〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

【若者絶望のお知らせ】勤労統計の不適切な統計データが15年前から使われていた可能性が!?情報についてまとめてみた

勤労統計 不適切調査 15年 経済

今回は、勤労統計の不適切な統計データが15年前から使われていた可能性が!?

情報についてまとめてみました。

国の発表するデータは信用ならない件について

勤労統計 不適切調査 15年

国の発表するデータは信用ならないですよね。

騙せたらそのままそのデータ使ってバレても責任取らないなんて本当にどうしようもないです。

今回は勤労統計の不適切な統計データが15年前から

使われていた可能性があったということについてです。

勤労統計の不適切な統計データが15年前から使われていた可能性が!?

勤労統計 不適切調査 15年

以前紹介した勤労統計対象企業の一部のみ抽出していた件ですが、

【若者絶望のお知らせ】厚生労働省の発表している勤労統計は対象企業の一部のみ抽出していた!?情報についてまとめてみた
今回は、厚生労働省の発表している勤労統計は対象企業の一部のみ抽出していた!? 情報についてまとめてみました。

勤労統計の不適切な統計データが15年前から使われていた可能性があるようです。

ちなみにこの勤労統計は

・GDP

・雇用保険、労災保険などの給付額

・高度プロフェッショナル制度の年収要件

などの毎月勤労統計を基礎に決められている重要なデータなんですよね。

以下は本文の引用文です。

賃金や労働時間についての国の調査が本来と異なる手法で行われていた問題で、

不適切な調査が15年前から行われていた可能性があることが、

政府関係者への取材でわかりました。

この調査は「毎月勤労統計調査」と呼ばれているもので、

賃金や労働時間について、厚生労働省が毎月、全国の事業所を対象に行い、公表しています。

この調査をめぐっては、

従業員が500人以上の大規模な事業所については

すべて調査することになっていたにもかかわらず、

都内ではおよそ3分の1を抽出して行っていたことが明らかになっています。

政府関係者によりますと、この問題のいきさつを調べたところ、

15年前の平成16年から同様に抽出する方法で調査が行われていた可能性があるということです。

また、この調査の結果を利用して算出している、

雇用保険の失業給付や労災保険の給付額について、

本来支払うべき金額よりも少なく支給していたおそれがあるということです。

厚生労働省は、さらに問題のいきさつや影響について調べるとともに、

保険の金額について少なく支払われていた場合にはさかのぼって

支給する方向で検討を進めています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190109/k10011772031000.html

勤労統計の不適切な統計データが15年前から使われていた可能性に対してSNSの反応は?

まとめ

結局この問題も誰も責任取らないんですよね。

国のデータが当てにならないのでメディアに踊らされないように気をつけなければなりませんね。

タイトルとURLをコピーしました