FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】世界同時公開次世代クラウドファンディングの仮想通貨「KICKICO(キックアイシーオー)」についてまとめてみた

KICKICO 仮想通貨 ICO

今回は、世界同時公開次世代クラウドファンディングの仮想通貨である、

KICKICO(キックアイシーオー)についてまとめてみました。

KICKICO(キックアイシーオー)とは

KICKICO(キックアイシーオー)とは、ICO、クラウドファンディング、

クラウドインベスティング向けの総合的なソリューションを提供する、

世界初のブロックチェーン資金調達プラットフォームです。

簡単に説明すると、資金調達が必要な、ゲーム開発者、起業家、デザイナーなどの

未来を見据えた人たちのアイデア実現をクラウドファインディングプラットフォームを作り、

実現可能にするということです。

もっと簡単な例をあげれば、

例えば、あなたがゲームを作れるスキルがあったとして、

そのゲームを作るために1000万円の開発費用が必要になりました。

そこで、KICKICO(キックアイシーオー)のプラットフォームを利用して資金調達を行う

といった感じです。

世の中には、アイディアやスキルを持っているが、資金がなくて始められない人は多くいる中で、

KICKICO(キックアイシーオー)が資金調達可能な空間を提供するイメージです。

KICKICO(キックアイシーオー)通常のクラウドファンディングに加えて、ICOにも対応しています。

KICKICO(キックアイシーオー)はすでにプロダクトが動いています。

KICKICO 仮想通貨

この画像を見たら分かる通り、すでにゲームなどの資金調達が行われています。

トークンセールでは、239ETH日本円で、830万円ほど集めてます。

 

KICKICO(キックアイシーオー)の特徴

KICKICO(キックアイシーオー)の特徴についてご紹介します。

3つのキャンペーン方法が利用可能

KICKICO(キックアイシーオー)は、ICO、クラウドファンディング 、クラウドインベスティングキャンペーンで

資金を集めることができます。つまり、資金調達方法が3種類から選べるので、

利用者にとってはクラウドファンディングで資金調達するのか、

ICOで資金調達するのかなど、用途に合わせて選べる利点があります。

スマートコントラクトトークン

KICKICO(キックアイシーオー)は、イーサリアムベースなので、スマートコントラクトは搭載されています。

ブロックチェーンの優れた面を安全に分散した形で、

透明性をもって利用することができます。金融 、地理的な制限に縛られず世界中で利用可能です。

KICKONOMY

KICKICO(キックアイシーオー)は、KickCoinという暗号通貨の流動性を活用して、

ほかのプロジェクトからボーナスを受け取り、自身のプロジェクトを保護することができます。

そして、世界をよりよい場所にしていく暗号通貨エコノミーに参加することができます。

KICKICO(キックアイシーオー)の公式サイト

KICKICO(キックアイシーオー)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://www.kickico.com/ja/

KICKICO(キックアイシーオー)のホワイトペーパー

KICKICO(キックアイシーオー)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://www.kickico.com/ja/whitepaper

KICKICO(キックアイシーオー)のプレセール

KICKICO(キックアイシーオー)のプレセールは、8月30日に行われるので、

ICO投資を考えている人は、割とすぐに準備した方がいいですね!!

KICKICO(キックアイシーオー)のようなICOプラットフォーム系の仮想通貨は?

KICKICO(キックアイシーオー)以外にもこのようなクラウドファンディングやICOプラットフォーム系の仮想通貨が

あるので、一応ご覧になった方がいいと思います。

ちなみに、3つとも参加する予定です。

ICOはあくまで余剰資金で行ってくださいね。

・ICOBOX

【ICO】ICOを支援する投資プロジェクト「ICOBOX」がプレセール開始
今回は、ICOを支援する企画である、「ICOBOX」について説明していきたいと思います。 日本では、COMSAが流行ってきていますが、このICOBOXも熱い企画ですので要チェックです!!

・COMSA

【まとめ】日本初のICO『COMSA(コムサ)』についてまとめてみた!!
どうも、今回は日本初であるICOのCOMSA(コムサ)について 初心者にもわかりやすくまとめてみたいと思います。

まとめ

どんどんこうしたICOのプラットフォーム系も出てきましたね。

こうした競合他社が出てくることで、どこの企業が軍配が上がるか非常に楽しみです。

今後もこうしたICOも随時お伝えします。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE