FX-EA System Project
FX-EA System Project

【衝撃】上場初日で時価総額6位になった仮想通貨「IOTA(アイオータ)」についてまとめてみた

IOTA 仮想通貨 仮想通貨

どうも、今回は上場初日でなんと、仮想通貨の時価総額ランキング6位になったことがある仮想通貨

IOTA(アイオータ)についてまとめていきたいと思います。

IOTA(アイオータ)とは?

IOTA(アイオータ)は2016年に開発され、2017年に上場しました。

最近巷で流行りのIOT(モノのインターネット)に導入することを目的に開発された仮想通貨になります。

IOTとは?

IOTとはInternet of Thingsの略でモノのインターネットと言われます。

モノのインターネットといってもわかりづらいですが、モノがインターネットに繋がることをいいます。

家電などをイメージして考えるとわかりやすいと思います。

テレビやエアコンなどインターネットに繋がった家電が登場していますが、

それらはIoT家電になるわけなんですね。

ただこのIOTにも問題があります。

それが、コストとセキュリティです。このコストとセキュリティを解決するのがIOTA(アイオータ)ということです。

非常に産業としてはIoTをかなり推しているのでIOTA(アイオータ)自体も追い風状態であります。

IOTA(アイオータ)の特徴は?

IOTA(アイオータ)はブロックチェーンの仕組みではなく、

Tangleという技術が使われています。

Tangleは、有向非巡回グラフを利用し、ブロックチェーンのようにコンセンサスが分断することがありません。

マイニングをする必要がないので送金の手数料がかからない点や高いセキュリティを実現ができます。

IOTA(アイオータ)を実際のIOTデバイスに接続することで、

スムーズな料金支払が行えデータをデバイス間でセキュアにやり取りすることができます。

IOTの課題であるコストとセキュリティを解決する可能性があると期待されています。

非常に産業と結びついた仮想通貨であることがわかります。

より身近にある家電などが今後もしかするとこのIOTA(アイオータ)の技術を取り入れる可能性もありますよ。

IOTA(アイオータ)は上場後、いきなり時価総額10位にランクイン

これは、正直驚きましたがIOTAは上場後、いきなり時価総額10位にランクインしました。

メジャーな仮想通貨を一気に抜き去り、

聞いたことのないIOTA(アイオータ)という仮想通貨が登場したので驚いた方も多かったと思います。

IOTA(アイオータ)は当初と比べると価値が約500倍になっているので、

ICOに参加していた場合は相当な利益が出ていますね。

IOTA(アイオータ)の公式サイトは?

IOTA(アイオータ)の公式サイトは下記のリンクなります。

https://iota.org/

IOTA(アイオータ)のホワイトペーパーは?

IOTA(アイオータ)のホワイトペーパーは下記のリンクなります。

https://iota.org/IOTA_Whitepaper.pdf

IOTA(アイオータ)の扱える取引所は?

扱っている取引所は香港のBitfinexのみです。

扱っている取引所は僅か1社でここまでの上昇になったことから、相当な期待ができます。

まとめ

今回の仮想通貨はより現実社会に結びついたものです。

つまり、仮想通貨と言っても、今後自分たちの身の回りに変化を及ぼす可能性があるわけなんですね。

ただ難しいから理解しなかったり、危険だから怪しいからという理由だけで目をそらせば

今後その人たちは世界から取り残されていくと思います。

なので、このブログでも仮想通貨の記事をより多く発信しているのでぜひチェックしてください。

 

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE