長するおそれがあるマーケティングや広告をしばらく中断し、すべての新規仮想通貨の上場をしばらく留保することにしたと明らかにした。

取引所が仮想通貨の技術性、商品性などを判断して、自分の所で取引できるように許可することを上場という。

また、優先的にセキュリティに投資し、マーケティング/営業コスト、セキュリティ投資規模を公表することにした。

今後、新しい仮想通貨を上場するとき、仮想貨幣情報を必ず提供すると公言した。

これに関連し協会準備委員会が上場プロセスのガイドラインを設けて協会所属取引所は、これを準用する計画だ。

銀行システムを通じた本人口座確認は来年1月から電撃実施して、残りの自主規制案は、

第1四半期以内に、実際の業務に適用して、第2四半期からは、すべての規制が適用されるようにする計画である。

協会準備委員会は、来年1月に正式に発足し自主規制運営機構を設立する予定である。

http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/12/15/0200000000AKR20171215064600002.HTML?input=1195m

韓国の仮想通貨に対しての規制内容

・投資家のウォン預金は100%金融機関に預金義務

・取引所運営には資本金20億ウォン(約2億円)必要

・仮想通貨の70%はコールドウォレットに保存義務

・従業員のインサイダー防止

・違反した取引所、従業員には制裁勧告

・仮想通貨新規上場を保留

まとめ

妥当な規制を韓国は作ったかなという印象ですね。

日本も80%はコールドストレージ保管という義務とかあればいいのになとは思いました。

やはり法の外に仮想通貨はあるので、うまくルールを設けながら、仮想通貨のパフォーマンスを落とすことなく各々の国が政策を出して欲しいと思います。

 

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE