FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】フィリピンの海外間送金の適正化と貧困層向けマイクロファイナンス提供する仮想通貨「PGC(フィリピングローバルコイン)」についてまとめてみた

PGC(フィリピングローバルコイン) ICO ICO

今回は、フィリピンの海外間送金の適正化と貧困層向けマイクロファイナンス提供する仮想通貨

「PGC(フィリピングローバルコイン)」についてまとめてみました。

PGC(フィリピングローバルコイン)とは

PGC(フィリピングローバルコイン)とは、フィリピンの海外間送金の適正化と貧困層向けのマイクロファイナンス提供を

目的としている仮想通貨になります。

PGC(フィリピングローバルコイン)の開発には、フィリピンの実業家であり、現大統領の弟である

エマニュエル・ドゥテルテ氏と、日本の仮想通貨開発企業のデジタルカレンシー株式会社が行います。

フィリピンで、証券などの販売を行うためにはBSPライセンス、SECライセンスという「中央銀行」と「証券取引委員会」の承認が必要で、

PGC(フィリピングローバルコイン)は申請中とのことです。

PGC(フィリピングローバルコイン)とNOAH(ノアコイン)の違いは?

フィリピンの仮想通貨というと、最初に思い浮かべるのは、NOAH(ノアコイン)だと思いますが、

NOAH(ノアコイン)はファウンデーションの大使館否定事件で有名ですが、

PGC(フィリピングローバルコイン)は中央銀行の承認をすでに得ているので、NOAH(ノアコイン)とは全く別物です。

PGC(フィリピングローバルコイン)は各国の取引所へ上場の計画も進んでいるので、実用性と将来性に期待が持てます。

PGC(フィリピングローバルコイン)の2つの目的

・低手数料での海外送金を実現

フィリピンの人は海外に出稼ぎに行く人たちが多いので、既存の海外送金では手数料が高くなってしまいます。

こうした問題をPGC(フィリピングローバルコイン)という仮想通貨を使用することで、数百円程度で手数料が済むようになります。

・マイクロファイナンスによる低金利融資

マイクロファイナンスとは、貧困者向けの「小口(マイクロ)金融(ファイナンス)」の総称です。

フィリピンでは国民の格差があり、貧困者は当然お金を借りたくても信頼がないので借りれません。

そこで、マイクロファイナスを使用して、貧困者向けに融資や保険を提供し、団体によっては、お金の稼ぎ方や返済の方法などの支援をします。

PGC(フィリピングローバルコイン)の特徴

・フィリピンの海外間送金の適正化と貧困層向けのマイクロファイナンス提供を目的としている仮想通貨

・開発はフィリピンの実業家であり、現大統領の弟であるエマニュエル・ドゥテルテ氏と日本の仮想通貨開発企業のデジタルカレンシー株式会社

・NOAH(ノアコイン)とは違い、中央銀行に承認をすでに得ている

PGC(フィリピングローバルコイン)のトークン

通貨名:PGC(フィリピングローバルコイン)

投資期間:一般は3月16日からスタートの模様

プラットフォーム:イーサリアム

ネットワーク:Gethを使ったプライベートチェーン

承認アルゴリズム:PoW

ブロック間隔:5分

発行上限枚数:50億PGC

PGC(フィリピングローバルコイン)の上場予定は?

PGC(フィリピングローバルコイン)の上場予定はは、既に韓国取引所への上場が濃厚とされているようです。

その後に、香港、日本、フィリピンの順で、上場を予定しているとのことです。

PGC(フィリピングローバルコイン)のトークン保有者の利点

PGC(フィリピングローバルコイン)は保有量が高いホルダーには利息がつきます。

枚数は30万PGCで月利1%になります。

PGC(フィリピングローバルコイン)の公式サイト

現状今の所ありません。

PGC(フィリピングローバルコイン)のホワイトペーパー

現状今の所ありません。

まとめ

PGC(フィリピングローバルコイン)は正直な感想は、投機目的なら買っても良いかなとは思いますが、個人的にはスルー案件ですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE