FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】分散型セキュリティプロトコルの仮想通貨「Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)」についてまとめてみた

Sentinel Protocol(センチネルプロトコル) 仮想通貨 ICO

今回は、分散型セキュリティプロトコルの仮想通貨「Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)」についてまとめてみました。

Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)とは

Sentinel Chain(センチネルプロトコル) 仮想通貨

Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)とは、分散型セキュリティプロトコルの仮想通貨になります。

仮想通貨の欠点である、自律性のセキュリティをCI(集団的知性)やマシンラーニング(機械学習)で解決する仮想通貨です。

集団的知性(Collective Intelligence)は、多くの個人の協力と競争の中から、その集団自体に知能、精神が存在するかのように見える知性のことを指します。

機械学習(machine learning)は人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピュータで実現しようとする技術・手法のことです。

エンジニアにとっては非常に面白みのある銘柄ですね。

現状の仮想通貨のサイバー犯罪

Sentinel Protocol(センチネルプロトコル) 仮想通貨

現状の仮想通貨のサイバー犯罪は、分散型ブロックチェーンを利用した、P2Pのネットワークの匿名性により、

ハッカーがサイバー犯罪を起こしやすくまた、特定するのが非常に難しいのが現状です。

これらの被害の対策を取ったとしても、根本的な問題解決に至らないのが現状です。

そうした問題をSentinel Protocol(センチネルプロトコル)はブロックチェーンの相互作用の仕組みにフォーカスを当てて、

自律性とCI(集団的知性)やディープラーニング(機械学習)により問題を解決しようとしています。

 

 

Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)の特徴

脅威レピュテーションデータベース(TRDB)

従来のインターネット用のアンチウィルスソフトウェアを使用している人は、それぞれ独自のウイルス/脅威データベースを保持しており、

エンドユーザは定期的に最新の定義を更新する必要がありました。

従来のインターネット用のアンチウィルスソフトウェアのデータベースは、

集中化されているだけでなく、操作の脆弱性が増していますが、ベンダーが協力するインセンティブがないため、

決して完了することはありません。Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)は、

各ベンダーが脅威レピュテーションデータベース(TRDB) に貢献するためのインセンティブを組み込んだ

脅威情報交換のためのグローバルアライアンスを構築することを目指しています。

機械学習(ML)エンジン統合セキュリティのS-wallet

S-walletとは、Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)のコミュニティに提供されるウォレットです。

S-walletは独自のマシン学習エンジンによって駆動され、Fraud Detection System(FDS)によって検出された、

ブラックリストに登録されたウォレットアドレスや詐欺サイトの脅威の傾向と履歴を分析など行います。

またS-walletは、ゼロデイ攻撃などに対抗する可能性を持っています。

ゼロデイ攻撃とは、ハッカーが脆弱性の発見者となるような攻撃になります。

S-walletはAI駆動のエンジンで、クライアントサイドからモデルビヘイビアを作成するために継続的に機械学習を行います。

 

分散型マルウェア解析サンドボックス

Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)のサンドボックスとは、

未確認のコードやプログラムを仮想マシン上で動かしホストに対してリスクなく動かすことができるシステムです。

従来のサンドボックスは、中央サーバーで仮想マシンを起動させていたため、コストが膨大でしたが、

分散型サンドボックスは、PoWの仕組みを活用することで、コードやプログラムのテストをユーザーが行うことで、コストの削減が可能となります。

Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)のPoPコンセンサスアルゴリズム

 

Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)のPoP(Proof of Protection)コンセンサスアルゴリズムとは、

DPoS(Delegated Proof of Stake)を元にして作られています。

PoP(Proof of Protection)は、セキュリティの詳しい知識などを持つ機関や個人が合意を形成され、

PoWのような消費電力も必要なく、またPoSの51%攻撃も減らすことが可能なアルゴリズムです。

Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)の概要

名前:Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)

シンボル:UPP

資金調達目標: 22,000,000 USD

ICOトークン価格: 1 UPP = 0.15 USD(0.00020 ETH)

合計トークン: 500,000,000

最小/最大パーソナルキャップ: 0.5 ETH / 10 ETH

Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)の公式サイト

Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://sentinelprotocol.io/

Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)のホワイトペーパー

Sentinel Chain(センチネルプロトコル)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://sentinelprotocol.io/Sentinel%20Protocol%20Whitepaper%20English-2.pdf

まとめ

Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)は買いですね。

セキュリティ問題は世界全体の大きなニーズになるので、Sentinel Protocol(センチネルプロトコル)のICOは参加したいと思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE