〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜
FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】分散型ARゲームプラットフォームの仮想通貨「GeAR(ギア)」についてまとめてみた

GeAR(ギア) ICO 仮想通貨

今回は、分散型ARゲームプラットフォームの仮想通貨「GeAR(ギア)」についてまとめてみました。

GeAR(ギア)とは

GeAR(ギア) ICO

GeAR(ギア)とは、分散型ARゲームプラットフォームの仮想通貨です。

GeAR(ギア)のビジョンは、世界中の誰もが簡単にARゲームを作ることができるプラットフォームを作ることです。

ARとは

GeAR(ギア) AR 拡張現実

ARとは「Augmented Reality」の略で、一般的に「拡張現実」と訳されています。

ARは、実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示することで、目の前にある世界を“仮想的に拡張する”というものになります。

ARを使ったサービスの最近の例としてあげられるのは、スマホ用ゲーム「ポケモンGO」ですね。

昨年2016年に世界で一大ブームを巻き起こしたのは記憶に新しいが、そのヒットの要素として、「ARモード」が重要な役割を果たしたと考えられている。

ポケモンGOは、登場したポケモンがスマホ画面内で目の前の風景に重なって表示されることで、

あたかも「ポケモンたちが現実世界に現れたかのような実在感」が出てきます。

こうしたARゲーム開発のプラットフォームをGeAR(ギア)は作ろうとしています。

ARゲーム開発の5つの問題点

GeAR(ギア) ICO

ARゲーム開発の5つの問題点です。

・所属している組織や会社によって、制作可能なゲームジャンルが限られている

・制作にはプログラミング技術が必要で、良いアイディアがあっても、実現できるスキルが伴っていない場合、制作することができない

・デバッグ、テストプレー、不正行為への対策に膨大な資金がかかる

・特にオンラインゲームの場合は、ユーザー数の確保が必要で、マーケティング力が求められる

・国ごとにコンプライアンスが異なるため、その都度対応が必要になる

こうした5つの問題点をGeAR(ギア)のプラットフォームは解決しようとしています。

GeAR(ギア)の特徴

・分散型ARゲームプラットフォームの仮想通貨

・ARゲーム開発の問題点をプラットフォームで解決する

・9つの機能

GeAR(ギア)の9つの機能

・Lobi

Lobiとは、様々なスキルを持ったユーザーが交流し、ゲーム制作を行うための組織を作ることができる場所になります。

開発者のコミュニティという感じですね。

・GeAR-Engine

GeAR-Engineとは、パッケージみたいなものです。

要するに、基盤となる部分をこのパッケージを使えば、あとは肉付けしていけば、ゲームを作成できるようになります。

・Build Room

Build Roomとは、クリエイターはGeAR-Engineを利用して、ゲームを作ることができます。

Build Roomでは、ゲーム開発の利便性を向上させるためのSaaS、PassS、IaaSという様々な機能が提供される予定されています。

・GeAR-Master

GeAR-Masterとは、AIと専門のアドバイザーから構成されており、ゲーム開発段階から集客、マネタイズ段階まで、幅広いフェーズでのサポートを行います。

・Debug/Testplay

GeAR(ギア)では、制作された公開前のプロトタイプのゲームを無料でプレイすることができる「テストプレイルーム」を用意されています。

ユーザーは、ゲームの感想や意見をクリエイターに送ることができ、クリエイターは公開前にユーザーの声を聞くことができます。

テストプレイしてもらうことでデバッグなどの作業もすることなくその都度バグは改善していけば良い感じになりますね。

・Marketing

GeAR(ギア)では、

・各ユーザーの属性に合ったゲームが自動表示される拡張ターゲティング手法

・レコメンド機能

が採用される予定です。

つまり、GeAR(ギア)のプラットフォームは効果的にユーザーにゲームを宣伝することができるような仕組みも設けられています。

・GeAR-Store

GeAR-Storeとは、クリエイターはアプリ内の課金アイテムを簡単に実装することができます。

Appストアのようなイメージですね。

・Guardian

Guardianとは、AIと専属チームにより構成されるGuardianを設定することで、ゲーム内の不正行為の監視を行います。

これによりゲームの不正を監視することができます。

・GeAR-Creators Market

Creators Marketとはユーザーがコンテンツの売買を行うことができる場所のことです。

Creators Marketを利用することで、RMT(リアルマネートレード)や、

クリエイターが作成したゲーム以外の制作物の販売(アバターや映像など)を行うことができます。

GeAR(ギア)の上場先

GeAR(ギア)の上場先は、2018年10月に予定されていることが発表されています。

ですが、どこの取引所に上場するのかは未定となっています。

GeAR(ギア)の公式サイト

GeAR(ギア)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://gear-blockchain.io/jp/

GeAR(ギア)のホワイトペーパー

GeAR(ギア)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://gear-blockchain.io/assets/wp/GeAR_WhitePaper_v1.0.4_jp.pdf

GeAR(ギア)のAirdrop(エアドロップ)

2万人限定で登録するだけでタダで5USドル分のトークン(5GEAR)が誰でも確実にもらえます。

Airdrop(エアドロップ)については下記の記事を参照してください。

【無料】仮想通貨が無料でもらえる仕組み「Airdrop(エアドロップ)」とは何か?
どうも、今回は仮想通貨の中で最近よく聞くAirdrop(エアドロップ)とは?何かについて まとめていきたいと思います。

GeAR(ギア)のAirdrop(エアドロップ)の参加方法

1.サイトにアクセス

https://gear-blockchain.io/jp/

2.Airdrop(エアドロップ)をクリック

GeAR(ギア) Airdrop(エアドロップ) 参加方法

3.今すぐ登録して5GEARを受け取るをクリック

GeAR(ギア) Airdrop(エアドロップ) 参加方法

3.メールアドレスを記入

GeAR(ギア) Airdrop(エアドロップ) 参加方法

4.必要事項を記入

GeAR(ギア) Airdrop(エアドロップ) 参加方法

5.LINE@に登録

https://line.me/R/ti/p/%40une9827q

6.LINE@登録後に登録時のメールアドレスをフォームに記入

7.完了

まとめ

GeAR(ギア)のプラットフォームは結構実現できたら面白いと思います。

これからは会社に属さずに個々のスキルを互いに持ち合わせて一つの企画やサービスを立ち上げることができる時代になりそうですね。

GeAR(ギア)は、非常に面白いと思います。

タイトルとURLをコピーしました