FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】6月に注目すべきICO銘柄7選についてまとめてみた

6月 注目 おすすめI CO銘柄 7選 仮想通貨

今回は、6月に注目すべきICO銘柄7選についてまとめてみました。

6月に注目すべきICO銘柄1:UChain(UCN)

UChain(UCN)とは、グローバルなシェアリングエコノミーのための公共インフラブロックチェーンの仮想通貨です。

UChain(UCN)は他のシェアリングエコノミー企業と並び、信頼とデータ濫用の問題を解決するために、

基盤となるブロックチェーンネットワークを構築を目指しています。

UChain(UCN)によって提供されるAPIとSDKを活用することで、シェアリングエコノミーの企業は独自トークンを発行することができ、

UChain(UCN)のネットワーク上にアプリケーションを構築して、良い自立型シェアリングエコノミーエコシステムを作り上げることが可能です。

また、UChain(UCN)のコンセンサスアルゴリズムにはRippleのアルゴリズムを導入します。

【ICO】グローバルなシェアリングエコノミーのための公共インフラブロックチェーンの仮想通貨「UChain(UCN)」についてまとめてみた
今回は、グローバルなシェアリングエコノミーのための公共インフラブロックチェーンの仮想通貨「UChain(UCN)」についてまとめてみました。

6月に注目すべきICO銘柄2:FANTOM(ファントム)

FANTOM(ファントム)とは、スケーラビリティ問題をスマートコントラクトとDAGで解決する仮想通貨です。

FANTOM(ファントム)は世界で初めてのDAGベースのスマートコントラクトプラットフォームになります。

【ICO】スケーラビリティ問題をスマートコントラクトとDAGで解決する仮想通貨「FANTOM(ファントム)」についてまとめてみた
今回は、スケーラビリティ問題をスマートコントラクトとDAGで解決する仮想通貨「FANTOM(ファントム)」についてまとめてみました。

6月に注目すべきICO銘柄3:Essentia(エッセンティア)

Essentia(エッセンティア)とは、分散型デジタルライフを実現するフレームワーク提供の仮想通貨です。

Essentia(エッセンティア)では、ストレージサービスのStorjや、分散型取引所EtherDeltaやチャットアプリStatusなどのdAppsと提携しています。

Essentia(エッセンティア)を使用することで、こうしたdappsを一括で管理やログインすることが可能になります。

現在では、LINEやTwitterやInstagramなどは別々の認証でのログインを行っていましたが、

Essentia(エッセンティア)を使用することで一つのSEEDで全部のサービスを管理し、ログインが行なえますよってことです。

Essentia(エッセンティア)は、ユーザーは自分自身のデータやID、資産管理、dappsなどを所有し、

他の異なるプラットフォーム上でも活用できるように相互運用性を実現しようと考えています。

【ICO】分散型デジタルライフを実現するフレームワーク提供の仮想通貨「Essentia(エッセンティア)」についてまとめてみた
今回は、分散型デジタルライフを実現するフレームワーク提供の仮想通貨「Essentia(エッセンティア)」についてまとめてみました。

6月に注目すべきICO銘柄4:Arweave(AR)

Arweave(AR)とは、新しいデータストレージブロックチェーンプロトコルの仮想通貨です。

Arweave(AR)では、分散化されたデータストレージ機能を低コストで使用可能で、webやSNSなどへ簡単に広めることができるシステムです。

Arweave(AR)は論文や著書などの文章が改ざんされたりなどの問題が存在しています。

その問題をArweave(AR)はストレージを使うことで永久的に保管可能で、webやSNSなどに広めることができるシステムになります。

また、選挙や法的文書にも活用が可能のようです。

【ICO】新しいデータストレージブロックチェーンプロトコルの仮想通貨「Arweave(AR)」についてまとめてみた
今回は、新しいデータストレージブロックチェーンプロトコルの仮想通貨「Arweave(AR)」についてまとめてみました。

6月に注目すべきICO銘柄5:Alchemint(SDT)

Alchemint(SDT)とは、NEO(ネオ)ベースの米ドルのステーブル仮想通貨になります。

ステーブルというのは、法定通貨と等価値のトークンになります。

代表的なのはUSDTやTUSD、DAIなどになります。

なぜステーブルコインの需要が高まっているのかと言うと、BTC、ETH、NEOなどの広く使用されている仮想通貨は、

ボラティリティが高いために支払いや決済としては現状機能していません。

この問題を解決するためにAlchemint(SDT)は、NEO(ネオ)ベースで担保された安定したトークンを発行して、

価値の安定を確保しようと考えています。

Alchemint(SDT)では、NEO(ネオ)プラットフォーム上に構築された安定した管理システムを提供します。

Alchemint(SDT)は、分散された透明なシステムの担保付きデジタル資産を通じて、多数の平等な仮想通貨を提供することを目指しています。

また、Alchemint(SDT)のトークンはNEO(ネオ)のみで担保される予定ですが、

・金

・不動産

・その他のデジタル通貨やトークン化された現実世界の資産

を含むより多くの資産が担保として含まれる予定です。

また、SDTはUSDに対して1:1の比率を持つことが予想されます。

【ICO】NEO(ネオ)ベースの米ドルのステーブル仮想通貨「Alchemint(SDT)」についてまとめてみた
今回は、NEO(ネオ)ベースの米ドルのステーブル仮想通貨「Alchemint(SDT)」についてまとめてみました。

6月に注目すべきICO銘柄6:Liquidity Network(LQD)

liquidity network(LQD)とは、シンプルでスケーラブルで安全なブロックチェーン決済ネットワークの仮想通貨です。

liquidity network(LQD)は、1兆トランザクションブロックチェーン決済ネットワークであり、既存のブロックチェーンに実装して大幅な改善を実現します。

liquidity network(LQD)のビジョンは、ブロックチェーン業界全体の取引コストを削減することです。

liquidity network(LQD)は世界中の何百人ものユーザーに拡張可能であり、ロックする必要が無いです。

liquidity network(LQD)は分散型ブロックチェーンのための安全でスケーラブルなオフチェーン決済のハブとしての役割を果たします。

【ICO】シンプルでスケーラブルで安全なブロックチェーン決済ネットワークの仮想通貨「liquidity network(LQD)」についてまとめてみた
シンプルでスケーラブルで安全なブロックチェーン決済ネットワークの仮想通貨「liquidity network(LQD)」についてまとめてみました。

6月に注目すべきICO銘柄7:AirBloc Protocol(ABL)

AIRBLOC Protocol(ABL)とは、ブロックチェーンベースの分散型パーソナルデータ交換プラットフォームの仮想通貨です。

AIRBLOC Protocol(ABL)では、人がデータから収益を得ることができる分散型個人データプロトコルであり、

広告主はこれらのデータを購入してROI向上のためのマーケティングキャンペーンを実施することができます。

つまり、個人のデータを企業に販売して売買できるプラットフォームを作ろうとしています。

【ICO】ブロックチェーンベースの分散型パーソナルデータ交換プラットフォームの仮想通貨「AIRBLOC Protocol(ABL)」についてまとめてみた
今回は、ブロックチェーンベースの分散型パーソナルデータ交換プラットフォームの仮想通貨「AIRBLOC Protocol(ABL)」についてまとめてみました。

まとめ

どんどんICOの良い銘柄が出てきていますね。

しっかりと情報をリサーチして情報戦で戦い抜きましょう!!

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE