FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】スマートコントラクトを使った契約支払いのコストを削減する仮想通貨「Grain(グライン)」についてまとめてみた

Grain(グライン) ICO ICO

今回は、スマートコントラクトを使った契約支払いのコストを削減する仮想通貨「Grain(グライン)」についてまとめてみました。

Grain(グライン)とは

Grain(グライン)とは、スマートコントラクトを使った契約支払いの企業コスト削減を目的にした仮想通貨です。

ざっくり言ってしまえば、

企業の、労働契約書をブロックチェーンに切ろうしてスマートコントラクトを使い自動執行するということになります。

日本などでの働き方は、新卒で会社に入り、その入った会社で長く勤めるというスタンスでしたが、

現在は、転職なども普通になっていっており、時代が変わりつつあります。

企業側のスタンスで考えれば、昔に比べて優秀な人材を獲得するのにコストがどんどん高くなっています。

今までは、優秀な人材は、一度入ればその会社で長く勤めていましたが、転職してどんどんスキルアップしていくわけです。

つまり、優秀な人材は今の企業に魅力がなければ、どんどん外部に流れるわけです。

中には、優秀な人材は、自分で会社を興したり、フリーランスで働くケースも増えています。

それは今後世界全体でスタンダードになってくると思います。

こうした背景から、企業は優秀な人材をつなぎとめるために契約や獲得するための活動が不可欠です。

この活動にもコストが生じてしまいます。

例えば、契約の管理だったり、人事管理や、支払いなどがあります。

こうした、コストに対してソリューションするのが、Grain(グライン)になります。

Grain(グライン)を使うことで、労働契約をスマートコントラクトで実施することで、

企業の採用スピードや契約の管理などの負担を軽減してコスト削減に行うことができます。

そして、コスト軽減できるということは、より大きな金額で優秀な人材にオファーをかけることができるので、

Grain(グライン)は、これからの時代に合ったソリューションモデルと言えます。

Grain(グライン)の特徴

・ブロックチェーンに記録することで、第三者からの公証も可能であり不正できない

・企業の契約コストを軽減してより優秀な人材を採用できる

・BtoBでかなり需要のあるモデル

Grain(グライン)は企業向けだけどdock.ioは就活生や転職向け

Grain(グライン)はあくまでも、企業に向けたソリューションですが、

dock.ioというプロフィールなどをアプリで管理できるものもあるので、

こうしたソリューションであのめんどくさい履歴書の文化もなくなればいいなと個人的に思いますね。

【ICO】ユーザーの職歴情報等のアプリ間共有をトークンで促す仮想通貨「dock.io」についてまとめてみた
今回は、ユーザーの職歴情報等のアプリ間共有をトークンで促す仮想通貨「dock.io」についてまとめてみました。

Grain(グライン)のICO

通貨記号:GRAIN

投資期間:2018-03-01〜2018-03-29

最高目標:30,000,000 euro

プラットフォーム:Ethereum

タイプ:ERC20

供給率:30%

Grain(グライン)の公式サイト

Grain(グライン)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://grain.io/

Grain(グライン)のホワイトペーパー

Grain(グライン)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://grain.io/whitepaper

まとめ

Grain(グライン)のような、契約関係は、ブロックチェーンとかなりマッチしているので、

早く日本の市役所関連もブロックチェーンでスマートに行って欲しいです。

あまりにもアナログすぎますので。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE