FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】IoTとスマートコントラクトのハイブリッドプラットフォームの仮想通貨「contractnet(CNET)」についてまとめてみた

contractnet(CNET) ICO ICO

今回は、IoTとスマートコントラクトのハイブリッドプラットフォームの仮想通貨「contractnet(CNET)」についてまとめてみました。

contractnet(CNET)とは

contractnet(CNET)とは、IoTに関連する、スマートコントラクトの実装を具体的なビジョンとして

完全なブロックチェーンを無償で公開提供する仮想通貨のICOの企画になります。

contractnet(CNET)のブロックチェーンの完全性と不変性はスマートコントラクトで説明されている

支払いと共有の条件によって保護されたデータの収益化を促進するCNETトークンによってデータの整合性と所有権の問題を解決します。

内容が難しいので、簡単に捉えると

contractnet(CNET)は、すべての開発者が自らの分散アプリケーション(DApps)を作成して

収益を上げるための完全オープンソースおよびIoT最適化開発プラットフォームを作成する。

基本的にIoT業界標準を完全に満たす認証プラグインをホストするハブを作成するというイメージだと思います。

dapps系やIoT系銘柄は個人的にかなり強めに太鼓判押しているので、このcontractnet(CNET)も期待しています。

IoTとは

IoTとは正式名称はInternet of Thingsです。

モノのインターネットとも呼ばれています。IoTは、産業機械からウェアラブル・デバイスまで私たちの日常を構成している

「モノ」が相互接続するネットワーク上で、「モノ」に搭載された内蔵センサーからデータを収集し、

そのデータにもとづき必要なアクションを実行する、という概念です。

例えば、ビルではセンサーを用いて冷暖房や照明を自動調整できるようになります。

また、生産設備は故障の兆候について保守担当者にアラートを発することが可能になります。

簡単に言うと、IoTとは、人間の生活をさらに効率化してくれる近未来のテクノロジーになります。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクト(smart contract)を直訳すると

賢い(=smart)契約(=contract)という意味になります。

スマートは「スマートフォン」のスマートと同じですが、「自動化」と考えるのが分かりやすいです。

つまりスマートコントラクトとは契約の自動化(自動実行される契約)といえます。

ここでいう「契約」とは、書面上で作成された契約のみをさすのではなく、「取引行動全般」を指します。

つまりあらゆる契約行動をプログラム化し、自動的に実行しようとするものがスマートコントラクトです。

contractnet(CNET)のVirtualChain

contractnet(CNET)のブロックチェーンは、ubiqとEthereumアーキテクチャに由来していますが、

各ブロックが6000回のトランザクションに対応できるように、90秒のブロック時間で素早く処理ができます。

急激なハッシュレート変動を検出した場合に、ネットワークの難易度を動的に調節する、

Flux Difficulty Algorithmによる攻撃に対してネットワークを保護し、

ハッシュレートが変動する場合のブロック生成時間をより一貫して確保します。

contractnet(CNET)はFsolidMのスマートコントラクトフレームワークを利用し、

より安全でよりプライベートなスマートコントラクトをもたらし、攻撃に対してより弾力性があります。

contractnet(CNET)のCNETトークン

CNETトークンはすべての参加者にデータ収益化に即座にアクセスできるようにします。

そのインセンティブモデルは、ネットワークを確保し、取引を検証し、データストレージ用の

アイドルディスク容量を提供するためにマイナーに報酬を与えます。

一方、IoTデバイスの所有者である消費者は、CNETの見返りに開発者や他のユーザーによるデータストリームの使用を許可することができます。

contractnet(CNET)の特徴

・広告自動化

・センサーと組み込みシステムを含むすべてのプレーヤーを識別する

・契約条項の明確化と自己実行

・商品の 売買を促進する

・可視性に検証を追加する

・トリガーアクション

contractnet(CNET)のICO

トークン名:CNET

価格:1 ETH = 1000 CNET

プラットフォーム:CNET

受け入れ:ETH、BTC

ソフトキャップ:250 BTC

ハードキャップ:1500 BTC

contractnet(CNET)の公式サイト

contractnet(CNET)の公式サイトは下記のリンクになります。

公式サイト

contractnet(CNET)のホワイトペーパー

contractnet(CNET)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

ホワイトペーパー

contractnet(CNET)の登録方法

1.公式サイトにアクセス

公式サイト

2.必要事項を記入

contractnet(CNET) ICO

3.完了

contractnet(CNET)のKYC設定方法

1.ログイン後に左のメニューにあるKYCをクリックします

contractnet(CNET) ICO

2.必要事項を記入と書類をアップロードします

contractnet(CNET) ICO

3.完了

contractnet(CNET)の購入方法

1.ログインして左のメニューのBUY CENTをクリックします

contractnet(CNET) ICO

2.購入したい数量を入力して最後にSUBMITクリックします

contractnet(CNET) ICO

3.完了

contractnet(CNET)の紹介制度

contractnet(CNET)には紹介制度(アフィリエイト)が存在します。

このcontractnet(CNET)のアフィリエイトは5ティアまで存在しています。

なので、ブロガーさんなどであれば、広めるのも良いと思います。

公式サイト

まとめ

contractnet(CNET)は買いました。

IoTやdapps系は有望なのはほとんど買っていますので、やはりこれも期待できますね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE