〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

【若者必見】多くのサラリーマンは残業よりも自由な時間を重要視している!?生活残業は既にオワコン!?情報についてまとめてみた

サラリーマン 残業 時間 経済

多くのサラリーマンは残業よりも自由な時間を重要視している!?生活残業は既にオワコン!?

情報についてまとめてみました。

多くのサラリーマンは残業よりも自由な時間を重要視している!?

サラリーマン 残業 時間

多くのサラリーマンは残業よりも自由な時間を重要視しています。

上の画像は残業に対する考え方になります。

これを見ると昔のほうが残業したいという人が多いのに対して、

今は残業は無いほうが良いという人が多いです。

今までの日本だと残業して給料を貰いたいという人が多かったですが、

今の時代残業代いらないから自由な時間がほしいという人が増えています。

残業が当たり前と考えるのは一種の洗脳!!

サラリーマン 残業 洗脳

残業が当たり前だと考えるのは一種の洗脳だと思っています。

そもそもテクノロジーの進化で自動化できる仕事は増えていますし、

働く時間に対して生産性が上がるという時代はもう既に終わっているんですよね。

そんな経営をしている経営者の下で働くのは良くないと思っています。

いかに時間内で同じように業務をこなせるかが生産性の向上に繋がると思っています。

さっさと仕事が終われば帰宅すればいいです。残業なんてしなくても。

生活残業は既にオワコン!?

サラリーマン 残業 時間

今の時代でも未だに『残業代でいくら稼いだ』という自慢している

サラリーマンとか電車乗ってたり居酒屋に行くといますね。すでにそんな人はオワコンなんですよね。

残業しなければ結果が出せないというのは生産性が低いわけなので。

残業ってはっきり言ってしまえば『自分の人生を会社に安く売り払ってること』に等しいと思います。

中には経営者の方でも残業が減れば生産性が下がると思っている方も多いと思います。

しかしそんなことは無いのです。

これまでも、残業をしすぎると健康に悪いことは誰もが経験則的に理解していたはずですが、

「労働時間減少=業績低下」という懸念が強く、

企業の自助努力に任せるだけでは抜本的な変化は起こせませんでした。

しかし実は、そんな前途に光明を見出せそうなデータもあります。

経団連が国内の400社を対象に行った調査によると、

経常利益が増加している企業の時間外労働は2015年に年間259時間だったのが、

2017年には255時間と減少傾向にあります。

利益を増やしている企業でも、少しずつですが残業を減らしているのです。

http://agora-web.jp/archives/2038257.html

今の時代は働けば働くほど損をする時代だと思っています。貴重なのはお金よりも自由な時間です。

自由な時間があれば、

資格を取ること、スキルを身につけること、本を読むこと、家族と時間を過ごすことなど

色々な大切なことに時間を割くことができます。

多くのサラリーマンは残業よりも自由な時間を重要視していることに対してSNSの反応は?

まとめ

サラリーマンで残業している方は早く生産性を高めて残業しないようにしましょう。

その方が家庭も円満ですし、空いた時間に副業やスキルアップに時間を割けば、

転職してさらに高い給料の会社に働けますからね。残業を強要するような会社はオワコンですから。

タイトルとURLをコピーしました