FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】シャーディングを利用した大容量のP2Pトランザクションシステムの仮想通貨「Quarkchain(QKC)」についてまとめてみた

Quarkchain(QKC) ICO ICO

今回は、シャーディングを利用した大容量のP2Pトランザクションシステムの仮想通貨「Quarkchain(QKC)」についてまとめてみました。

Quarkchain(QKC)とは

Quarkchain(QKC) ICO

Quarkchain(QKC)とは、シャーディングを利用した大容量のP2Pトランザクションシステムの仮想通貨です。

Quarkchain(QKC)は、効果的にデータを分配することによって高いスループットを可能にするシャーディングレイヤーと、

最初のブロックを確認するルートレイヤーの2つのメインレイヤーで構成されます。

Quarkchain(QKC)は、この設計を使用して、

・分散化

・セキュリティ

・スケーラビリティ

などを向上されるブロックチェーンの構築を目指しています。

採用と使いやすさをさらに高めるため、Quarkchain(QKC)は最も一般的に使用される実行エンジンであるため、

スマートコントラクト用のEthereum(イーサリアム)仮想マシンをサポートし統合します。

これによりEVM上に構築されたdAppを、Quarkchain(QKC)プラットフォームに直接リンクできるようになります。

 

Quarkchain(QKC)のシャーディングとは

Quarkchain(QKC) シャーディング

シャーディングとは、複数のノードに渡るデータのディストリビューションを指します。

複数のノードに渡って異なるデータを保存することで、読み取りや書き込みのパフォーマンスのための水平方向のスケーラビリティが実現します。

データセットが大きい場合、単一ノードでは CPU または I/O パフォーマンスによってボトルネックが発生することがあります。

シャーディングは、シャードノードが処理するオペレーションの数を減らし、

クラスター全体のパフォーマンスを向上させることで、このボトルネックを解決します。

シャーディングのメリットは主に2つです。

負荷分散により性能の向上

データを複数のサーバに分散させることにより,CPUやI/O負荷を分散させることが可能です。

リソース分散によるコストパフォーマンスの向上

メモリやディスクは、サイズの大きなモジュールほど単価が価格が高くなります。

複数のサーバにデータを分散させて、それぞれのサーバにのせるメモリやディスクの容量を小さくすることが、

コストパフォーマンスの向上につながります。

Quarkchain(QKC)の特徴

・シャーディングを利用した大容量のP2Pトランザクションシステムの仮想通貨

・シャーディングレイヤーとルートレイヤーの2つのメインレイヤーで構成されている

・Quarkchainプラットフォーム

Quarkchain(QKC)のプラットフォーム

Quarkchain(QKC)プラットフォームには、採掘用のノードとクラスタが存在します。

クラスタは、スーパーフルノードとして動作するクラスタを形成する複数のノードです。

このようにして、スーパーノードはスーパーコンピュータによって実行されることなく形成されます。

これは、より小さいマイナーにも競争力を提供します。

Quarkchain(QKC)と他の銘柄とのトランザクション処理の比較

Quarkchain(QKC) トランザクション 比較

Quarkchain(QKC)と他の銘柄とのトランザクション処理の比較になります。

Quarkchain(QKC)の機能

Quarkchain(QKC) ICO

 

二層ブロックチェーン

QuarkChainはブロックチェーンの2つのレイヤーで構成されています。

最初のレイヤーとして弾性シャーディングブロック(シャード)を適用し、

2番目のレイヤーとしてシャードからのブロックを確認するルートブロックチェーンを適用します。

クロスシャード取引

クロスシャード取引はいつでも発行することができ、数分で確認できます。

クロスシャードトランザクションのスループットは、シャードの数が増えるにつれて直線的に増加します。

市場主導型の共同マイニング

我々は、ハッシュ・パワーがシャード間で均等に分配されるようにインセンティブを与える、

インセンティブのためのゲーム理論的枠組みを設計した。二重支出攻撃を防ぐために、

ルートチェーンに割り当てられたハッシュ・パワーの少なくとも50%があります。

シンプルなアカウント管理

すべてのシャードに必要なアカウントは1つだけです。異なるシャードからのすべての暗号化通貨は、1つのスマートウォレットに格納されます。

水平スケーラビリティ

スーパーフルノードは、TPSが高くなると非常に高価になる可能性があるため、

スーパーフルノードとして動作するクラスタを形成する複数の正直なノードを許可します。

Quarkchain(QKC)のトークンについて

Quarkchain(QKC)のQKCトークンは、

Quarkchain(QKC)で行われた取引の取引手数料として使用されます。

マイニングの報酬としても使用されます。

これらのQKCトークンの価値は、Quarkchain(QKC)の使用方法に依存するはずです。

Quarkchain(QKC)でより多くの活動と取引が行われるほど、より価値のあるQKCトークンが得られます。

リリースされる初期トークンはERC-20で、

2018年第4四半期に予定されているメインネットでリリースされる実際のコインの値のプレースホルダーです。

メインネットのリリース時にトークンスワップが行われます。

Quarkchain(QKC)のICO

名前:Quarkchain

シンボル:QKC

投資期間:5月〜6月

プラットフォーム:ERC20

COトークン価格:1 QKC = 0.0232 USD(0.00003 ETH)

資金調達目標:20,000,000 USD

合計トークン:10,000,000,000

Quarkchain(QKC)の公式サイト

Quarkchain(QKC)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://quarkchain.io/

Quarkchain(QKC)のホワイトペーパー

Quarkchain(QKC)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://quarkchain.io/quark.pdf

まとめ

Quarkchain(QKC)はブロックチェーン拡張系の銘柄ですね。

私自身ギークな銘柄は好きなので、Quarkchain(QKC)のICOには参加しようと思っています。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE