FX-EA System Project
FX-EA System Project

【若者必見】日本で効率化が進まない6個の理由についてまとめてみた

日本 効率化 できない 理由 大学生&社会人

今回は、日本で効率化が進まない6個の理由についてまとめてみました。

日本の効率化が進まない

日本 効率化 できない 理由

日本の効率化が進んでいないです。

現在日本が抱える問題の1つに少子高齢化があります。

この問題を解決するためには

・少人数でも経済が回るように労働を効率化する

・さらに労働者を長時間かつ安い賃金で働かせる

という2つの選択肢があったとおもうのですが、

現在は、高度プロフェッショナル制度や働き方改革で後者を政府は選択しました。

本来は効率化を図るべきなのになぜ効率化が進まないのかを私なりに記事にしてまとめてみました。

日本で効率化が進まない理由1:ICTを活用できてない

日本 効率化 できない 理由

ICTを活用できてないんですね。

ツイッターで面白い投稿があったのですが、

配送ルートを何日もかけて自分の頭で記憶してきた年配社員と

GoogleMapを使い配送ルートを1日で覚える新入社員の話でした。

日本の人口上年配の方が多くなるので、こうした効率化を図る便利なものがあっても

使いこなせる人が少ないというのが問題です。

これとかもIT会社なのにPDFの請求書ができないとかもうどうなっているんだって話です。

日本の企業のビジネスICTツールの導入の現状ですが、

日本 効率化 できない 理由

勤怠管理ツールでさえ、4社に1社もないという現状です。

https://www.landerblue.co.jp/blog/?p=40753

日本で効率化が進まない理由2:形式主義

日本 形式主義

日本は形式主義が多いんですよね。

これとかほんとにぐさっと刺さりましたよ。

やったつもりとか長時間頑張っていることが評価されるので全く結果を見ようとしないんですね。

ハッキリいましょう。こんなことは頑張っているフリにしかすぎないんです。

もっと成果に対して評価するべきだと思います。

日本で効率化が進まない理由3:メモ文化

日本 メモ 就活

まじめにメモ文化もほんとに無駄だと思います。

メモを取ることが大切なのであれば記録する媒体は何でもいいはずです。

逆に、メモを取る行為が大切なのであれば相槌で話を聞いていればいいわけです。

これも形式主義の一環なんですが、本当に無駄ですよね。

私はメモ取るよりもタイピングのほうが早いです。

日本で効率化が進まない理由4:楽することが悪いと思っている

日本 効率化 できない 理由

日本では楽することが悪いと思っている人が多いです。

苦労してなんぼ、我慢してなんぼという文化というか風習がありますよね。

私は、楽をすることは手抜きではないと思います。

どうすれば楽にできるか、負担が少なくなるか、考えて実行することは

手を抜いてできることじゃないんですよ。今をより良くしようと思うからできることなんですね。

むしろ足を引っ張っている人のほうが会社単位や社会単位で見たら悪だと思います。

日本で効率化が進まない理由5:無駄なマナー文化

日本 効率化 できない 理由

日本って本当に無駄なマナー文化があります。

・乾杯のビールは相手より低くする

・お茶を出されても勧められるまで飲まない

・暑くても勧められるまでジャケットを脱がない

などと、本当にそれでどれだけ仕事が捗り成果が出るの?って思ってしまいます。

日本で効率化が進まない理由6:通勤時間

日本 効率化 できない 理由

日本の通勤時間は労働生産性を下げています。

40代前半の男性380万人の通勤時間の総計を計算すると、623万5000時間。

これに平均時給2730円をかけると約170億円。

男女の全年齢で計算すると1423億9000万円になります。

試算損失額は1日あたり1424億円です。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/11424.php

まとめ

日本にはまだまだ無駄なことをやっている会社や方針やルールがあります。

こうした文化を見直すことで効率化が図れるのではないかと思います。

少なくともこんなことは昔からわかっていたことなのに、

先送りにして今あたふたしているだけだと思います。

とにかくこんな無駄なことやっている以上効率化はできないないですし、

時間も労力ももったいないので副業して独立して自由に働くことを私はオススメしています。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE