FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】量子コンピューターの問題に対処するための仮想通貨「Quantum1Net」についてまとめてみた

Quantum1Net ICO ICO

今回は、量子コンピューターの問題に対処するための仮想通貨「Quantum1Net」についてまとめてみました。

Quantum1Netとは

RSA暗号化プラットフォームは現在40歳です。インターネットとデジタル通信のセキュリティ確保には効果がありますが、その日数は数えられます。

量子コンピューティングの登場は、RSAやその他の暗号化の脅威です。これは、ハッカーがこれらのメカニズムを解読できるようにするツールを提供します。

量子コンピュータは、微視的な世界、重ね合わせ、絡み合いというユニークな特性を利用して、通常のコンピュータよりもはるかに効率的に計算を実行します。

このようにして、数分から数時間でタスクを完了することができます。

これにより、今日最高のデバイスが数十億年もかかることになります。

これは、ほとんどの暗号化方法が古典的なコンピュータのこの比較的遅い速度を利用してデータを安全にするため、デジタルライフにとって本当のリスクをもたらします。

Quantum1Netでは、これらの今後の問題を解決する新しいソリューションを開発しました。

量子力学は、本質的にランダムな数列の生成を可能にする。

これらはQEKG(Quantum Encrypted Key Generation)技術の核心にあり、データの安全な保管と転送を可能にします。

これは、従来の手段では不可能な暗号鍵生成の複雑さを提供し、量子コンピュータからでもデータを保護します。

Quantum1Netの特徴

・量子コンピューターの対策をする仮想通貨

・量子メカニズムが完全ランダムな数字列を生成して、データの安全な保存と転送を可能にする。

・従来の方法では不可能なほど複雑な暗号キーを生成して、量子コンピュータからデータを保護します。

Quantum1Netのロードマップ

2018年2月:

シルバートークンのリリース

新事務所に移動

2018年3月:

インフラストラクチャーの設置

最初のサーバの設置

追加スタッフ採用

ビットコインのフォーク

2018年4月:

最初の量子鍵ジェネレータの最終設計

ゴールドトークンソフトウェアのテスト

2018年5月:

ゴールドトークンの生成とプリマイニング

Quantum1Netの限定展開

2018年6月:

ゴールドトークンウォレットと送信機能の展開

2018年7月:

ゴールドトークンの限定リリース

テネリフェ島でのリリースパーティー

ハードウェアベース量子キージェネレータの最終設計

2018年8月:

製造パートナーとの合意締結

2018年9月:

α版のファイル送信プラットフォーム

最初の「Box」の受信試験

2018年10月:

計算されたASNネットワーク内での「Box」の展開

「Box」間のロードバランスの準備完了

2018年11月:

β版のファイル送信

2018年12月:

Quantum1Netの展開

2019年1月:

ゴールドトークンの公開リリース

Quantum1Netのシルバートークンとゴールドトークンの違い

シルバートークン

イーサリアムベース

・20%ディスカウントでGold Tokenとの交換が可能

・最大販売量は1500万トークン。

ゴールドトークン

・ビットコインベース

・最大販売量は1800万トークン

・量子暗号化キーを含む

・シルバートークンホルダーに優先販売。

Quantum1NetのICO

通貨記号:Q1S

投資期間:2018-02-02〜2018-03-09

最低目標:3,500,000 EUR

最高目標:15,000,000 EUR

トークン供給数:28,200,000

プラットフォーム:Ethereum

参加可能通貨:ETH

Quantum1Netの公式サイト

Quantum1Netの公式サイトは下記のリンクになります。

https://quantum1net.com/

Quantum1Netのホワイトペーパー

Quantum1Netのホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://quantum1net.com/Q1N%20white%20paper.pdf

まとめ

Quantum1Netは今後将来的に需要がありそうですね!!

買う価値はあります。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE