FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】不動産の共有プラットフォームの仮想通貨「Swarm Fund(スウォームファンド)」についてまとめてみた

ICO

今回は、不動産の共有プラットフォームの仮想通貨「Swarm Fund(スウォームファンド)」についてまとめてみました。

Swarm Fund(スウォームファンド)とは

Swarm Fund(スウォームファンド)とは、完全に分散型の資本市場プラットフォームであり、

ブロックチェイン技術を基盤にしており、コミュニティ全体が所有しています。

私たちのビジョンは、世界のどこにいても、誰でも暗号資産カテゴリ内の価値創造に参加し、

新しいタイプの資産バックアップトークンで機会を獲得できるようにすることです。

 

Swarm Fund(スウォームファンド)は、

・実際に運用して成績もあげている点。

・技術的にも運用モデルもちゃんと考えられている点。

・独自の2層トークンの仕組みを使い、カスタマイズ性がある独自コインを生み出せる点。

この3点が良いポイントとして考えられるので、私自身は投資症と決めました。

Swarm Fund(スウォームファンド)の特徴

・パブリックブロックチェーンのユーティリティトークン、および無制限のサブトークンも使います

・現実の資産のサブファンドに裏打ちされたサブトークン(サブトークンの価値が保証されている)

・1つのプラットフォームによって統制された異なるネットワークにまたがる7つの法人があります

・7複数の規制当局との直接的な関係、および非常に肯定的な回答を持っています

・Utility layerとプライベートブロックチェーンの実証済みのテスト製品があります

・トークン所有者が理事会メンバーを選ぶことを可能です

・実績のある2人のCEOがいます

・コインの値は、既存のビジネスモデルの実績から算出されます

・地元の管轄区域の AML / KYC に完全準拠しています。

Swarm Fund(スウォームファンド)の注目メンバー

・Joel Dietz

Swarm Fund ICO

Joel Dietzは、最初の「AppCoin Manifesto」を書いて、最初のスマート契約教育チャネル(EtherCast)を共同設立し、

Bitcoinブロックチェーン上で最初の分散資産とガバナンスプラットフォームを構築しました。

パロアルトでの “LoveNest”ブロックチェーンコミュニティ生活のセットアップの促進は、

地方分権自治会、DAO民主主義、Futarchy、および液体民主主義に関する多くのプレゼンテーションを含んでいます。

ブラウン大学とペンシルベニア大学から学位を取得し、GoogleとSalesforceから賞を獲得しました。

・Jelle Herold

Swarm Fund ICO

Jelleは、芸術、数学、物理学を学ぶ創造的な思想家/ハッカーです。

コンピュータサイエンス。彼は最も初期のスマートコントラクト実装の1つを書いており、

ブロックチェーン全体に配備できるスマートコントラクト用の新しいロジックプログラミング言語の著者でもあります。

彼は、オープンソース開発プロジェクトを率先して10年の経験を持ち、

オランダのユトレヒト大学のArtiCial Intelligenceの学位を取得しています。

過去3年間、Jelleは “hack4good”のような様々なhackathonに参加して勝利しました。

Swarm Fund(スウォームファンド)の公式サイト

Swarm Fund(スウォームファンド)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://swarm.fund/

Swarm Fund(スウォームファンド)のホワイトペーパー

Swarm Fund(スウォームファンド)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://swarm.fund/wp-content/uploads/Cooperative-Ownership-Platform-for-Real-Assets.pdf

まとめ

不動産関連のICOでとても面白そうだなと思います。

これは買っておいて損はなさそうな気はしますね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE