FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】NEO(ネオ)ベースの分散型オペレーティングシステム仮想通貨「nOS」についてまとめてみた

nOS ICO ICO

今回は、NEO(ネオ)ベースの分散型オペレーティングシステム仮想通貨「nOS」についてまとめてみました。

nOSとは

nOS ICO

nOSとは、NEO(ネオ)ベースの分散型オペレーティングシステム仮想通貨です。

簡単に説明すると、NEO(ネオ)のプラットフォーム上に仮想のOSを作りそこでアプリケーションを使用できるというイメージですね。

nOSは分散型インターネットのビジョンを通じて、nOSはユーザーがオンラインで共有するデータを完全に制御できるようにすることを目指しています。

このビジョンを実現させるために、ウェブサイトやアプリは、

NEO(ネオ)スマートコントラクトを使用してオープンで分散した方法でコンテンツをホストし、ユーザーはデータの処理状況を完全に把握できます。

NEO(ネオ)のdAppsをnOSの仮想OS上で利用でき、NEO(ネオ)トークンを使って支払いもできるという感じですね。

NEO(ネオ)とは

NEO(ネオ)については、下記の記事を参照してください。

nOSの機能

・ウェブサイトやアプリは、NEOスマートコントラクトを使用して完全にオープンで分散的な方法でコンテンツをホストし、

ユーザーはデータの処理状況を完全に把握できます。

・複数のdAppを使用する場合、ユーザーは異なるトークンを使用する必要はありません。

エンドユーザはNEOのユーティリティトークンGASのみを使用し、

nOSは特定のトランザクションまたは呼び出しに必要な適切な量のNEP-5トークンに自動的に変換します。

nOSの特徴

・オープンバックエンド

nOS分散アプリケーション(dApp)には、オープンで透過的で不変なバックエンドコードがNEO(ネオ)ブロックチェーン上で実行されています。

・ユーティリティトークンとしてのGAS

複数のdAppを使用する場合、ユーザーは異なるトークンを使用する必要はありません。

エンドユーザはNEO(ネオ)のユーティリティトークンGASのみを使用し、

nOSは特定のトランザクションまたは呼び出しに必要な適切なトークン量に自動的に変換します。

・ユニバーサルスマートコントラクト

nOSユニバーサルスマートコントラクト(USC)は、一般に適用可能です。CRUDや認証などの一般的なdAppバックエンド機能を提供します。

地方分権機関

ユーザーはnOSトークンを賭けてnOSプラットフォームで投票権を得ることができます。

高品質のアプリケーションは報酬を得て発見しやすくなりますが、ユーザーは評判の低いアプリケーションから保護されます。

nOSのICO

名前:nOS

シンボル:NOS

プラットフォーム:NEO

nOSの公式サイト

nOSの公式サイトは下記のリンクになります。

https://nos.io/

nOSのホワイトペーパー

 

まとめ

NEO(ネオ)自体の仮想通貨も良いですし、NEO(ネオ)のdAppsをnOSの仮想OS上で利用できるというのは

今後NEO(ネオ)がどんどん普及してきそうですね。

OSの概念は仮想通貨にとって非常に重要な役割に今後はなっていくと思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE