【ICO】Airdrop(エアドロップ)もあり!!USDと同じ価値を持つ新たなペッグ通貨「Havven」についてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Airdrop(エアドロップ) ペッグ通貨 Havven ICO

今回は、Airdrop(エアドロップ)もあり!!USDと同じ価値を持つ新たなペッグ通貨「Havven」についてまとめてみました。

Havvenとは

Havvenとは、価格の変動を減らすためにデュアルトークンシステムを利用する分散型決済ネットワークです。

システム内の取引からの手数料は、ネットワークの担保に使用されます。

担保はブロックチェーンによって確保され、新しい資産担保安定コインの作成が可能になります。

各取引は、担保トークンの保有者に支払われる手数料を発生させ、取引量が増加すると、プラットフォームの価値が増加する。

この無許可で、低料金で、安定した決済ネットワークにより、誰でも他の誰とでも取引できるようになります。

そもそもペッグ通貨とは?

ペッグ通貨というのは、簡単に言えば、

米ドルなどの通貨と為替レートを固定しておくことです。

要するに、通貨を固定し安定化させているのが「ペッグ通貨」です。

この法定通貨のペッグである仮想通貨も最近ではよく登場しています。

法定通貨との交換レートが固定されているため、価格の安定性を特徴とします。

常に同じレートでUSドル、ユーロ、日本円などと交換できるため、

法定通貨の価値をそのまま保ちつつデジタル化した通貨と言えます。

しかしこのペッグ通貨もデメリットもあります。

例えば、「カウンターパーティリスク」と呼ばれるデメリットがあることも特徴的でうs。

カウンターパーティリスクとは発行母体が管理する法定通貨がハッキングなどの被害にあった場合に、

発行されたペッグの仮想通貨とこれに対応する法定通貨とのバランスが崩れてしまうというリスクです。

これは他の仮想通貨にはないリスクであり、セキュリティの強化により対応しなければならない問題です。

代表的な仮想通貨のペッグ通貨まとめ

代表的な仮想通貨のペッグ通貨まとめです。

・Tether/USDT

Tether(テザー)とは、米ドル(USD)や日本円(JPY)等の法定通貨とほぼ連動した価値を持つ仮想通貨です。

よく扱われているのがUSDT(USD Tether)で、殆どの場合1USDT≒1USDというほぼ等価の図式が崩れることはありません。

その性質上、仮想通貨売買における基軸通貨の一つとして扱われていることもあります。

https://tether.to/

・Boreal

BorealはIDEXの償還は保証されているペッグ通貨です。

Borealsは常に取引金額の支払いとして目標値で受け入れられるためです。

通貨が目標を下回るたびに、トレーダーが賞金を購入し、トレーディング・コストを引き下げるようインセンティブをとっているため、IDEXの償還は保証されます。

Borealはベース資産としても機能し、IDEXのトレーダーは安定した基本通貨との取引によってリスクを最小限に抑えることができます。

https://auroradao.com/platform/boreal/

・DAI

DAI Tokenとは、USDT的な法定通貨ペッグ通貨です。

DAI Tokenは現在、Bancorネットワークに常駐し、分散型で自動化された流動性を備えています。

https://www.bancor.network/discover

・TrueUSD

TrueUSDは、完全に担保され、法的に保護され、透過的に監査されている米ドル建てのERC20のペッグ通貨です。

TrueUSDでは、複数の口座を使用してカウンターパーティのリスクを軽減し、トークン所有者に法的権利を提供します。

https://truecoin.com/

Havvenの特徴

・暗号化された通貨

・分散担保

・価格ショックから緩衝される

・ボリュームが信頼性を向上

Havvenの仕組み

1.HavvenはICOを行い、集まった資金は「collateral pool」となり、1havven=0.5ドルの価値を担保します。

2.ICO終了後、参加者は支払った分のhavvenを手にします。

3.担保プールの80%は、価格変動に対応するためにロックアップされます。

4.保有しているHavvenを預託することで、nominという別のトークンを得ることができます。(nominもペッグ通貨で、1ドルの価値を持ちます。)

5.nominは、売却することもできます。

6.nominの送金フィーは、Havvenホルダーに還元されます。

HavvenのAirdrop(エアドロップ)

HavvenではAirdrop(エアドロップ)を行っています。

HavvenのAirdrop(エアドロップ)は合計で20人に紹介することができます。

また、2月14日まで参加は可能とのことです。

AirDrop(エアドロップ)とは

Airdrop(エアドロップ)というのは、簡単に説明すると「無料で仮想通貨がもらえる」企画です。

仮想通貨の発行者側は「コインとしての認知度&保有者数の増加」が期待できたりするので、無料で配布しても問題ないということです。

詳しくは下記の記事を参照してください。

AirDrop(エアドロップ)で必要なもの

AirDrop(エアドロップ)の準備として、「テレグラム」と「MyEtherewallet」を作っておきましょう!!

・テレグラム

IOS→ダウンロード

Android→ダウンロード

・MyEtherewallet

HavvenのAirdrop(エアドロップ)参加方法

1.サイトにアクセス

登録はこちら

2.必要事項を記入

Airdrop(エアドロップ)  ペッグ通貨 Havven ICO

3.メールアドレスに確認メールが届くのでクリック

Airdrop(エアドロップ)  ペッグ通貨 Havven ICO

4.完了

Havvenの公式サイト

Havvenの公式サイトは下記のリンクになります。

公式サイト

Havvenのホワイトペーパー

Havvenのホワイトペーパーは下記のリンクになります。

ホワイトペーパー

まとめ

新たなペッグ通貨が出てきましたね。

ペッグ通貨は仮想通貨市場でも重要な役割を果たしているので、価値の高騰が期待できます。

HavvenのAirdrop(エアドロップ)は参加しておきましょう!!

SNSでは絶対話せないマル秘ノウハウ&稼げる案件をLINE@登録者限定で無料で公開!!

SNSで出回っている知識のほとんどが使えないノウハウだったり

前は稼げたけど今は稼げない物ばかりです。

自己アフィ←単発で終わるので継続的に稼げない。

出会い系アフィ←もう飽和状態で稼げない。

無料オファー←お小遣いにしかならないし、労働的なアフィリエイト。

情報商材←中身がなさ過ぎるものばかりだし、買う必要ないむしろ買って後悔するレベル。

SNS集客システム←ほとんどの人が集めれていないし、ほとんどスパムと一緒。

高額コンサル←中身が無いし、初心者が払う金額じゃない。

グループ勧誘系MLM←参加者がそもそも知識無いから信用性がないし、宗教じみてる。結局親玉の養分。

胡散臭い投資話←ぽしゃったら、とんずらするのがオチ。自分でやったほうが早い。

流行る流行る系ビジョンビジネス←流行るかどうかなど再現性が全くない。

そんな稼げるかどうか変な情報、欲しいですか??

やる気はあったのに

しかもお金払ってまで

ゴミ情報欲しいですか??

私はいりませんし、そんな情報を手に入れるぐらいなら旬な情報を

手に入れましょう!!

私のLINE@の方では、

既に4800名以上の登録者が居ます!!

そして、登録者だけに

•FXのEAをLINE@限定で無料で複数提供!!

•随時最新のクローズドな案件をLINE@限定でシェア!!

•バイナリーの自動売買のシステムをLINE@限定でシェア!!  etc..

これだけ無料で教えて貰えるってまずないですよ!!

だったら登録しておけば得ですよね普通に考えて。

全部あげちゃいますwww

もうてんこ盛り過ぎ。

ですが、人数限定です。

本気で変わろうとしている少数精鋭しか教えるつもりはございません。

ここから人生変えてしまいましょう!!

@GXA0299L

でPCの方は検索してください\(^o^)/

@を入れて検索してください。

スマホの方は下のボタンからどうぞ!!

 

今すぐ登録!!

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE