FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】ICOで260億円資金調達したTezos(テゾス)がトークン付与の目処が立たず集団訴訟になったことについてまとめてみた

ICO Tezos(テゾス) 集団訴訟 仮想通貨

今回は、ICOで250億円資金調達したTezos(テゾス)がトークン付与の目処が立たず集団訴訟になったことについてまとめてみました。

Tezos(テゾス)とは

Tezos(テゾス)とは、古代ギリシャ語でsmart contractという意味から名付けられました。

Tezos(テゾス)はビットコインやイーサリアムが直面した、政治的・技術的な問題を避けながら、

安全で分散化されたアプリケーションやスマートコントラクトをサポートします。

Tezos(テゾス)はハードフォークの必要が無いシステム修復ができる仮想通貨を実現しようとしています。

とても簡単に説明すると、

Tezos(テゾス)は、ハードフォークとか関係がなく、

ブロックチェーンのアップデートができるよというブロックチェーンです。

Tezos(テゾス)に関して詳しい情報は下記の記事を参照してください

【凄すぎ】2017年ICO資金調達No.1の仮想通貨「Tezos(テゾス)」についてまとめてみた
今回は、2017年ICOの中で資金調達No.1の仮想通貨である、Tezos(テゾス)についてまとめてみました。

2億3200万ドルICOで資金調達した仮想通貨の「Tezos(テゾス)」が内紛が勃発し成否が危うに状況になっていることついてまとめてみた

2億3200万ドルICOで資金調達した仮想通貨の「Tezos(テゾス)」が内紛が勃発し成否が危うに状況になっていることついては下記の記事を参照してください。

【悲報】2億3200万ドルICOで資金調達した仮想通貨の「Tezos(テゾス)」が内紛が勃発し成否が危うに状況になっていることついてまとめてみた
今回は、2億3200万ドルICOで資金調達した仮想通貨の「Tezos(テゾス)」が内紛が勃発し成否が危うに状況になっていることついてまとめてみました。

ICOで260億円資金調達したTezos(テゾス)がトークン付与の目処が立たず集団訴訟に!?

250億円以上を集めたTezosのICOですが、関係者の内紛から投資家へのトークン付与の目処が立たず、裁判所に集団訴訟が提出されました。

以下は、翻訳したないようです。

7月に最初のコイン・オファリングを通じて232百万ドルを調達した技術プロジェクトであるTezosは、集団訴訟で訴えられている。

ロイター通信は、10月25日にカリフォルニア州サンフランシスコの上級裁判所に提訴された訴訟を引用して、

Tezosの背後にいる人々は、米国の証券法に違反し、デジタルコインを発行していないため、投資家をICOで欺いたと主張する。

さらに、訴訟では、Tezosは参加者に寄付をしており、ICOへの投資の結果としてトークンを受け取ることはないと主張している。

被告には、プロジェクトの共同設立者、KathleenとArthur Breitmanが含まれる。

デラウェア州に本社を置く同社のダイナミック・レジャー・ソリューションズ、このベンチャーを投資家に売却するために雇われた通信会社Strange Brew Strategiesが含まれています。

追加の被告には、BreitmansがICOを扱うために創設したスイス企業であるTezo Foundation とその社長Johann Geversが含まれます。

その夫婦弁護士のブライアン・クラインは、ロイター通信に対し、訴訟にはメリットがないと述べ、ブリティッシュ・カウンシルは「積極的に自分を守ろう」と計画していると述べた。

ロイター通信によると、訴訟は報道機関による調査によって促された。10月18日の報道によると、GeversとBreitmansはTezosの支配権と戦っているため、

ベンチャーへの大幅な遅延が生じているという。このベンチャーの目標は、

ブロックチェーン技術に依存するトランザクション用のコンピュータ化されたネットワークを作成することです。これはビットコインやその他の暗号化通信の基盤です。

原告は払い戻しと損害賠償を求めている。訴訟では、同社が未登録証券を売却したと主張している。

他の法律事務所は、ロイターに対し、潜在的な訴訟についてICOを検討していると語った。

スタートアップが何百万ドルもすることを可能にするICOが現場で爆破されて以来、

世界中の規制当局はこのような資金調達形態が投資家にもたらすリスクについて警告してきました。

中国はICOを完全に禁止しており、米国からロシアへの政府はその慣行について警告している。

https://www.pymnts.com/legal/2017/tezos-sued-by-investors-over-ico-in-class-action-lawsuit/

まとめ

投資家側が勝訴する判例できると

今後、便乗してICO訴訟が出てきてICO業界自体が崩壊しそうですよね。

まあICOはこうしたリスクもあるので、それを含めた上での大きな利益なので仕方ないといえば仕方ないですね。

より一層精査することに力を入れた方がいいですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE