【ICO】ブロックチェーンエンジニアを育てる学校の仮想通貨「ACADEMY(アカデミー)」についてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ACADEMY(アカデミー) ICO

今回は、ブロックチェーンエンジニアを育てる学校の仮想通貨「ACADEMY(アカデミー)」についてまとめてみました。

ACADEMY(アカデミー)とは

ACADEMY(アカデミー) ICO

ACADEMY(アカデミー)とは、ブロックチェーンのエンジニアを育てる学校で

オンライン、オフラインどちらでも学べるコースを提供する予定です。

現在は、ブロックチェーンのエンジニアはかなり不足しており、企業がエンジニアを求めるニーズに答えようとするプロジェクトです。

ACADEMY(アカデミー)はアメリカの南部大学学校協会(SACS)の認定を受けており、

SCORM(Sharable Content Object Reference Model)準拠されているので、

既存の大学や専門学校にカリキュラムを提供することが可能である世界初のブロックチェーン教育機関です。

ACADEMY(アカデミー)の事業を簡単に説明すると、ブロックチェーンエンジニアを育てる学校で、

既存の教育機関と提携や独立した学校を設立とオンラインスクールも開講し、卒業後の就職斡旋まで行います。

すでに、ACADEMY(アカデミー)ではテストモデルとして1600人の生徒が受講しており、

7500件の求人が寄せられているとのことです。

ACADEMY(アカデミー) ICO

このテストモデルはすでにブルガリアで開講された実地コースも含まれており受講した生徒のブログも公開されています。

ACADEMY(アカデミー)の特徴

・ブロックチェーンのエンジニアを育てる学校

・アメリカの南部大学学校協会(SACS)の認定を受けており、SCORM(Sharable Content Object Reference Model)準拠している

・ブロックチェーンのエンジニアはかなり不足しており、企業がエンジニアを求めるニーズが大きい

・テストモデルとして1600人の生徒が受講しており、7500件の求人が寄せられている

・Ethereum Foundation、EOS、Omni、Tetherなどとパートナシップを結んでいる

ACADEMY(アカデミー)のACADトークン

ACADEMY(アカデミー)はイーサリアムベースのACADトークンを発行してICOを行っています。

ACADトークンは、生徒による授業料の支払いや、外部からのコンテンツ利用料に使用され、企業が優秀な卒業生を優先的に雇いたい場合は、

ACADトークンで優先権の費用を支払う必要がある他、

卒業生の初年度の給料から約30%が企業にACADでACADEMY(アカデミー)に支払われます。

ちなみにブロックチェーンエンジニアの初年度の平均年間給与は$163,000です。

1ドル100円でも16,300,000円です。

そして生徒は優秀な成績を取るとACADの報酬がもらえてゲーム感覚で勉強ができます。

そして、ACADトークンは70%がバーンされます。

例えば、授業料がトークンで支払われた場合、70%バーンされ残りの30%のうち15%が奨学金制度に寄付され

15%はACADEMY(アカデミー)にコンテンツを提供してくれるエンジニアや企業などの団体に割り振られます。

つまり、ACADEMY(アカデミー)のトークンはポイントのような性質を持っており、一度使うと70%がバーンされる。

つまり、トークンの流通量が減るわけです。

では、ACADEMY(アカデミー)の収益はどうするかというと、授業料やコンテンツはドルでも支払いが可能なので、

ドル支払いの分が1つの収益に繋がることと、ACADEMY(アカデミー)内でプールされているトークンが

流通しているトークンがバーンされていくごとに必然的に価値が上がるので、

ACADEMY(アカデミー)の資本は増えていく構造になっています。

もちろん学生や企業がトークンを買う際には、マーケットかACADEMY(アカデミー)経由で買う必要があるので、

ACADEMY(アカデミー)から買う場合はドルで受け取ることになる。

それもACADEMY(アカデミー)の収益に繋がるので、実質的にACADEMY(アカデミー)が授業料を100%ドルで受け取れる。

そして、ACADEMY(アカデミー)は現在、UAE、ドイツ、フィリピン、日本、サウジアラビア王国、シンガポール、

オーストラリア、ブラジル、米国などの政府、大学、国際機関、地域パートナーと積極的に関わっているとのことです。

ACADEMY(アカデミー)はEthereum Foundation、EOS、Omni、Tetherなどとパートナシップを結んでいる

ACADEMY(アカデミー) Ethereum Foundation EOS Omni Tether パートナシップ

ACADEMY(アカデミー)はEthereum Foundation、EOS、Omni、Tetherともパートナーシップを結んでいることも

大きなポイントですね。

ACADEMY(アカデミー)のICO

名前:ACADEMY(アカデミー)

トークン記号:ACAD

トークン供給数:570,000,000

プラットフォーム:Ethereum

タイプ:ERC20

ACADEMY(アカデミー)の公式サイト

ACADEMY(アカデミー)の公式サイトは下記のリンクになります。

公式サイト

ACADEMY(アカデミー)のホワイトペーパー

ACADEMY(アカデミー)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

ホワイトペーパー

ACADEMY(アカデミー)の登録方法

1.公式サイトにアクセス

公式サイト

2.sign upをクリック

ACADEMY(アカデミー) 登録方法

3.必要事項を記入

ACADEMY(アカデミー) 登録方法

4.確認メールが届くのでクリック

ACADEMY(アカデミー) 登録方法

5.完了

ACADEMY(アカデミー)のKYC

ACADEMY(アカデミー) KYC

KYCの設定は、メニューバーの中にあるKYCから必要事項を記入して

本人確認書類をアップロードすれば完了です。

ACADEMY(アカデミー)の購入方法

1.Profileからイーサリアムアドレスを入力に保存する

ACADEMY(アカデミー) 購入方法

2.購入枚数と購入通貨を確認する

ACADEMY(アカデミー) 購入方法

3.送金する銘柄を選択してアドレスに送金

ACADEMY(アカデミー) 購入方法

4.購入する

ACADEMY(アカデミー) 購入方法

5.反映されれば完了

まとめ

仮想通貨市場がどんどんニーズが増えれば増えるほど、こうしたACADEMY(アカデミー)の教育機関は力を発揮すると思います。

また、優秀なエンジニアはどんどん世界では単価が高くなっているので、給料や待遇もかなり良いと思います。

SNSでは絶対話せないマル秘ノウハウ&稼げる案件をLINE@登録者限定で無料で公開!!

SNSで出回っている知識のほとんどが使えないノウハウだったり

前は稼げたけど今は稼げない物ばかりです。

自己アフィ←単発で終わるので継続的に稼げない。

出会い系アフィ←もう飽和状態で稼げない。

無料オファー←お小遣いにしかならないし、労働的なアフィリエイト。

情報商材←中身がなさ過ぎるものばかりだし、買う必要ないむしろ買って後悔するレベル。

SNS集客システム←ほとんどの人が集めれていないし、ほとんどスパムと一緒。

高額コンサル←中身が無いし、初心者が払う金額じゃない。

グループ勧誘系MLM←参加者がそもそも知識無いから信用性がないし、宗教じみてる。結局親玉の養分。

胡散臭い投資話←ぽしゃったら、とんずらするのがオチ。自分でやったほうが早い。

流行る流行る系ビジョンビジネス←流行るかどうかなど再現性が全くない。

Youtuberが広めるICO←ピンハネされて詐欺師の養分に。

そんな稼げるかどうか変な情報、欲しいですか??

やる気はあったのに

しかもお金払ってまで

ゴミ情報欲しいですか??

私はいりませんし、そんな情報を手に入れるぐらいなら旬な情報を

手に入れましょう!!

私のLINE@の方では、

既に5400名以上の登録者が居ます!!

そして、登録者だけに

•FXのEAをLINE@限定で無料で複数提供!!

•随時最新のクローズドな案件をLINE@限定でシェア!!

•バイナリーの自動売買のシステムをLINE@限定でシェア!!  etc..

これだけ無料で教えて貰えるってまずないですよ!!

だったら登録しておけば得ですよね普通に考えて。

全部あげちゃいますwww

もうてんこ盛り過ぎ。

ですが、人数限定です。

本気で変わろうとしている少数精鋭しか教えるつもりはございません。

ここから人生変えてしまいましょう!!

@GXA0299L

でPCの方は検索してください\(^o^)/

@を入れて検索してください。

スマホの方は下のボタンからどうぞ!!

 

今すぐ登録!!

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE