FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】現実の生活と結びつけるP2P取引システムの仮想通貨「Spherepay(スフィアペイ)」についてまとめてみた

Spherepay(スフィアペイ) ICO ICO

今回は、現実の生活と結びつけるP2P取引システムの仮想通貨「Spherepay(スフィアペイ)」についてまとめてみました。

Spherepay(スフィアペイ)とは

Spherepay(スフィアペイ) ICO

Spherepay(スフィアペイ)とは、コンシューマ向けビジネスとピアツーピア・ファンドの移転を可能にする統合モバイル・アプリです。

このアプリを 使用することでユーザーはすべてのクレジットカード/デビットカードを1つのアプリにリンクして、

QRコードをスキャンするだけで、店舗での購入に費用を支払うことができます。

このプラットフォームはユーザーが「今すぐ購入する」機能にアクセスすることが可能です。

Spherepay(スフィアペイ)の目標は、

グローバルなシェアリング経済とピアツーピアエコシステムにおける製品とサービスプロバイダの全体的な運用コストを削減し、

市場の効率を高め、投資収益率(ROI)を向上させることです。

今回のこのICOの目的は、アプリを通して仮想通貨・クレジット・デビット両方使えるようにするのがSpherepay(スフィアペイ)のプロジェクトになります。

Spherepay(スフィアペイ)の特徴

・シンガポールのモバイル決済アプリケーション

・Sphereアプリを介して仮想通貨とクレジット・デビットカード両方使える

・すでにIOSとAndroidにアプリが存在している

・oBikeとパートナーシップを結んでいる

Spherepay(スフィアペイ)はすでにアプリが存在する

Spherepay(スフィアペイ) ICO

Spherepay(スフィアペイ)はすでにアプリが存在しているので、こうしたプロダクトがあるのは非常に安心できますね。

・IOS

ダウンロード

・Android

ダウンロード

Spherepay(スフィアペイ)は東南アジア最大の自転車共有事業者の1つであるoBikeとの戦略的パートナーシップを結んでいる

Spherepay(スフィアペイ) ICO

Spherepay(スフィアペイ)は東南アジア最大の自転車共有事業者の1つであるoBikeとの戦略的パートナーシップを結んでいます。

つまり、SpherePayは、ジオフェンシング機能やクラウドソース配信サービスoBike Flashなど、アプリで利用可能なすべてのサービスをサポートできるようになります。

この統合が2018年3月までに完了すると、oBikeとSpherePayのユーザーは、優先アプリで両方のサービスにアクセスできるようになります。

oBikeユーザーはoBikeアカウントからSpherePayにログインできるようになりました。

同様に、SpherePayユーザーは、oBike自転車をスキャンしたり、ロックを解除したり、SpherePay経由で納品を予約することもできます。

OBikeについては下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】TRON(トロン)の提携先のOBikeが行うICO「OCoin」についてまとめてみた
今回は、TRON(トロン)の提携先のOBikeが行うICO「OCoin」についてまとめてみました。

Spherepay(スフィアペイ)の公式サイト

Spherepay(スフィアペイ)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://sphere.money/

Spherepay(スフィアペイ)のホワイトペーパー

Spherepay(スフィアペイ)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://say.spherepay.com/static/pdf/SAYWhitepaper.pdf

まとめ

Spherepay(スフィアペイ)はTRON(トロン)が好きな人はおそらく購入する可能性が高いですね。

結構良さげな感じはするので少額投資する予定です。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE