FX-EA System Project
FX-EA System Project

【学生必見】経団連の中西会長が就活ルール廃止に言及!?今後の日本の就職活動のあり方が変わる!?情報についてまとめてみた

日本 大学生 就活ルール 廃止 大学生&社会人

今回は、経団連の中西会長が就活ルール廃止に言及!?今後の日本の就職活動のあり方が変わる!?

情報についてまとめてみました。

日本の就職活動が変わる可能性が

日本 大学生 就活ルール 廃止

日本の就職活動が変わる可能性がでてきましたね。

今回は就活ルール廃止についてご紹介していきたいと思います。

経団連の中西会長が就活ルール廃止に言及!?

日本 大学生 就活ルール 廃止

経団連の中西会長が就活ルール廃止に言及しているようです。

以下は本文の引用文です。

経団連の中西宏明会長は3日に開いた記者会見で、

就職活動の採用面接を解禁する時期などを定めた「就活ルール」の廃止に言及した。

「経団連が採用の日程に関して采配すること自体に極めて違和感がある」と述べた。

経団連がルールをなくせば自由な採用活動が一段と広がり、

新卒一括採用を前提とする雇用慣行の転機となる可能性がある。

経団連は会員企業が新卒採用する際に参考とするルールとして

「採用選考に関する指針」を定めている。現行のルールでは、

2020年春入社の学生までは前年の6月1日に採用面接を解禁し、

10月1日に内定を出すという日程を示している。

21年以降のスケジュールは決まっていない。指針には会員企業に対する拘束力はない。

中西氏は3日の会見で21年以降を対象としたルールの策定状況を問われ

「日程だけの問題じゃない。何月解禁とかの議論を経団連がするのはやめたい」と述べた。

そのうえで「経団連としてまだ決めていないが、困ると言ってくる人がいないので、

個人的に(廃止と)思っている」と語った。

就活ルールについては、自由な採用活動に縛りを設けたくない企業と、

学生への影響を心配する大学側との調整が続いてきた。

現在は面接を6月に解禁しているが、多くの企業は早期に事実上の採用活動を始めている。

経団連に参加していないベンチャー企業などは有望な学生を早期に囲い込み、

ルールが形骸化しているとの指摘は多い。

経団連は榊原定征前会長だった18年3月に、

21年春入社以降の学生を対象とする新しい就活ルールの策定に着手した。

就活の現状に合わせて解禁時期を3月に前倒しし、

会員企業の一部にある早期化の意見に配慮することなどを検討していた。

新しいルールは今秋に公表する予定としていた。

ただ、経団連が定める採用面接の解禁時期は変更が重なり、学生の混乱を招いてきた。

特に面接の解禁を8月にした16年卒の学生は長期の就活を迫られ、

翌年には6月に前倒しした経緯がある。

大学側は採用面接が現状の6月よりも前倒しされることには心配が多い。

就活の長期化や早期化が進めば学生が勉学に充てる時間が削られてしまうためだ。

日本私立大学団体連合会(私大団連)は6月下旬に、

21年春入社の学生について企業説明会を3月、

採用面接を6月解禁とする経団連の指針を堅持すべきだとする考え方を公表している。

一部の企業は3年生を対象とするインターン(就業体験)を、

採用選考の入り口としている。

就活が事実上、3年生の夏には始まり、一段と長期化しているのが実態と言える。

世界で人材獲得競争が激化し、

国内の人口減への対応などから企業の採用活動の自由度を高める必要性は増している。

中西氏は会見のなかで、学生を新卒で同時期に一括で採用し、

ひとつの企業のなかでキャリアを積んでいくことを前提とした

日本型の雇用慣行を見直す必要性にも触れた。

中西氏は「いまの一括採用のあり方などについての問題意識は共有する経営者も多い」とも話し、

企業の人材確保の姿について今後議論を詰める考えを示した。

企業が自社の戦略としてより自由に採用活動を繰り広げられるような

考え方が示される可能性もありそうだ。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34913280T00C18A9EA1000/

現在の就活ルール廃止になるとどうなるのか?

日本 大学生 就活ルール 廃止

現在の就活ルール廃止について学生側と企業側目線で話をしていきたいと思います。

どちらも共通して言えるのが、学生側も企業側も自分自身で考えて動くことが求められます。

学生側

大学生などの学生は就職活動の時期がいつでもよくなるので、

早いうちから情報やイベントなどに参加することが可能です。

しかしその反面大学という学問を学ぶための機関としての役割が薄れていき、

何のために大学に行くのかを考える必要が出てきますね。

また、早い段階から就職活動を自発的にできる学生とそうでない学生で差が生まれるので

益々自発的に行動できる学生が重要になっていきます。

企業側

就活ルール廃止伴い、これからはインターンシップ制度が充実してくる可能性が高いです。

また、学生の採用活動にも企業が横並びではなく各々のカラーを出した人材募集を行うので

今までのような横並びでヨーイドンで集めていた企業は人材を集めにくくなります。

とにかく早いうちから学生にアプローチをどれだけかけられるかが重要になりそうですね。

日本の大学の学費の高さと給付型奨学金の少なさについて

日本 大学 学費 高い

日本の大学の学費の高さと給付型奨学金の少なさです。

日本の若者に対する教育やお金の使われ方が全くされていないように思えますね。

日本の新卒一括採用も時代遅れ

日本 大学生 就活ルール 廃止

日本の新卒一括採用も時代遅れだと思うので廃止していいと思います。

学生の本業は勉学であるので、しっかりと4年間研究や好きな勉強を行い

就職活動ができるような構造を目指すべきだと思います。

今の大学生のほとんどは、

大学=就職活動をする場所

になっており、勉強・研究をする場所ではないんですよね。

新卒一括採用って世界で日本だけなんですよね。

そもそも採用時の年齢差別は違法なんですよね。

日本自体も法律絵禁止されていますが、厚生労働省が適用除外にしているだけです。

つまり、世界的に見ても新卒一括採用ってかなり異色な採用活動ってことです。

まとめ

就活ルール廃止でまた学生、企業は動き方が変わるでしょうね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE