FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】意外とみんな知らないICOとTGEの違いについて猿でもわかるようにまとめてみた

ICO TGE 違い 仮想通貨

今回は、意外とみんな知らないICOとTGEの違いについて猿でもわかるようにまとめてみました。

ICOとは

ICOはイニシャル コイン オファリングのことです。

株式でいう、IPO(新規公開株)ですね。

IPOというのは、市場から資金調達するために、未上場の企業が新規に株式を証券取引場に上場することを意味しています。

ICOは、IPOの仮想通貨版です。

つまり、

IPO→企画に投資する場合→株式

ICO→企画に投資する場合→トークン

ということですね。

ICOでは市場に公開される前にプレセール(クラウドセールともいう)が行われます。

ただし、ICOもリスクがあり、公開されるまではトークンを一般で売買できないです。

つまり、安く買える反面、上場するかどうかはわからないので、ただのデータになる可能性もあるということですね。

ICOへの投資が危険との見方があるのも事実です。

ですが、破格の金額で購入できるので、上場後に価値が上がると利益も大きいです。

ICOの資金調達の一連の流れ

1.ブロックチェーン技術の開発案

2.トークン配布プレセール

3.開発

4.開発状況に合わせて価格が上昇

5.取引所上場で他通過とのトレードが可能になる

6.上場後、更なる価値の上昇の可能性あり

TGEとは

TGEとはトークン生成イベントになります。

仮想通貨の開発者は、仮想通貨の開発案を暗号通貨投資家にアナウンスする必要があります。

それが、いわゆるホワイトペーパーと呼ばれるものです。

このホワイトペーパーには、その企画の理念や技術、特徴、プロジェクトの概要などが書かれてあります。

このホワイトペーパーはブロックチェーン技術の開発案の段階で作成されます。

ブロックチェーン技術の開発案で、投資会社が審査して、有望な仮想通貨について、資金調達の場を作ります。

それが、トークン生成イベント(TGE)と呼ばれるものです。

TGEを行うことのメリットですが、有力な投資家から資金を調達して開発を進めることができます。

そして、開発により生成されたトークンをその投資家に割り当てます。

つまり、TGEが行われた仮想通貨は、ICOされた仮想通貨の中でも、価値が付く可能性が高いです。

開発元の信頼性や技術の高さを判断できない方にとっては、かなり頼りになる指標になります。

まとめ

意外とICOとTGEの違いがわからないという人がいるのでまとめました。

少しでもみなさんの知識の幅が広がると良いなと思っています。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE