FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】ブロックチェーンで複数の種類の金融資産を取引するための世界有数のプラットフォーム「Trade.io」についてまとめてみた

Trade io ICO ICO

今回は、ブロックチェーンで複数の種類の金融資産を取引するための世界有数のプラットフォーム「Trade.io」についてまとめてみました。

Trade.ioとは

Trade.ioとは、既存の金融エコシステムを壊し、市場を民主化する革新的な新しいブロックチェーン取引プラットフォームです。

ピアツーピア型プラットフォームで広範な資産の取引に対応すると共に、2017年11月7日に開始するプレICOを皮切りに、独自の暗号通貨「Trade Token」も発売します。

簡単に言えば、「ブロックチェーンテクノロジーに基づいた次世代金融機関」です。

このプラットフォームは、金融市場における既存の現状を「取引と資金調達の新しい時代を導く」ことを妨げるために作成されました。

Trade.ioはスイスのツークにある開発者チーム(クリプトバレーとしても知られています)によって作られています。

最初の目標は、ブロックチェーンテクノロジをベースにした暗号資産の取引および金融プラットフォームを作成することです。

しかし、長期的な目標は、貴金属、石油、コモディティ、インデックス、グローバル株式などの為替相場とCFDを提供することです。

開始時には、プラットフォームは120以上の取引が可能であると予想しています。

ちなみに、Trade.ioは、20年以上の国際ビジネス経験を持つ起業家であるJim Preissler(CEO)によって率いられ、プライベート・エクイティと投資銀行業務を深く熟知しています。

同社はスイスのツーク、クリプトバレーに本社を置いています。それは2017年に設立されました。

期待できるICOかなと思います。

Trade.ioの機能

Trade.ioは、株価指数、コモディティ、株式、金属、およびエネルギーに関する仮想通貨、外国為替ペア、CFD を含む 120以上の異なる金融商品の取引を予定しています。

プラットフォームの主な機能には以下のものが含まれます:

・ブロックチェーン技術に基づいて複数の金融資産を取引するための最先端のプラットフォームになる

・伝統的な企業が暗号コミュニティから資金を調達するための主要な交換

・アドバイザリー・コストを削減して投資銀行業務を円滑に進めるための最も費用対効果の高いプラットフォーム

・TradeToken保有者の利益のためにTradeToken保有者からなる最大の取引流動性プール

・トレードトークン(プラットフォームのビルトイン通貨)は、時価総額に基づいて上位5つの暗号資産に含まれます

Trade.ioの特徴

・Blockchain Technology:ブロックチェーンを通じて完全な透明性を保証するために、クライアントアカウント内のすべてのトランザクションの不変レコードを提供します。

・流動性プール:マージンファイナンスや取引収益など、複数の透明な収益源が利用可能です。

・インベストメントバンキング:資金を調達し、Trade.io取引所に上場する際に新規および既存のファンドを支援する。

・毎日の配当:流動性プールの参加者は、デジタルウォレットに直接支払われる日々の配当に、金銭的および暗号的通貨で参加することができます。

・摩擦のないユーティリティトークン:Trade.ioプラットフォームは、共有流動性プールの交換および参加に使用されるTradeToken(TIO)を使用します。

・経験豊富なチーム:fintech、投資銀行、ブロックチェーン、取引スペースの経営陣と顧問を熟練。

Trade.ioの技術

・WEB 2.0レイヤー

Web 2.0レイヤーコンポーネントはC# .Net./Javascript/CSS/HTMLを基盤に構築されており、チャート作成機能、テクニカル分析、スクリプト言語などが含まれています。

このレイヤーでの取引執行速度は、C++で記述されるアダプタを通じて、10ミリ秒まで短縮可能です。

・クラウドデータストレージ

Web 2.0レイヤーは、Azureクラウドプラットフォームでホストされる、IPFS/ SWARM、BigchainDB/IPDB、Web 2.0テクノロジーを組み合わせたファイルとデータ用ストレージです。

・ブロックチェーンファブリック

trade.ioのシステムでは、P2P取引プラットフォーム向けにイーサリアムのメインネットとRaidenネットワークを採用。

「静的チャネル」を介して1秒あたり100万伝送を達成し、大半のブロックチェーンアプリケーションが抱える拡張性という問題の解消を目指します。

Trade.ioのビジョン

Trade.ioは、投資家が異なる金融資産を売買できるブロックチェーンベースのプラットフォームを構築することにより、金融取引の世界を混乱させることを目指しています。

Trade.ioの他のICOとの相違点

・分散型流動性プール

・ブロックチェーンのP2P技術分野での経験

・120を超える対応商品

・投資銀行規制に準拠

Trade.ioには同社技術の活用や、同社取引所でのICOやIPOを目論む早期導入者が集まっている!!

Trade.ioには同社技術の活用や、同社取引所でのICOやIPOを目論む早期導入者が集まっています。

・FXPRIMUS

Trade io ICO

FXPRIMUSは、安全なオンライン取引環境をフォレックス業界に提供することで、国際的な定評を得ています。

同社の先進的なウェブおよびモバイル取引プラットフォームを利用すれば、初心者からプロに至る幅広い顧客は、

フォレックス、コモディティ、エネルギー、指数などさまざまな商品を取引することができます。

最先端システムを介して、世界のどこからでも瞬時に取引が執行されるため、シームレスで効率的な取引環境が得られます。

顧客資金は、いかなる不測の市場変動にも耐えられるように構築された揺るぎないリスク管理モデルで保護されます。

当社は最大250万ユーロの追加保険やBoudica Client Trustという第三者による顧客資金の監視といった安全対策を業界に先駆けて導入しました。

さらに、CySEC規制、および金融商品市場指令(MiFID)規制に完全準拠しています。FXPRIMUSでは、

革新的なツールやリソース、優れた金融教育プログラムを活用する比類なき取引経験で顧客をサポートしています。

経験、スキル、知識のレベルを問わず、すべての顧客が的確な取引決断を下せるように主体的な活動を促しながら、健全な成果を出す後押しをしています。

・Primus Capital Markets UK

Trade io ICO

Primus Capital Markets UKは、FCA規制に準拠するブティックブローカーであり、機関投資家や富裕層に、FX、コモディティ、エネルギー、指数のCFDを提供しています。

経験豊富なFXトレーダー数人によって2008年に創設されたPrimus Capital Marketsは、

真の市場リーダーの一角を占め、テクノロジーと取引インフラストラクチャーの点で最先端を走り続けます。

Trade.ioのロードマップ

Trade.ioのロードマップは下記の画像の通りです。

Trade io ICO

Trade.io取引所でのICOまたはIPOへの参加予定企業

Trade.io取引所でのICOまたはIPOへの参加予定企業は下記の画像の通りです。

Trade io ICO

Trade.ioの関連記事や報道されているメディア

Trade.ioの関連記事や報道されているメディアは下記の画像の通りです。

かなり大手のメディアが取り上げています。

Trade io ICO

Trade.ioのICO

プレICO: 11月7日~25日

ICO:11月28日~12月15日

プラットフォーム:イーサリアム

国:スイス

総供給量: 500 000 000

シンボル: TIO

ブロックチェーン: 200 000 000

Trade.ioの公式サイト

Trade.ioの公式サイトは下記のリンクになります。

https://trade.io/?lang=jp

Trade.ioのホワイトペーパー

Trade.ioのホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://trade.io/whitepaper/

まとめ

Trade.ioは期待できるICOなので、割と多めに投資しようと思っています。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE