FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】プライベート・安全・安定を備え仮想通貨業界の発展と繁栄を支援する「Komodo(コモド)」についてまとめてみた

Komodo(コモド) 仮想通貨 仮想通貨

今回は、プライベート・安全・安定を備え仮想通貨業界の発展と繁栄を支援する「Komodo(コモド)」についてまとめてみました。

Komodo(コモド)とは

Komodo(コモド)とは、第三者のブロックチェーンにセキュリティを提供し、

プライバシー機能を備えたアプリケーションに電力を供給し、

ピアツーピア決済サービスにおける価格安定性を実現する手段を提供することで、暗号通貨業界の発展と繁栄を支援します。

Komodo(コモド)は、分散型ICOプラットフォーム(dICO)を提供している仮想通貨です。

この技術は、Komodoのプライバシー機能によって、投資家のプライバシーを保護しながら、

コインデベロッパーが透明性の高いコインを発行することを可能にします。

Komodo(コモド)の特徴

・プライベート送信と高セキュリティを備えた仮想通貨。

・delayed Proof of Workによりビットコインレベルのセキュリティを実現。

・Komodo(コモド)通貨という法定通貨に紐づけされた安定した独自通貨を備えている。

・戦略的パートナーはMonaize

・開発はSuperNETのチームが担当

・Zcashと同様、ゼロ知識証明のプロトコルを使用

Komodo(コモド)の概要

通貨名(通貨単位):Komodo(KMD)

最大供給量:200,000,000 KMD

現在の供給量(記事作成時):100,945,510 KMD

システム(アルゴリズム):Delayed Proof of Work

Komodo(コモド)のdPoWとは

dPoW(delayed Proof of Work)とは、

Komodo(コモド)の開発チームが独自に開発した承認アルゴリズムです。

Bitcoin(ビットコイン)などに使われているPoWと似た仕組みですが、少し異なります。

Komodo(コモド)のプラットフォーム

Komodo(コモド)のプラットフォーム、Zcash(ジーキャッシュ)チームが開発したゼロ知識証明書に基づいて設計されています。

Zcash(ジーキャッシュ)では、sk-SNARKプロトコルが使われていますが、

Komodo(コモド)では同じ技術が使われているので、Komodo(コモド)ブロックチェーン内の取引は、プライバシーと匿名性を実現しています。

トランザクションがプライベートである場合、ブロックチェーン上の取引の金額、送信者または受信者は誰も見ることができませんが、

マイナーはそれが正しいことを確認でき、二重支出は発生しません。

トランザクションが透過的である場合、通常のBitcoin(ビットコイン)トランザクションのように動作します。

Komodo(コモド)の公式サイト

Komodo(コモド)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://komodoplatform.com/

Komodo(コモド)のホワイトペーパー

Komodo(コモド)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://komodoplatform.com/whitepaper/

まとめ

Komodo(コモド)注目度は低いですが、実直にイノベーションを起こす可能性がある仮想通貨です。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE