FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】Cardano(カルダノ)のブロックチェーンを使う仮想通貨「traxia(トラクシア)」についてまとめてみた

traxia(トラクシア) ICO ICO

今回は、Cardano(カルダノ)のブロックチェーンを使う仮想通貨「traxia(トラクシア)」についてまとめてみました。

traxia(トラクシア)とは

traxia(トラクシア)は、貿易金融を混乱させるブロックチェーンソリューションの仮想通貨です。

任意の日に売掛金に43兆ドルがあり、銀行の唯一のものが現金流動性で3兆ドルを提供し、この市場潜在力を利用しています。

Traxiaエコシステムにより、短期資産はデジタル化され、トークン化され、最終的に分散型市場で取引可能になります。

Traxiaは、売り手が請求書をアップロードし、バイヤーが秘密鍵で承認し、発行者がそれをスマートな契約書に記入し、

流動性プロバイダが現金流動性を分配し、上場会社が市場を管理し、投資家が新しく作成されたデジタル資産を取引するシステムを想定しています。

また、この

 

Cardano(カルダノ)とは

Cardano(カルダノ)については、下記の記事を参照してください。

traxia(トラクシア)の特徴

・貿易金融を混乱させるブロックチェーンソリューションの仮想通貨

・Cardano(カルダノ)のプラットフォームを使用している

・Emurgo(エマーゴ)が投資をしている

traxia(トラクシア)はEmurgo(エマーゴ)のビジョンとマッチしている

traxia(トラクシア) ICO

traxia(トラクシア)は貿易金融をブロックチェーンで問題解決する仮想通貨ですが、

Emurgo(エマーゴ)のサイトには、この貿易金融の項目があります。

つまり、投資したのもCardano(カルダノ)のビジョンを引き継いでいる感じになります。

逆に言えば、Emurgo(エマーゴ)に記載されている分野はCardano(カルダノ)のブロックチェーンを使ったICOが続々出る可能性はありますね。

https://emurgo.io/home-ja/

traxia(トラクシア)の開発チームLiqEaseとは

LiqEaseのコアチームは、大企業向けまたは独立したデジタルプロジェクトの立ち上げと実行に深い専門知識を持っています。

チームは、デジタルプラットフォーム、Fintech、FMCG、サプライチェーン管理、ソフトウェアエンジニアリングなどのさまざまな分野でさまざまな知識を収集しています。

https://blog.traxia.co/the-traxia-who-is-who-110b3acd1d9f

traxia(トラクシア)のICO

トークン:TMT

価格:1 TMT = 0.15 USD

購入方法:ETH、ADA

プラットフォーム:Ethereum、Cardano

投資開始日:2018年2月25日

 

traxia(トラクシア)のTMTトークンとは

Traxia Membership Token(TMT)とは、Traxia Foundation(スイスの法律)によって発行されたユーティリティトークンで、私たちの生態系にアクセスします。

発行会社が新しい請求書をシステムに追加するたびに、アクセス料を決済するために取引所でTMTを購入する必要があります。

traxia(トラクシア)の公式サイト

traxia(トラクシア)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://www.traxia.co/

traxia(トラクシア)のホワイトペーパー

traxia(トラクシア)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://docs.wixstatic.com/ugd/baba69_30f719c55f344ab7ae44715a4d287811.pdf

まとめ

traxia(トラクシア)はCardano(カルダノ)のブロックチェーンを使うようなので、KYCだけは済ませておきました。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE