FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】誰でも通貨・債券・金融商品などを資産をデジタル化して取引や販売を行える仮想通貨「Jibrel Network(ジブラルネットワーク)」についてまとめてみた

Jibrel Network(ジブラルネットワーク) ICO ICO

今回は誰でも通貨・債券・金融商品などを資産をデジタル化して取引や販売を行える仮想通貨「Jibrel Network(ジブラルネットワーク)」についてまとめてみました。

Jibrel Network(ジブラルネットワーク)とは

Jibrel Network(ジブラルネットワーク)とは、誰も現実世界の資産をトークン化できることを目指しているICOです。

投資家は、現金とマネーマーケットの商品をトークン化し、オン・チェーン/オフ・チェーンの裁定取引の恩恵を受けるオン・チェーン上で販売することができます。

Jibrel Network(ジブラルネットワーク)は、制度上の流動性が、現金とマネーマーケットの裏付けトークンの形で仮想経済に流入することを容易にし、

分散型で組織と資金がより安全な資産に仮想通貨を保有できるようにします。

伝統経済と仮想経済の分離は、多くのリスクが存在します。

流動リスクは、デジタル資産と従来の資産との間の転換における取引所が直面するボトルネックから生じます。

不正リスクは監督とガバナンスの欠如から生じ、システムリスクはスマートコントラクトに基づく仮想通貨をプロジェクト資金から生じます。

投機と消費者行動の影響を強く受けた激しい市場では、オン・チェーン企業が資金を貯めるために安定した資産を確保することが不可欠です。

伝統的な経済と新興の暗号経済を橋渡しすることで、Jibrelはより多くの価値と低いリスクを提供します。

簡単に説明すると、

「Jibrel Network(ジブラルネットワーク)は誰でも、通貨、債券、その他の金融商品などを資産をデジタル化して取引、販売することができる。」

と言うことです。

Jibrel Network(ジブラルネットワーク)の特徴

・CryDR

CryptoDepository ReceiptsまたはCryDRsは、

Jibre Network Token-JNT(例えば、CryDRは1ドル相当のJNTを保有している)などの伝統的な金融資産の価値を表すトークンです。

・スマートレギュレーション

CryDRsにはスマートな規制が組み込まれており、実世界のルールや規則は固めのコードに翻訳され、

ethereumブロックチェーンに展開されています。地方分権化されたCryDRは、常に現実の世界のルールと規制に従うことを保証します。

・jCash

jCashは、通貨の最初のロールアウトです。USD、GBP、EUR、RUB、AED、CNY CryDRが利用可能になります。

Jibrel Network(ジブラルネットワーク)のICO

販売日:2017-09-25〜2017-10-25

プラットフォーム:Ethereum

タイプ:ERC20

認証方式:不明

供給率:60%

参加可能通貨:BTC, ETH

取引所:不明

Pre-ICO:1 JNT=0.20 USD

Jibrel Network(ジブラルネットワーク)の公式サイト

Jibrel Network(ジブラルネットワーク)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://jibrel.network/

Jibrel Network(ジブラルネットワーク)のホワイトペーパー

Jibrel Network(ジブラルネットワーク)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://github.com/Yazan24/jibrelweb/raw/gh-pages/whitepaper.pdf

まとめ

Jibrel Network(ジブラルネットワーク)は海外でかなり高い評価を得ていたので、すぐ資金調達できちゃいそうです。

プレセールは5000$なので、少し高いのでトークンセール待ちたいと思っています。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE