FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】信頼できる飲食店評価の仕組みを作る仮想通貨「SynchroLife(シンクロライフ)」についてまとめてみた

SynchroLife 仮想通貨 ICO

今回は、信頼できる飲食店評価の仕組みを作る仮想通貨「SynchroLife(シンクロライフ)」についてまとめてみました。

SynchroLife(シンクロライフ)とは

SynchroLife 仮想通貨

SynchroLife(シンクロライフ)とは、ブロックチェーンをベースとしたレストラン推奨のプラットフォームになります。

審査員に、トークンを与えて、信頼できるレストラン情報とレビューを提供します。

SynchroLife(シンクロライフ)は、ユーザーとレストランをトークンでマッチングさせることによって

新しいトークンベースの経済を構築しようとしています。

簡単に説明したら、ブロックチェーンを利用したぐるなびや食べログのアプリみたいなものです。

SynchroLife(シンクロライフ)の特徴

SynchroLife(シンクロライフ)は、グルメチェックインアプリで、ユーザーは気にった飲食店に

チェックイン、格付けを行うことで、食の嗜好を持つ人や飲食店をフォローできるのが特徴です。

これまでは、日本語により日本国内のみでの利用を前提として企画されていましたが、

ICOの実施に先立ち6月にメジャーアップデートを実施しました。

これにより、複数言語に対応するようになり、シェアできる他のユーザー投稿であるフィード昨日も

国別に整理されて表示できるようになりました。

他のグルメアプリと差別化している部分は、SynchroLife(シンクロライフ)は、2018年初頭にブロックチェーンを

活用した非中央集権されたレストラン評価機能を構築して、信頼できるレビュー投稿をしたユーザーに対して

独自のトークンを提供していくようです。

SynchroLife(シンクロライフ)のトークン

SynchroLife(シンクロライフ)の独自の仮想通貨SynchroCoinは、一億枚発行される予定です。

このうちの55%が販売されて、残りの20%はSynchroLife(シンクロライフ)からユーザーへの特典返礼のために

使われ、9.5%はチームメンバーに、5%が初期投資家に、1%が報奨金として残されます。

SynchroLife(シンクロライフ)のアプリも出ている

SynchroLife(シンクロライフ)はすでにアプリもリリースしています。

IOS→ダウンロード

Android→ダウンロード

SynchroLife(シンクロライフ)の公式サイト

SynchroLife(シンクロライフ)の公式サイトは下記のリンクになります

https://synchrolife.org/

SynchroLife(シンクロライフ)のホワイトペーパー

SynchroLife(シンクロライフ)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://synchrolife.org/SynchroLife-White-Paper-English-2017.07.03.pdf

まとめ

SynchroLife(シンクロライフ)はかなり期待できそうだなと思います。

こうした衣食住に関わるビジネスは広く浸透していく可能性がありますので、今後に期待ですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE