FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】個人と機関の自己統治型アイデンティティーを実現するブロックチェーン・エコシステムの仮想通貨「Usechain(UST)」についてまとめてみた

Usechain(UST) ICO ICO

今回は、個人と機関の自己統治型アイデンティティーを実現するブロックチェーン・エコシステムの仮想通貨

「Usechain(UST)」についてまとめてみました。

Usechain(UST)とは

Usechain(UST) ICO

Usechain(UST)とは、個人と機関の自己統治型アイデンティティーを実現するブロックチェーン・エコシステムの仮想通貨です。

Usechain(UST)は、実世界のアイデンティティーに基づくパブリック・ブロックチェーンのエコシステムを構築するために、

革新的な技術とオフチェーンのアイデンティティー融合を目指しています。

Usechain(UST)では、アイデンティティー・マッピングを行うことで、金融機関の重要なKYC基準を満たすことができ、

「あなたは誰」から「あなたにできること」に向け、そのエコシステム外にあるアプリケーションに対応することがさらに可能になる。

これによりアイデンティティー保証のコストも大幅に減り、金融業界を変革する。

Usechain(UST)は、セキュリティーを維持しながら、匿名による不信感という現在のブロックチェーン・プロジェクトにおける課題を解決します。

デジタル世界に求められる証明書のあり方について

Usechain(UST) ICO

音楽や出版物やお金など、私たちにとって身近なモノが次々とデジタル化され、

店舗での対面販売も減り、デジタル世界だけで物事が完結するケースが増えてきています。

書籍を例にあげると、以前は書店に足を運び、本を手にとって中身を確認し、レジで現金を支払っていましたが、

最近では、インターネット上で欲しい書籍を検索、サンプルページなどで中身を確認し、クレジットカード番号を入力。

その書籍自体も電子出版物なのでiPodやkindleで読んだしています。

そんなデジタル化が進んでいる現代においても、いまだに運転免許証やパスポートなどで本人確認している状況が存在しています。

インターネットが当たり前となった昨今、デジタルの世界ではDigital Identityつまり、認証技術が非常に重要になってきています。

Digital Identityは、人・デバイス・サービス等、属性情報の集合であるため、収集する情報の信頼性、情報管理ポリシーなどは高い水準が求められます。

より厳しい本人確認プロセスを設けている金融機関への期待は大きいと思われます。

Usechain(UST)の特徴

安全で信頼できるインフラ

プラットフォームは、唯一のアイデンティティマッピングに焦点を当てたセキュアなインフラストラクチャを使用しているため、

アイデンティティを必要とするシナリオへの適用が向上します。

パブリック参加

プラットフォームは世界中のすべての人の参加をサポートします。

Usechain(UST)は、低リソースと低エネルギー消費を使用できるため、モバイルデバイスでもマイニングをサポートします。

低エネルギー消費

プラットフォームのアイデンティティマッピングの特徴により、

Bitcoinのハッシュパワーへの依存を減らし、エネルギーとコンピューティングリソースの消費を減らすことができます。

ハイパフォーマンス

プラットフォームは、世界的なコミュニティがエコシステムを開発するのを助けるために最高品質のリソースを入力します。

これにより、アプリケーションプラットフォームと主要企業が一体となります。

Usechain(UST)の技術

Usechain(UST) ICO

世界クラスの技術チームが設計したUsechain(UST)は、

アイデンティティーにおける合意形成を変革した独自の「Randomized Proof of Work」(RPOW、無作為のプルーフ・オブ・ワーク)と

多層シャーディング・ネットワークとを融合することで、拡張性とセキュリティーの均衡を実現し、トランザクションを安全で効率化します。

実世界のアイデンティティーはプライバシー保護のために暗号化され、法的保証のためにマッピングされます。

Usechain(UST)のトークン

すべての参加者がコミュニティ全体の構築に関与する機会を与えることです。

このトークンは、プラットフォームのコミュニティの開発者や支持者に報酬を与えるとともに、生態系全体の成長を可能にするためにも使用されます。

USTでは、トークンを保持するすべての参加者がDapp(分散アプリケーション)を使用できるようになります。

トークン販売から取得した資金は、

人件費、会社運営、マーケティング、プラットフォーム開発、顧問コンサルティング、リスクファンド、法令遵守の分担部分で使用されます。

Usechain(UST)のICO

名前:Usechain

シンボル:UST

トークンのタイプ: ERC20

資金調達目標: 32,100,000 USD(4,500 BTC)

合計トークン: 2000000000

Usechain(UST)の公式サイト

Usechain(UST)の公式サイトは下記のリンクになります。

http://www.usechain.net/

Usechain(UST)のホワイトペーパー

Usechain(UST)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

http://www.usechain.net/usechain_en.pdf

まとめ

Usechain(UST)のようなデジタル認証技術は非常に今後重要になっていくと思います。

未だに本人確認が運転免許証や保険証なんてアナログですからね。

よりスマートな時代がやってくると思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE