FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】NEO(ネオ)ベースの米ドルのステーブル仮想通貨「Alchemint(SDT)」についてまとめてみた

Alchemint(SDT) ICO ICO

今回は、NEO(ネオ)ベースの米ドルのステーブル仮想通貨「Alchemint(SDT)」についてまとめてみました。

Alchemint(SDT)とは

Alchemint(SDT) ICO

Alchemint(SDT)とは、NEO(ネオ)ベースの米ドルのステーブル仮想通貨になります。

ステーブルというのは、法定通貨と等価値のトークンになります。

代表的なのはUSDTやTUSD、DAIなどになります。

なぜステーブルコインの需要が高まっているのかと言うと、BTC、ETH、NEOなどの広く使用されている仮想通貨は、

ボラティリティが高いために支払いや決済としては現状機能していません。

この問題を解決するためにAlchemint(SDT)は、NEO(ネオ)ベースで担保された安定したトークンを発行して、

価値の安定を確保しようと考えています。

Alchemint(SDT)では、NEO(ネオ)プラットフォーム上に構築された安定した管理システムを提供します。

Alchemint(SDT)は、分散された透明なシステムの担保付きデジタル資産を通じて、多数の平等な仮想通貨を提供することを目指しています。

また、Alchemint(SDT)のトークンはNEO(ネオ)のみで担保される予定ですが、

・金

・不動産

・その他のデジタル通貨やトークン化された現実世界の資産

を含むより多くの資産が担保として含まれる予定です。

また、SDTはUSDに対して1:1の比率を持つことが予想されます。

NEO(ネオ)とは

NEO(ネオ)については、下記の記事を参照してください。

Alchemint(SDT)の特徴

・NEO(ネオ)ベース

・米ドルのステーブル仮想通貨

・USDに対して1:1の比率を持つ

・金、不動産、その他のデジタル通貨やトークン化された現実世界の資産を含むより多くの資産が担保として含まれる予定

Alchemint(SDT)の機能

Stablecoin SDUSD

sdusdは、Alchemint(SDT)のプラットフォーム上でneoやその他のデジタル資産の抵当権を使って発行された仮想通貨です。

価格は米ドルで比較的安定している。価格はSmart Assets Reserve(SAR)、

Alchemint(SDT)を通じて内外からのコミッションレバーとモチベーターによってサポートされ、安定しています。

スマート資産準備

SARはAlchemint(SDT)の最も重要な技術要素です。

NeoContractに基づくスマートコントラクトです。

SARのサポートにより、Alchemint(SDT)はすべての抵当貸付を受けたデジタル資産のセキュリティ、透明性、監査を保証することができます。

住宅ローンの市場価値が変動した場合、効率的な管理業務を行うことができます。

目標価格安定化メカニズム

stablecoin sdusdは、通貨価値の巨額の変動を避けるデジタル通貨などのデジタル資産の利点を継承します。

それは安定化メカニズムの適用に起因する。

この仕組みの下で、sdusdの合法的入札額は、最初は1:1に設定されています。

その後、徐々に柔らかいアンカーリングになります。

sdusdとUSDに偏差があると、フィードバックメカニズムが起動します。

このメカニズムは、目標価格の変動率を調整し、裁定取引の機会を捉えるために市場を誘引することによって、

sdusdと法定入札(USD)の間のレートを安定させることを目指しています。

単一資産モーゲージ・メカニズム

過渡期中、Alchemint(SDT)は適格住宅ローン資産としてのみNEOを受け入れます。

より多くのデジタル資産のカテゴリが許容可能な担保として追加されます。

複数の資産モーゲージ

Alchemint(SDT)の担保は、将来、複数のデジタル資産に拡張されます。

これらには、他のデジタル通貨(btc、ethなど)、デジタル化された「現実世界」の資産が含まれます。

時にはそれらの2つ以上の組み合わせです。

錬金術士

外部の参加者は、個人と自動化されたプログラムで構成されています。

錬金術師は、清算が必要なSARを見つける機会を見つけ、その賞賛のためにsdusdを返済するように強制的に清算する罰則を課しています。

Oracle

SARは、強制的な清算のトリガーの必要性を評価するためにリアルタイム市場価格を必要とします。

Alchemint(SDT)は、インセンティブメカニズムの調整を決定するためにsdusdのリアルタイム市場価格も必要とする。

これらすべての価格は、ブロックチェーンによって積極的に感知されない外部市場価格です。

Alchemint(SDT)のリスクヘッジ

Alchemint(SDT)には、安定株保有者の資産保全と安定コインの持続可能な供給を確保するための様々なリスク管理策があるが、

世界の金融市場やブラックスワンの影響は常に不確実であるAlchemintシステムの場合、

Black Swan事件は主に2つの側面から生じていると考えられます.1つは担保価値の突然の逆戻りであり、

Alchemint(SDT)が対処しにくいリスクコントロール手段の実行に失敗することにつながります。

もう1つはシステムプラットフォームに対する技術攻撃です。

・市場の非合理性が担保の急激な切り下げにつながるリスク対応

Alchemintは一連のリスク管理管理を設定し、錬金術士はインセンティブメカニズムのもとでシステムを保護しようとしている

・市場の予測メカニズム

安定市場の価値に対する信頼を維持するために、極端な事象が発生する前に市場を監視し、

リスクを予測する方法は、極端な事象に対応する十分なリスク管理措置を完了することを除いて重要な手段です。

・技術的な失敗または攻撃の下で

Alchemintは潜在的な欠陥およびバグが存在する可能性のあるスマートコントラクトの基礎上確立される。

システムの初期段階で、最大の技術的リスクは、コードの欠陥をターゲットにしたバグや悪質な技術者の攻撃による誤動作です。

Alchemint(SDT)のICO

投資期間:6月10日〜6月17日

名前:Alchemint

シンボル:SDT

トークンの種類: NEP-5

ICOトークン価格: 1 SDT = 0.0800 USD

資金調達目標: 30,000,000 USD

総トークン数: 1,000,000,000

トークンセールのために利用可能: 25%

Alchemint(SDT)の公式サイト

Alchemint(SDT)の公式サイトは下記のリンクになります。

http://alchemint.io/

Alchemint(SDT)のホワイトペーパー

Alchemint(SDT)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

http://alchemint.io/pdf/Alchemint_WhitePaper_EN_v0.9.2.pdf

NEO(ネオ)ベースの他のオススメ銘柄

【ICO】NEO(ネオ)ベースのメッセージプラットフォームの仮想通貨「Phantasma Protocol(SOUL)」についてまとめてみた

【ICO】分散型取引所と決済サービスの作成プラットフォームの仮想通貨「Neonexchange(ネオンエクスチェンジ)」についてまとめてみた

【ICO】NEO(ネオ)ベースの分散型オペレーティングシステム仮想通貨「nOS」についてまとめてみた

【ICO】NEO(ネオ)ベースの自立型eSportsプラットフォームの仮想通貨「Asura coin(ASA)」についてまとめてみた
今回は、NEO(ネオ)ベースの自立型eSportsプラットフォームの仮想通貨「Asura coin(ASA)」についてまとめてみました。

まとめ

Alchemint(SDT)のようなステーブルコインは需要ありそうですね。

Alchemint(SDT)についてはもう少し研究する必要がありそうです!!

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE