1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中

【高齢者必見】かんぽ生命で認知症女性が月額25万円の保険契約!?保険業界の闇が深い!?情報についてまとめてみた

かんぽ生命 認知症女性 月額25万円 保険契約経済

かんぽ生命で認知症女性が月額25万円の保険契約!?保険業界の闇が深い!?情報についてまとめてみました。

かんぽ生命で認知症女性が月額25万円の保険契約!?保険業界の闇が深い!?

かんぽ生命 認知症女性 月額25万円 保険契約

以下は本文の引用文です。

昨年6月、山口県山陽小野田市の女性(71)宅を訪れた親族男性が、

郵便受けにあった2通の督促状を見つけた。送り主はかんぽ生命保険。

滞納分の保険料約42万円の支払いを求める内容だった。

女性は軽度の認知症を患い、小学校時代から引きこもりがちだった長男(42)と2人暮らし。

親族男性が女性宅を探すと、保険証書が次々と見つかった。

2017年5月に一度に5件、その後も契約を繰り返し、

1年間で11件の保険に加入させられていた。うち5件は、ほとんど同じ内容の終身保険だった。

女性の収入は年金など月約13万円。

保険によって死亡や入院時の保障が受けられるとはいえ、

月額保険料は支払い能力を大幅に超える25万円以上に上っていた。

「分からない。郵便局の人に任せているから」と女性。

通帳を確認すると、1年間で支払った保険料は200万円以上。

貯金残高は底をつき、かんぽ生命から保険を担保に75万円の貸し付けまで受けていた。

それでもすぐに残高不足に。そして督促状が届いた。

近くに住む次男(37)は郵便局に抗議したが、

担当者は「資産家だと思っていた」と釈明した上で

「さらに貸し付けを受ければ、お支払いできますよ」と開き直った。

半年間交渉した結果、かんぽ生命は昨年12月にようやく非を認め、全額返金に応じた。

女性の亡くなった夫は郵便局の配達員だった。

「郵便局員が人の財産を奪うようなことをするとは思わなかった。これは犯罪だ」。

次男の怒りは今も収まらない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190726-00010002-nishinp-bus_all

おそらくこの事例は氷山の一角ではないかと思っています。

全国各地で同じような手口で契約などしている可能性があるので注意する必要がありますね。

大企業でも利益のためならこのような詐欺に近いようなことを行っているということですよ。

本当に何が良くて悪いのかわからなくなりますね。

かんぽ生命で認知症女性が月額25万円の保険契約!?保険業界の闇が深いことに対してSNSの反応は?

まとめ

やはりお金を持っている層は高齢者なので言葉巧みに営業してきますよね。

もちろん保険営業マンがノルマなど大変なことも知っていますが、

何でも好き勝手やっていいかということは違うと思うんですよ。

正直こうした不祥事があると信頼を取り戻すのはかなりキツイと思いますね。

逆効果でしか無いと思います。

タイトルとURLをコピーしました