FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】Wowooプラットフォームを利用した医療系仮想通貨「LIFEX(ライフエックス)」についてまとめてみた

LIFEX(ライフエックス) ICO ICO

今回は、Wowooプラットフォームを利用した医療系仮想通貨「LIFEX(ライフエックス)」についてまとめてみました。

LIFEX(ライフエックス)とは

LIFEX(ライフエックス) ICO

LIFEX(ライフエックス)とは、Wowooプラットフォームを利用した医療系仮想通貨です。

LIFEX(ライフエックス)は遺伝子研究データをブロックチェーンを活用して医療ビッグデータを安全でかつ可用性を持った形で保管する

LIFEX BC Networkを開発を目指しています。

LIFEX(ライフエックス)のビッグデータとは

LIFEX(ライフエックス) ビッグデータ

ビッグデータとはインターネットの普及とIT技術の進化によって生まれた、これまで企業が扱ってきた以上に、

より大容量かつ多様なデータを扱う新たな仕組みを表すもので、その特性は量、頻度(更新速度)、多様性(データの種類)によって表されます。

LIFEX(ライフエックス)の特徴

・Wowooプラットフォームを利用した医療系仮想通貨

・LIFEX BC Network

・I’ROMグループとオーケーウェーブが提携している

・大石哲之氏もおすすめしている

LIFEX(ライフエックス)のLIFEX BC Networkとは

LIFEX(ライフエックス) LIFEX BC Network

LIFEX BC Networkとは、最先端の医療技術や再生医療や遺伝子分野を中心としたビッグデータをブロックチェーンで管理して、

医療情報を様々な分野で解析を行い医療の発展や医療費の削減などを目指しています。

LIFEX(ライフエックス)の医療ビッグデータのメリット

LIFEX(ライフエックス) 医療ビッグデータ メリット

・将来的に利活用するため、先を見据えて収集するデータ:AIを用いた診療支援などに活用できる

・実際の診療現場で即座に役立つデータ:医療等IDや医療連携ネットワークにより適切な診療・サポートのために活用できる

・巡り巡って患者に還元される、医療分野の研究開発に資するデータ:産官学が創薬や研究など多様な目的で、健康や医療、介護データを活用できる

・健康づくりのためのデータ:病気や要介護状態になる前の人を対象とし、予防のために活用できる

日本でも医療ビッグデータの提供が始動されている

LIFEX(ライフエックス) 医療ビッグデータ メリット

日本でも医療ビッグデータの提供が始動されています。

以下は本文の引用文です。

診療録(カルテ)や検査データなど個人の医療情報を集めて企業や研究機関に提供する新制度が5月に始まる。

国が認定した民間事業者が病院などから実名で集約した情報を匿名化して「医療ビッグデータ」として提供する。

情報の漏洩(ろうえい)や悪用を懸念する声もあるが、副作用の発見や新薬の開発、病気の早期診断に役立つと期待されている。

仕組みは5月11日までに施行する「次世代医療基盤法」で新設される。

早ければ今秋にも認定を受ける事業者が出てくる見通し。

情報の管理能力や匿名化技術について、一定の基準を満たしているかを国が審査する。

事業開始時に年間100万人以上の情報を集められる体制を基本とし、

すでに大学病院など複数の医療機関の情報を扱っている組織が想定されている。

認定事業者は、病院や診療所にある患者のカルテや看護記録、検査報告書、薬局の処方箋(せん)記録、

学校や職場の健康診断結果を収集できる。

複数の施設から集めた同一人物の情報を統合、暗号化して保管。特定の個人が識別できないように加工して有料で企業や研究機関に提供する。

事業者は必要経費を情報提供側に支払う。

政府は今回の仕組みで、先端技術の開発や新産業の育成を目指す。大勢の患者の診療内容を把握できれば、

病状ごとにより適した治療の選択に役立ち、薬の副作用調査も効率化できると期待される。

また内視鏡などの検査画像を大量に人工知能に学習させることで早期診断、早期治療につながる可能性がある。

https://www.asahi.com/articles/ASL4K5RDPL4KULBJ00T.html

WowooプラットフォームでのICOについて

LIFEX(ライフエックス) wowoo

WowooプラットフォームでのICOでは現在3つのICOが存在しています。

・wowbit

・WowExchange

・LIFEX(ライフエックス)

また、WowooはNEO(ネオ)プラットフォームに移行したので、LIFEX(ライフエックス)は中国圏で使用される可能性があるのかなとは

思いますね。

Wowoo自体がNEO(ネオ)プラットフォームに移行した理由も中国圏を狙ってのことだと考察します。

LIFEX(ライフエックス)の提携企業

・グループ(東証一部)

LIFEX(ライフエックス) I’ROMグループ

I’ROMグループは日本の東証一部上場企業です。

次世代の医療技術や、再生医療技術の分野で高い技術を持っている企業です。

・オーケーウェーブ(名証セントレックス)

LIFEX(ライフエックス) OKWAVE(オーケーウェブ)

オーケーウェーブは日本最大級のQ&Aサイト『OKWAVE』を運営する企業です。

『感動の可視化』をテーマに、Wowooと提携したことで認知されはじめています。

LIFEX(ライフエックス)は大石哲之氏もおすすめしている!!

LIFEX(ライフエックス)は大石哲之氏もおすすめしています。

大石哲之氏とは、仮想通貨、ビットコイン関連の技術(ブロックチェーン)分野に特化し、

革新的なサービスを世の中に広げるための、エヴァンジェリストおよび、事業のお手伝いをおこなっています。

LIFEX(ライフエックス)のICO

名前:LIFEX(ライフェックス)

シンボル:LFX

プラットフォーム:NEP-5

トークンサプライ合計:2,222,222,222 LFX

ハードキャップ:444,444,444 LFX

ソフトキャップ:311,111,111 LFX

最低購入枚数:400LFX

最大契約数:20,000,000LFX

LIFEX(ライフエックス)の公式サイト

LIFEX(ライフエックス)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://lifex.bio/

LIFEX(ライフエックス)のホワイトペーパー

LIFEX(ライフエックス)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://lifex.bio/pdf/wp_LFX_e_v111.pdf

まとめ

LIFEX(ライフエックス)は医療系のICOなので、中長期でのビジョンが必要になりますね。

短期的なビジョンを持っている人にはおすすめしにくいです。

医療とブロックチェーンの組み合わせはかなりシナジーあるので、LIFEX(ライフエックス)は面白そうではあります!!

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE