1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中

【必見】民間企業の平均年収441万円で6年連続で増加!?正社員と非正規雇用の平均年収の差は325万円に!?情報についてまとめてみた

民間企業 平均年収 441万円 6年連続 増加経済

民間企業の平均年収441万円で6年連続で増加!?正社員と非正規雇用の平均年収の差は325万円に!?

情報についてまとめてみました。

民間企業の平均年収441万円で6年連続で増加!?正社員と非正規雇用の平均年収の差は325万円に!?

民間企業 平均年収 441万円 6年連続 増加

民間企業の平均年収441万円で6年連続で増加しているようです。

また、正社員と非正規雇用の平均年収の差は325万円になっています。

以下は本文の引用文です。

サラリーマンなど民間企業で働く人の去年の平均年収が、

およそ441万円で、6年連続で増加したことが国税庁の調べでわかりました。

国税庁によりますと、去年1年間、民間企業で働いた給与所得者の平均年収は

およそ440万7000円で、前の年と比べて8万5000円増え、6年連続の増加となりました。

このうち、女性の給与所得者はおよそ2081万人で、平均年収はおよそ293万円と、

いずれも過去最高となりました。

おととしの税制改正により、

去年から配偶者特別控除の対象となる配偶者の合計所得金額が

76万円未満から123万円以下に拡大されたことで、

女性の就労者数や所得額が増えたものとみられます。

一方で、正社員と非正規雇用の労働者の平均年収の差はおよそ325万円で、

調査が始まった2012年から7年連続で拡大しています。(27日17:56)

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190928-00000009-jnn-soci

平均は信用ならないということは置いといて、

やはり、正社員と非正規雇用の平均年収差が広がっていることの方が重大だと思います。

ただ正社員だからといって安心はできないんですよね。

今後政府は同一労働同一賃金を実施しようと考えており、

大企業の5社に1社が正社員の基本給や賞与を減らす可能性があると言っています。

【若者絶望のお知らせ】同一労働同一賃金で大企業の5社に1社が正社員の基本給や賞与を減らす可能性がある!?情報についてまとめてみた
同一労働同一賃金で大企業の5社に1社が正社員の基本給や賞与を減らす可能性がある!? 情報についてまとめてみました。

益々労働者では食っていけなくなる時代が刻一刻と進められています。

民間企業の平均年収441万円で6年連続で増加!?正社員と非正規雇用の平均年収の差は325万円に対してSNSの反応は?

まとめ

収入に不安があれば、やはり自分で副業を始めたり投資をするしかないと思います。

実際文句だけ垂れているなら意味がないと思ってしっかりと行動に移した結果

今のところ良い形に進んでいます。誰も労働者で我慢しろってことはないですからね。

何時でも労働者を辞めて経営者や投資家になることって誰でもできるので。

あとは自分がどのような自分になりたいかだけだと思います。

タイトルとURLをコピーしました