FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】分散アプリケーションのプラットフォームの仮想通貨「ArcBlock(アークブロック)」についてまとめてみた

ArcBlock(アークブロック) ICO ICO

今回は、分散アプリケーションのプラットフォームの仮想通貨「ArcBlock(アークブロック)」についてまとめてみました。

ArcBlock(アークブロック)とは

ArcBlock(アークブロック)とはブロックチェーンとクラウドコンピューティングを統合し、誰にでも使えるプラットフォームを作ろうとするプロジェクトです。

そしてこのArcBlock(アークブロック)はブロックチェーン3.0として注目されています。

期待の持てるICOだと個人的に思っています。

従来の仮想通貨のマイナーはただブロックをつなげて送金の手伝いをすることのみでしたが、

ArcBlock(アークブロック)の技術であれば、マイナーは今まで通り採掘をするだけで、

ArcBlock(アークブロック)上の

・サービス

・アプリケーション開発

・ArcBlock(アークブロック)の再利用可能なデータ部品

などに貢献してマイニング報酬を得ることが可能になります。

そして、EtherDeltaもArcBlock(アークブロック)の技術を認めているので、注目されています。

また、ArcBlock(アークブロック)はは実企業も存在しており、Arcblock,inc のもとでサービスやプロジェクトを開発していく模様です。

ArcBlock(アークブロック)の特徴

・話題の「ブロックチェーン3.0」

・イーサリアムとの接続も計画されてる

・コミュニティが活発(Twitter約9,000人、テレグラム:約30,000人)

ArcBlock(アークブロック)のブロックチェーン3.0とは

ArcBlock(アークブロック) ICO

ArcBlock(アークブロック)のブロックチェーン3.0について1〜3について説明します。

ビットコイン:Blockchain1.0

Blockchain1.0とは、通貨のことを指し示します。

カネをBlockchainに適用することで通貨として機能させる役割を果たしています。そして、カネの非中央集権化を目指します。

イーサリアム:Blockchain2.0

Blockchainをカネ以外の金融分野へ利用していくことです。たとえば、株式・ローン・クラウドファンディングなどがあげられます。

Blockchain2.0とは、つまり市場の非中央集権化と言えます。

Arcblock:Blockchain3.0

Blockchainを金融以外の分野へ応用していくことです。行政や、健康、科学、カルチャーなどがわかりやすい例ではないでしょうか。

特に3.0については今後もたくさんのサービスに利用されていくことが予測されています。

クラウドコンピューティングとは

クラウド コンピューティングとはコンピューティング サービス (サーバー、ストレージ、データベース、ネットワーク、ソフトウェア、分析など) を

インターネット (“クラウド”) 経由で配信することです。

アップルのiCloudなどもクラウドコンピューティングですね。

Dropboxなどもクラウドコンピューティングです。

そういった技術とブロックチェーンを組み合わせるものがArcBlock(アークブロック)になります。

ArcBlock(アークブロック)のICO

KYC期限:1月28日まで

トークンセール日:2月4日am10:00(日本時間)

投資額:0.1ETH〜50ETH

留意事項:トークン配布まで4週間

ArcBlock(アークブロック)の公式サイト

ArcBlock(アークブロック)の公式サイトは下記のリンクになります。

公式サイト

ArcBlock(アークブロック)のホワイトペーパー

ArcBlock(アークブロック)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

ホワイトペーパー

まとめ

ArcBlock(アークブロック)は期待できるICOなので、投資しようと思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE