FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】インフルエンサーのシェアリングエコノミーの仮想通貨「patron(パトロン)」についてまとめてみた

patron(パトロン) ICO ICO

今回は、インフルエンサーのシェアリングエコノミーの仮想通貨「patron(パトロン)」についてまとめてみました。

patron(パトロン)とは

patron(パトロン)とは、世界中のインフルエンサーやSNSのユーザーがインターネットやスマホ、タブレットで

ソーシャルメディアのシェアリングエコにミー情報を掲載、発見、予約とインフルエンサーの売却買収、PRアンバサダーのマッチング

が、1つのデバイスから様々なLIVE型SNSユーザー二対して一括総配信できるものです。

ブロックチェーンの技術を活用して、インフルエンサーのSNS配信枠をトークン化してpatron(パトロン)プラットフォーム上で

取引が行える信頼性の高いマーケティングプレイスが世界中で行えるのがpatron(パトロン)と言う仮想通貨になります。

ざっくり説明するとインフルエンサーのシェアリングエコノミーの仮想通貨ですね。

patron(パトロン)はユーチューバーやインスタグラマーやブロガーなど影響力の大きい世界中のインフルエンサーをサポートする

プラットフォームですね。

patron(パトロン)の特徴

・インフルエンサーのシェアリングエコノミーの仮想通貨

・ベータ版のプロダクトが存在する

・アドバイザーが豪華

・2018年の4月にHitBTCへの上場が決定している

patron(パトロン)はすでにベーた版のプロダクトが存在している

すでにベータ版のプロダクトが存在しています。

http://patron-demo.collabo-consul.com/lp/

patron(パトロン)のアドバイザーが豪華

patron(パトロン)のアドバイザーがかなり豪華です。

・イーサリアム中国の共同設立者サム・リー氏

・Cointelegraphの共同設立者であるtoni lane casserly氏

・マネーの虎でお馴染みの南原竜樹氏

・様々なIT企業を設立してきた英国の技術起業家キース・ティアー氏

patron(パトロン)は2018年の4月にHitBTCへの上場が決定している

patron(パトロン)はすでに2018年の4月にHitBTCへの上場が決定しています。

上場先が決定していることで、拘束されるリスクがなく、短期的に利益を出したい人も参加している感じですね。

ちなみに、HitBTCは仮想通貨の取り扱いが豊富な取引所で、その数は300種類を超えています。

patron(パトロン)のICO

シンボル: PAT

プラットフォーム:イーサリアム

参加可能通貨:ETH、BTC、LTC、ETC、BCT

総発行枚数:400,000,000

売り出し枚数:204,000,000

patron(パトロン)の公式サイト

patron(パトロン)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://patron-ico.io/

patron(パトロン)のホワイトペーパー

patron(パトロン)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://patron-ico.io/doc/PATRON-WP-JP-01.pdf

まとめ

patron(パトロン)はそこまで投資するべきかというと微妙な感じですね。

他にも良いICOはあるので。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE