FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】余った小銭を仮想通貨に換える「CtC(Coin to Coin)」についてまとめてみた

CtC ICO ICO

今回は、余った小銭を仮想通貨に換える「CtC(Coin to Coin)」についてまとめてみました。

CtCとは

CtCとは「COIN TO COIN Communication to Communication」という略語です。

具体的には、海外旅行した際に、余ったお金をCtCのATMに換金して持つという仕組みになっているようでうs。

CtCは、これらのATMを世界中に設置をする事を目指しています。

ATMに入れる事でCtCに換金されて価値がどんどんあがっていくという仕組みです。

これなら仮想通貨を持っていない人でも簡単でかつ気軽にCtCを購入すると思います。

またCtCを持っている方には量に応じて、利益が配分される模様です。

CtCを簡単に説明すれば、

「 余った小銭を仮想通貨に換える」

といった感じですね。

CtCは、取引所への登録は Ardor の正式立上り後の 12 月を予定です。

CtCの特徴

・世界中の様々な通貨をCtC ATMに入れるとその価値分のビットコインをCtC Note(紙に印刷された金額分のビットコイン)を得られる。

・CtC NoteのQRコードをスマホで読み取り、スマホ内のウォレットに移し、ビットコイン対応店舗で使うことができる。

・逆に、CtC NoteをCtC ATMに入れることで現金を受取ることもできる。

CtCのマーケット

・2018年内 ビットコインインフラが普及する日本国内26万店舗のビットコイン決済導入店舗をターゲットにリリーススタート

・無店舗型展開を広げる(小銭を持っている人が全員対象なので、営業マンや普通の主婦でもビットコイン販売者になることができる)

・2018年〜 世界中への販売を開始する。

CtCはFOX NEWSで取り上げられている

CtC ICO

FOX NEWSという、アメリカの大きなニュース番組や新聞やラジオを手がけている企業がCtCがニュースで取り上げられています。

http://www.fox5vegas.com/story/35709748/a-new-crypto-currency-ctc-will-change-the-way-people-treat-about-money-and-loose-coins-in-pockets

CtCはADACoin(エイダコイン)でも購入が可能

CtCはADACoin(エイダコイン)でも購入が可能です。

ADACoin(エイダコイン)に関しては、下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が9月30日にBittrex(ビットレックス)で上場!!
今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が9月30日にBittrex(ビットレックス)で上場についてまとめていきます。

CtCのトークンセール

トークンセール:2017年10月7日 〜 11月6日

1トークン:10セント

トークン総発行数:94,228,152トークン

最低購入額は1口:1000ドル

購入方法:ビットコイン,銀行振込,ADA

CtCのトークン購入者は代理店になれる

CtCトークン購入者はCtC ATM,CtC Pocketの代理店になることができます。

トークン購入者以外で代理店になる方法はCtC ATM,CtC Pocketを購入することで代理店契約を結ぶことが出来ます。

また、代理店には継続して導入したCtC Pocket,CtC ATMの売上の0.5%を継続して得ることができる。

CtCの公式サイト

CtCの公式サイトは下記のリンクになります。

http://pages.blockchain-labo.jp/ctoc/

CtCのホワイトペーパー

CtCのホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://ico.ctc.sale/whitepaper

まとめ

正直そこまで普及することはなさそうなイメージです。

結構煽られて広めている人は多いような印象を受けます。

ごり押しマーケティングって感じが個人的な印象です。

とりあえず様子見ってところですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE