FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】評判を数量化して収益化する分散型エコシステムの仮想通貨「DREP(ドレップ)」についてまとめてみた

DREP(ドレップ) ICO ICO

今回は、評判を数量化して収益化する分散型エコシステムの仮想通貨

「DREP(ドレップ)」についてまとめてみました。

DREP(ドレップ)とは

DREP(ドレップ) ICO

DREP(ドレップ)とは、評判を数量化して収益化する分散型エコシステムの仮想通貨です。

DREP(ドレップ)ではインターネットプラットフォームが評判を

・数量化

・マネタイズ

・シェア

ができるようにする企画のようです。

ユーザーが評価のアクションに対してインセンティブを与えて

プラットフォームの改善を行うようですね。

ジャンルとしては、電子商取引、ゲーム、コンテンツ、

ソーシャルネットワーキングプラットフォームなど、

さまざまなプラットフォーム間でユーザーの評判価値を定量化し、

収益化し、集計するテクノロジレイヤを開発しているようです。

DREP(ドレップ)の特徴

DREP(ドレップ)の特徴についてです。

Tokenomics

レピュテーションベースの柔軟性と汎用性を可能にするために、

tokenomics DRAppsのために

スケーラビリティ

大規模なWebベースのDRAppのニーズに対応する

既存のスケーラビリティの根本的な限界を克服する

証明/プライバシーを識別しない

公的元帳に私的な身元を持つユーザーの能力を提供することにより、

データプライバシーのセキュリティと暗号化機能を強化する

データ集約

データストレージとデータ集約の機能を必要とする評判プロトコルを導入するには

処理費

実質的に低コストで低価格取引を提供できるようにするため

DREP(ドレップ)のパートナーシップ

DREP(ドレップ) ICO

DREP(ドレップ)のパートナーシップにはQTUMやQuarkchainなどが存在します。

・QTUM

【仮想通貨】ビットコインとイーサリアムを融合した仮想通貨「Qtum(クアンタム)」についてまとめてみた
今回は、ビットコインとイーサリアムが奇跡の融合をした仮想通貨「Qtum(クアンタム)」についての 情報をまとめていきたいと思います。

・Quarkchain

【ICO】シャーディングを利用した大容量のP2Pトランザクションシステムの仮想通貨「Quarkchain(QKC)」についてまとめてみた
今回は、シャーディングを利用した大容量のP2Pトランザクションシステムの仮想通貨「Quarkchain(QKC)」についてまとめてみました。

DREP(ドレップ)のICO

名前:DREP(ドレップ)

シンボル: DREP

トークンのタイプ: ERC20

ICOトークン価格: 1 DREP = 0.0077 USD

資金調達目標: 19,800,000 USD

合計トークン: 10,000,000,000

トークンセール用: 30%

DREP(ドレップ)の公式サイト

DREP(ドレップ)の公式サイトは下記のリンクになります。

DREP(ドレップ)の公式サイト

DREP(ドレップ)のホワイトペーパー

DREP(ドレップ)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

DREP(ドレップ)のホワイトペーパー

まとめ

DREP(ドレップ)はなんと言ってもQuarkchainとパートナーシップを提携していることから

期待されています。今後どのように発展していくか注目ですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE