〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

【若者必見】日本の3つ子の母の過酷な育児がSNSで話題に!?日本は子供を育てにくい!?情報についてまとめてみた

日本 少子化 対策 経済

日本の3つ子の母の過酷な育児がSNSで話題に!?日本は子供を育てにくい!?情報についてまとめてみました。

日本の3つ子の母の過酷な育児がSNSで話題に!?

日本 少子化 対策

日本の3つ子の母の過酷な育児がSNSで話題になっています。

以下は本文の引用文です。

3人の赤ちゃんが同時に泣いたら、どうしますか?

全員が泣きやむまでずっとあやし続けたり、ミルクを飲ませたり。

まともに睡眠をとることもできず、追い詰められた3つ子の母親(30)は、

生後11か月の次男を床にたたきつけて死なせてしまいました。

その行為自体は許されるものではありませんが、懲役3年6か月の実刑判決に対して、

大きな波紋が広がっています。

背景には、双子や3つ子を抱える「多胎家庭」では、

子育てがあまりにも過酷になるという現実があります。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190403/k10011870821000.html

この記事を読んでなんとも言えない気持ちになりました。

日本の少子化対策に必要なこと

日本 少子化 対策

今の日本の少子化対策に必要なことを個人的にまとめてみました。

国の手厚い支援

国の手厚い支援も少子化対策には必要だと思います。

国民も少子化や子育てに対する税金ってそこまで嫌だと思ったりしないと思うんですよ。

もっと予算を充ててほしいと思っています。

父親の協力

母親だけが子育てをするという文化はもう時代遅れだと思っています。

男性ももっと育児に参加するためには働き方も非常に大切になってくると思います。

必ずしも父親が手伝う必要はなく、子育ての悩みの聞き役になるだけでも

母親の孤立感は軽減されると思います。

社会のバックアップ

正直『子どもは社会みんなで育てるもの』だと思っています。

『産んだ親が悪い』『子供を産んだ親の自己責任』などと今の日本はこの感情が欠けていると思います。

母親の責任は重くて、運が悪ければ誰も助けてくれないというのは流石にどうかと思います。

もっと一人ひとりの優しさが少しづつあればもっと育てやすい環境ができると思います。

ベビーシッター制度

ベビーシッター制度も重要になってくると思います。

共働きが普通となっている現代では子供をベビーシッターに預けることも大切です。

フランスでは、政府の定める所定の研修を受けて認可される

「アシスタント・マテルネル」が25万人存在し、その利用者には3歳未満でおよそ4万8千円、

3歳以上でおよそ2万4千円の国からの補助があります。

日本の3つ子の母の過酷な育児に対してSNSの反応は?

まとめ

これは社会全体の問題だと思いますね。自己責任論で片付けるのは良くないです。

正直今の状況では子供を育てやすい環境だとは思いません。

日本の現状が変わらないのであれば、子供を育てやすい国に居住拠点を変えるのも考えたほうがいいですね。

それぐらい育てにくい社会だと個人的に思っています。

タイトルとURLをコピーしました