〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

【ICO】デバイスとアプリケーションの暗号鍵を生成・配布・管理のサービスをする仮想通貨「NuCypher(NKMS)」についてまとめてみた

NuCypher(NKMS) ICO 仮想通貨

今回は、デバイスとアプリケーションの暗号鍵を生成・配布・管理のサービスをする仮想通貨「NuCypher(NKMS)」についてまとめてみました。

NuCypher(NKMS)とは

NuCypher(NKMS) ICO

NuCypher(NKMS)とは、デバイスとアプリケーションの暗号鍵を生成・配布・管理のサービスをする仮想通貨です。

具体的に説明すると、分散キー管理システム(KMS)や暗号化、アクセス制御サービスを提供を行います。

NuCypher(NKMS)サービスは、従来の公開鍵暗号化技術では達成できない方法での復号化を移譲するために

プロキシ再暗号化(PRE)を使用して、恋迂回コンセンサスネットワークを介して任意の数の参加者間での個人データを共有することができます。

簡単に説明すると、NuCypher(NKMS)は分散型のKey Management System(KMS)の仮想通貨ということですね。

NuCypher(NKMS)の特徴

・デバイスとアプリケーションの暗号鍵を生成・配布・管理のサービスをする仮想通貨

・分散キー管理システム(KMS)

・Origin Protocol、Mediblock、Wolk、Datumなどとパートナーシップを結んでいる

NuCypher(NKMS)の分散キー管理システム(KMS)

NuCypher(NKMS)の分散キー管理システム(KMS)は、

デバイスとアプリケーションの暗号鍵を生成、配布、および管理するための統合されたアプローチです。

従来のKMSサービスは集中管理されているため、サービスプロバイダーに信頼を置く必要があります。

NuCypher(NKMS)のKMSは

・分散型ネットワーク

・暗号化アクセス制御にプロキシ再暗号化

・インセンティブ化されたトークンメカニズム

を使用して、

集中化されたKMSプロバイダーに依存する必要性を排除します。

NuCypher(NKMS)の具体的な活用例

NuCypher(NKMS) ICO

NuCypher(NKMS)の分散キー管理システム(KMS)は、

ブロックチェーン、IoT、および大規模データアプリケーションに多数の用途を提供します。

分散型DropBox

ファイルをクライアント側で暗号化し、SwarmやIPFSなどの分散システムやS3などの集中システムに格納することができます。

サードパーティの公開鍵に基づいて再暗号化トークンを提供することによって、ファイルを承認された第三者と共有することができます。

第三者のアクセス許可は、ネットワークから再暗号化トークンを削除することで簡単に取り消すことができます。

暗号化された余裕

複数の参加者がチャネルへの読み取りおよび書き込みアクセスを必要とする場合、

プロキシの再暗号化により、エンドツーエンドの暗号化グループメッセージングが可能になります。

メンバーは、再暗号化トークンの発行または取り消しによって追加または削除できます。

電子健康記録(EHR)

患者管理EHRシステムは、患者が自分のデータと暗号化キーを保持するに作成することができます。

データは、集中型サーバーまたは分散型の方法で保存できます。

病院や保険会社と暗号化されたデータを共有することを希望する患者は、

再暗号化トークンを発行し、第三者に一時的にアクセスできるようにします。

NuCypher(NKMS)のトークン

NuCypher(NKMS)のトークンは、ネットワーク参加者がキーと委任や取り消し操作を管理する際にインセンティブを与えるために使用されます。

NuCypher(NKMS)のパートナー

NuCypher(NKMS)は、

・Origin Protocol

・Mediblock

・Wolk

・Datum

など、他のブロックチェーンベースのプロジェクトと数多くのパートナーシップを確立しています。

Origin Protocolでは、NuCypher(NKMS)は、ユーザーが安全を望む個人情報などのデータ交換のためのプライバシー層として機能します。

分散データベースプロバイダWolkとグローバルデータ市場Datumの場合、NuCypher(NKMS)の KMSはデータ転送を保護するために活用されます。

分散アプリケーションのための非常に貴重なインフラストラクチャ層として、

多くのパートナーシップがすでに確立されていることが有望視されています。

さらに、NuCypher(NKMS)は、

現時点でKMSサービスを提供している暗号スペースで唯一目に見えるプレイヤーとしてのファーストムーバーの地位を獲得しています。

NuCypher(NKMS)のICO

名前:NuCypher

シンボル:NKMS

プラットフォーム:ERC20

NuCypher(NKMS)の公式サイト

NuCypher(NKMS)の公式サイトについては下記のリンクになります。

https://nucypher.com/

NuCypher(NKMS)のホワイトペーパー

NuCypher(NKMS)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://cdn2.hubspot.net/hubfs/2807639/NuCypher%20KMS%20Technical%20White%20Paper.pdf?t=1507918722771

まとめ

現在では、

・Amazon CloudHSM

・Google Cloud KMS

・Azure Key Vault

など、エンタープライズ指向の多数のKMSサービスが存在し、現在ではすでに利用率が高まっています。

NuCypher(NKMS)はそうしたKMSサービスと並び普及すればかなり面白そうですね。

ITのメジャーな企業が並んでいますが、頑張ってほしいです。

タイトルとURLをコピーしました