FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】ソーシャルメッセージを使うことによってトークンがもらえたり評価される仮想通貨「Sense(センス)」についてまとめてみた

Sense(センス) ICO ICO

今回は、ソーシャルメッセージを使うことによってトークンがもらえたり評価される仮想通貨「Sense(センス)」についてまとめてみました。

Sense(センス)とは

Sense(センス)とは、SensayというアプリケーションによってP2Pネットワークの市場を作り出し、

様々なメッセージアプリを使って会話をする事で報酬がもらえる仕組みがSense(センス)です。

人間が作ったAIを使って、会話の価値を判断します。

簡単に説明すると、

「Sense(センス)はソーシャルメッセージを使うことによってトークンがもらえたり、評価される」

と言うことです。

なぜ、報酬がもらえるのかというと会話を通じてAI性能を向上させるために使うデータをインセンティブとして与えることができます。

Sense(センス)の特徴

・トークン

Sense(センス)はイーサリアムブロックチェーン上に構築されたトークンで、チャットやその他のコンシューマアプリケーション内で価値をすっすっと交換します。

・アプリケーション

Sense(センス)は開発者のためのプラットフォームです。 Sensayは最初のアプリケーションです。

チャットでスマートコントラクトのSense(センス)を利用する相互運用可能なメッセージングプラットフォーム。

・プロトコル

Sense(センス)は開発者に強力な会話ツールを提供し、人間データのニューラルネットを利用する知性の証明のプロトコルです。

Sense(センス)のICO

期間:2017-09-28〜2017-10-10

初回価格:1 SENSE = 0.10 USD

プラットフォーム:Ethereum

タイプ:ERC20

認証方式:不明

供給率:25%

参加可能通貨:ETH, BTC

取引所:不明

Sense(センス)の公式サイト

Sense(センス)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://sensetoken.com/

Sense(センス)のホワイトペーパー

Sense(センス)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://sensetoken.com/pdfs/sensetoken_whitepaper_en.pdf

まとめ

会話して報酬がもらえるのは面白い取り組みだと思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE