FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】グローバルなシェアリングエコノミーのための公共インフラブロックチェーンの仮想通貨「UChain(UCN)」についてまとめてみた

UChain(UCN) ICO ICO

今回は、グローバルなシェアリングエコノミーのための公共インフラブロックチェーンの仮想通貨「UChain(UCN)」についてまとめてみました。

UChain(UCN)とは

UChain(UCN) ICO

UChain(UCN)とは、グローバルなシェアリングエコノミーのための公共インフラブロックチェーンの仮想通貨です。

UChain(UCN)は他のシェアリングエコノミー企業と並び、信頼とデータ濫用の問題を解決するために、

基盤となるブロックチェーンネットワークを構築を目指しています。

UChain(UCN)によって提供されるAPIとSDKを活用することで、シェアリングエコノミーの企業は独自トークンを発行することができ、

UChain(UCN)のネットワーク上にアプリケーションを構築して、良い自立型シェアリングエコノミーエコシステムを作り上げることが可能です。

また、UChain(UCN)のコンセンサスアルゴリズムにはRippleのアルゴリズムを導入します。

シェアリングエコノミーとは

UChain(UCN) SharingEconomy(シェアリングエコノミー)

シェアリングエコノミーとは、個人などが保有する遊休資産を、

インターネット上のプラットフォームを介して他の個人などが必要なタイミングで利用することを可能にする経済活動の総称です。

遊休資産とは活用されていない資産のことで、

場所:宿泊施設や会議室、駐車場など

移動手段:自家用車や自転車など

モノ:家電や衣服など

プロフェッショナルスキル:プログラミングや翻訳など

スキルや労働:家事やベビーシッターなど

クラウドファンディング:Peer to Peer(PtoP)型資金調達

などが挙げられます。

具体的には、AirBnBやUBERなどはシェアリングエコノミーになります。

UChain(UCN)の特徴

・グローバルなシェアリングエコノミーのための公共インフラブロックチェーンの仮想通貨

・シェアリングエコノミーの取引コストや信用や悪用などを解決する

・コンセンサスアルゴリズムにはRippleのアルゴリズムを導入

・スマートコントラクトを活用したP2Pネットワーク

・暗号化されたデータは、データセキュリティを向上させるためにさまざまなノードに細断して格納します。

・効果的にユーザーの行動を記録する独自の信用格付けアルゴリズムでクロスアプリケーションが存在する。

・UChain(UCN)エコシステムは、ユーザーと企業の両方の参加と関与を高めます。

UChain(UCN)のエコシステム

UChain(UCN) ICO

UChainエコシステムは、ユーザー、および開発者を動かす主な役割は2つあります。

ユーザー

ユーザーは、サービスユーザー、独立したサービスプロバイダー、エンタープライズサービスプロバイダーに分類できます。

UChain(UCN)でサービスを使用または提供します。

開発者

独立した開発者またはUChain(UCN)の基盤開発者は、UChain(UCN)のインフラストラクチャを作成および維持します。

ユーザーと開発者はお互いに相互作用し、UChain(UCN)をより良い生態系にするために独自の価値を確立します。

UChain(UCN)のICO

名前:UChain

シンボル: UCN

トークンのタイプ: ERC20

資金調達目標: 25,300,000 USD(42,000 ETH)

トークンセールのために利用可能: 40%

UChain(UCN)の公式サイト

UChain(UCN)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://uchain.world/

UChain(UCN)のホワイトペーパー

UChain(UCN)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://uchain.world/css/img/pdf/uchain-whitepaper-dbe5656d6c.pdf

まとめ

UChain(UCN)のシェアリングエコノミー自体は良さそうですが、上場後に買えれば買おうかなと思っています。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE