FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】日本で仮想通貨のバブルがこれから始まる3つの理由についてまとめてみた

日本 仮想通貨 大国 仮想通貨

今回は、日本で仮想通貨のバブルがこれから始まる3つの理由についてまとめてみました。

日本で仮想通貨のバブルがこれから始まる理由1:日本はキャッシュレス社会を推進させようとしている

日本 仮想通貨 キャッシュレス

日本はキャッシュレス社会を推進させようとしています。

キャッシュレス社会は中国では今はもう当たり前のように進んでいますが、日本ではまだ現金での支払いが一般的ですが、

官民一体でキャッシュレス推進しようとしています。

また、キャッシュレスによる経済効果は10兆円だと言われています。

キャッシュレスになるということは、もちろんクレジットカードやApple Payなどもありますが、

仮想通貨の普及する可能性も大いに考えられます。

以下は本文の引用文です。

経済産業省は、現金を使わないキャッシュレスを進めるため、官民一体の協議会を設立する検討に入った。

キャッシュレス化を通じて経済を活性化させる狙いがある。

経産省が全国銀行協会などに参加を呼びかけた。

銀行やクレジットカード業界のほか、情報技術(IT)を活用した金融「フィンテック」業界が加わる方向。

設立時期は6月をめどに調整しており、具体的な進展策などを協議する。

キャッシュレス化が進めば、銀行や商業施設は現金を取り扱う手間が省け、その分のコストを削減できる。

完全に移行した場合、国内での経済効果は10兆円に上るとされる。

一方で、日本は現金志向が強く、欧米や中国などに比べ、キャッシュレス化が遅れている。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180407-OYT1T50017.html 

日本で仮想通貨のバブルがこれから始まる理由2:日本の企業はブロックチェーン導入を考えている

日本 企業 ブロックチェーン 導入

従業員500人以上の日本企業の42.6%が、ブロックチェーンを検討&取り組み中と回答しています。

以下は本文の引用文です。

デジタル・ビジネスの実現に向けた新しいテクノロジ群の中でも、

ブロックチェーンは、低コストで信頼性の高いやりとりを可能にしようとする点において、

他の新しいテクノロジ、例えば人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、先進的なアナリティクスとは性質がまったく異なる。

ブロックチェーンは、将来社会を変貌させ、企業活動に大きな影響を及ぼす可能性を秘めていることから、

企業によるブロックチェーンの検討が広がっている。

従業員数500人以上の日本企業を対象として2018年2月にガートナーが実施したブロックチェーンへの取り組み状況に関する調査の結果、

42.6%の企業が、調査など初期的なものも含め、ブロックチェーンに何らかの形で取り組んでいることが明らかになった。

一方、取り組んでいないと回答した企業は39.4%であり、その他/分からないと回答した企業は13.4%という結果になった。

https://enterprisezine.jp/article/detail/10584

つまり、今後日本の企業でもブロックチェーンを活用したビジネスが進んでいく可能性が考えられます。

日本で仮想通貨のバブルがこれから始まる理由3:日本は2020年オリンピックに向けて仮想通貨の普及を考えている

日本 2020年 オリンピック 仮想通貨

2020年に行われる、東京オリンピックに向けて日本も海外観光者向けにキャッシュレスなどを導入しようと考えています。

海外のインバウンドを狙っているので、仮想通貨の導入は間違いなく進んでいくと思います。

日本は仮想通貨大国になれるかどうかでフィンテック市場で勝てるかどうかが別れる

日本 仮想通貨 大国

日本は仮想通貨大国になれるかどうかでフィンテック市場で勝てるかどうかが別れると思います。

ですが、日本は現在コインチェックのハッキング騒動から金融庁がガチガチな規制などを行っているので、

規制緩和と税制の問題をうまく調整することで日本は仮想通貨大国になれますが、もしこれがうまくいかなければ

衰退は間違い無いと思います。

まとめ

日本はどちらにしても、仮想通貨を普及させる方向性はあります。

なので、規制や税制などをうまく行っていけば、これから仮想通貨のバブルも日本主体で行われると思います。

なので、悲観することなくこれからの仮想通貨の未来を一緒に見ていきましょう。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE